« 冬の大事な作業:バラの植え替え | トップページ | 花いろいろ。 »

2012年4月 8日 (日)

クリスマスローズ、植えてみました。

どうも、久しぶりといいますか、数ヶ月ぶりの更新です。忙しくてなかなか更新できませんでした。

今まで、根っこをいじられるのが嫌いで難しそうだし、苗は高いしで、手を出さなかったクリスマスローズ。この冬、1鉢買ってみました。

でも、以外とクリスマスローズって、花の色が