« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

甲種危険物への道:受験1

受験する類が決まったわけですが、たいてい、乙4類の免許を持っていると、1日に複数種類の受験が可能になることが多いようです。ですが、かえるは何も持っていません。

要項を取り寄せて(消防本部でもらってきて)確認すると、どうやら何も持っていない場合でも午前午後と違う類の場合は1日に2つ受けることができる様子。というわけで、最初は1類と4類で受けることにしました。

前の記事でも書いたとおり、かえるは文系とも理系とも言えない折衷てきな分野の出身なので、物理化学が一番不安でしたが、勉強してみると法規のほうが大変!

物理化学の対策としては、高校レベルのものがわかればいいので、問題集だけで行けそうです。ですが、物性が絡むとつらいところがありそうなので、物性に便利な周期表を自分で丸写しして作成し、PCのデスクトップに壁紙として貼っておきました。これで何となく眼に入るので、何となくでも頭に入るはず。

DSの危険物のソフトもやってみました。2周しかやりませんでしたけど、暗記するにはいいかもしれません。模擬問題を8~9回繰り返してやります。繰り返してやって、間違ったところを重点的にやるのがいいのかな~。最初は結構間違いがあり、ボーダーラインを割り込むような正答率しか出せないことがありましたが、最終的には全体で1問ミスぐらいの感じで正答が導けるようになりました。

試験当日は、早くできたため途中退出が許可される時間にさっさと退出してきました。4類、1類ともにさっさと退出してしまいましたが、出てから間違えたところに気がつき、かなり泣きそうになっていました。

試験問題は持ち帰ることができません。そのため自己採点はかなり難しいものがありますが、手応えとしては、ちょっと合格できるかどうか怪しい感じで、合格してもぎりぎりかもしれないなと。

受け終わったら、あとは試験の結果発表まで待つのみ。結果は全員に送付されますが、試験機関の消防試験研究センターのホームページにも掲示があります。

次の結果が出るまでのんびりすごそう・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月24日 (日)

台風の後

6月としては数年ぶりの上陸となった19日の台風。

かえる地方もかなりの雨風でした。回収できる小さい植木鉢は取り込んだのですが、さすがに大きなトマトなどは無理です。

今のところ、枯れてしまったものは無かったものの、トマトがかなりの被害を受けました。風に振り回されたのか、葉がかなり傷み、先端が折れてしまっています。花もいくつか落ちてしまい、切り返さざるを得なくなりました。

それにしても不思議なのが、カサブランカ。

百合なので、かなり背丈があるわけですが(今のところ、だいたい150cmほど)、鉢が大きくてそのままにしておいたのです。ですが、支柱も何もしていないのに、翌日には何事も無かったかのような姿をしていました。なぜ君だけ?!

背丈の割にはずいぶんとがんばったようですが、いったい、あの雨風の中、どういう状態でやり過ごしていたのか、気になります(^_^;)。被害が無かったのがユリだけですから・・・・・。ミントなども、かなり風に振り回されてフラフラになっていたんですもん。

そして、結実した実が成長中のブルーベリーは、ティフブルーの実が全部落ちてしまいました。プレミアの方はかなり残ったのですが、残念です。ティフブルーも食べたかったな~。

台風の後、これから回復してくるかどうか。花が終わったラベンダーを切り戻しながら、少々心配なかえるです。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月23日 (土)

甲種危険物への道:受験資格

はい。なぜか甲種危険物をとろうと思い立ったかえる。数年前の毒劇物に続き、2つめの国家資格です。

資格についての説明は省きますが、甲種となると、受験資格が必要なんですよ。それが要点だけ書くと、次のようになります。

1)特定の学科を終了していること
2)化学の単位を通算15単位以上取得していること
3)乙4類をとってから2年以上の実務経験を持っていること
4)乙種のうち指定の4種類の免許を取得していること

この4つがあるわけです。ちなみに、乙および丙種には受験資格はありません。誰でもうけられます。

ちなみに、かえるは文系と理系の折衷のような学科の出身なので、1)は当てはまらず、3)は乙4すらとっていないのでむりです。そうすると、2)ですが、試験センターに確認したところ、1単位で満たしておらず、最初から甲種を受けることはできなくなりました。

というわけで、4)の乙を4種類というところから始めます。これを詳しく見ると

・1類(酸化性液体)と6類(酸化性固体)のいずれか
・2類(可燃性固体)と4類(引火性液体)のいずれか
・3類(自然発火性および禁水性物質)
・5類(自己反応性物質)

の4種になります。で、危険物といえば乙4で知られる乙4類は外せません。なので、4、3、5類は決定。あとの1か5はまあ適当に1にします。特に根拠はありませんけど、すきな方を選べばいいと思います。

結局、かえるは1、3、4、5の4つでチャレンジすることにしました。部署で、4類に指定されているエチルアルコールを扱うこともありますし~。まれにですけど。

*受験資格を満たしているかどうかは、試験機関である消防試験研究センターの各支部に問い合わせることによってわかります。かえるは、電話で問い合わせた結果、「書類を送れば個別に精査します。」ということなので、送って見てもらった結果が先述の通りだったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月17日 (日)

一番花

トマトが大きくなったな~などと思っている間に、ジャスミンが開花しました。1番花です。

Jusmin20121雨が降って、気温がぐっと下がってしまっていましたが、昨日の夜、今年の1番花が開花しました。

かえる地方、気温がふらふらと上下していて、せっかくついた花芽がダメになってしまわないかハラハラしていたのですが、何とか開花してくれました。

まだ数が少ないのか、香りはあまり感じられません。それとも、雨が降ったからかな?

ジャスミンの花は、あまり寿命が長くありません。落ちるときも、花びらが付け根でくっついているので、ぽてっと全体が落ちます。それでも、しばらくいい香りがするんですよ。

去年のジャスミンの開花がいつ頃だったのか、記録をひっくり返さないとわかりませんが、今年も無事に咲いてくれました。

Jusmin20122

さいたのは、1輪だけですが、まだ、写真のような蕾がいくつか準備されています。気温が上がってくるとどんどん蕾がつくのでしょうけれど、今はまだ4つぐらい。

今年も、夏の玄関先にさわやかな香りが漂います。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大きくなりました。

先週はかえるの用事で更新できませんでした。最後の更新から2週間。ミニトマトたちは、更新できない間にもどんどん育っています。

Tomato20125

1段目の花房です。2週間の間にずいぶん大きくなっています。先の方の花芽も開花して、そろそろこの花房は開花完了です。

なんだか、たわわに実ってるという感じです~(>_<)b

最初に咲いた花の実はずいぶんと大きくなり、5日ぐらい前から、実の大きさがあまり変わらなくなりました。かつて萼であった部分がくるっと反り返って、へたのようになっています。

Tomato20126

そして、最初に咲いた花の実がこれ。

周りの実もずいぶんと大きくなって、写真が撮りにくくなってきました。サイズはウズラの卵よりも一回りくらい大きいです。緑一色だったのが、何となく色が変わってきているような気がします。これから、赤く色づくのでしょうか?

現在のところ、草丈はおそらく2mぐらい。とうとう、オベリスクのてっぺんまで届きました。花房は4段まで開花中で、先にはもう一つ、花房がついています。どこまで伸ばすのかはわかりませんが(母のなので。)、今月下旬にはまた追肥が待っています。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 3日 (日)

小さくても。

かえる地域、ちょっと天気が悪いです。今にも雨が降ってきそう(>_<)。

というわけで、昨日とった写真で、ミニトマトの様子をご紹介。

Tomato20123


最初に開花させた花房が、そろそろ全て咲ききります。はじめは小さかった花房が、かなり大きくなりました。今は、次の花房も開花が始まっています。昨日は、トマトに追肥もしました。これで房なりトマトが採れるかしら。

Tomato20124花が咲いたときに、花房の付け根をこんこんと軽くたたいて揺らしていた(振動受粉)花房、どうやらちゃんと受粉が完了してた様です。

小さな実を発見しました。

おそらく、花房の中の位置から、一番最初に開花したものと思われます。

植えていたのは、縦に長いプラム型のミニトマト・アイコです。スーパーでは、フルーツトマトとかそういった形で売られていることもあるようです。

あまりミニトマトは好きでは無かったのですが、これは、トマトとは別の食べ物だと思った方がいいくらいですね。おいしいです。

これ、最初は丸いのかと思ったら、小さいときから、縦に長いプラム型をしているんですね。

実の先に、ちょこっと花の名残がついています。このような状態のものが、あと4つぐらい確認できました。この夏は、自家製のミニトマトがサラダに入ってくるでしょうか。

ちょっと楽しみ。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 2日 (土)

たまにはオシャレに?

ゴールデンウィークに植え付けたミントがかなり旺盛に茂ってきました。

Minth20121植え付けた鉢は、30×30cmぐらいの四角い鉢で、かなり大きいのですが、もう、もっさもさに・・・・・。

ミントの生育の早さは、かつて植えたことがあるので知っていましたが、やはり久しぶりだと驚くほど旺盛です。

ここまで特に肥料はあげていません。水やりぐらいでしょうかね。若干虫食いがありますが、まあ、問題ないでしょう。

ちなみに、品種は、写真の左側がペパーミント、右側がスペアミントです。1鉢ずつに植えればよかったかな等と若干後悔(^_^;)。

ここで、ちょっと混み合ってきたこともあり、少し収穫してお茶にすることにしました。

Minthtea1じゃん。

左がペパーミント、右がスペアミントです。

茂ったところを少しもらってきました。

品種が違うだけあり、風味も異なります。いわゆるミントという感じの清涼感が強いのはペパーミント。それよりも少し甘みがあって、清涼感が弱めなのがスペアミントです。

ミント独特のぴりっとした清涼感があまり得意でない人は、スペアミントを試してみるといいかもしれません。

今回は、この2種類と、ドライのジャスミンをブレンドします。だいたいジャスミン1に対してミント(スペア+ペッパー)が1/3ぐらいでしょうか。わたしはこのくらいがすきですね。

ミントをきれいに洗って水気を切って、ハーブティーの時に愛用しているガラスのポットに入れます(^_^)。そのときに、ミントのてっぺんの葉は残しておきました~。

Minthtea2
うー、あんまりきれいに撮れてない・・・・・。

砂時計(3分計)を眺めながらのんびり待ちまして・・・・・だいたい5分ぐらい。3分でも問題ないのですが、わたしは少し濃いめに出した5分ぐらいが好みです。

なかなか写真にうまく写らないのですが、黄色くお茶が出ていていい具合になったところです。

ガラスのポットだと、これが見えるのがいいですねえ。

そして、茶こしを経由してカップへ・・・・・。

Minthtea3


カップに入れて、さっきとっておいたてっぺんの葉っぱを浮かべて(*^_^*)。

お砂糖やミルクはなしでそのまま。ちょっとオシャレなかんじに・・・・・なったでしょうか。オシャレなお茶菓子はありませんが、庭の恵みでおいしくいただきました。

ミントは、梅雨に向かって少し枝葉をすかした方がいい時期が来ます。生育旺盛なので、とてもフレッシュだけでは消費しきれません。そのときはドライにしてお茶にしようと思います。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »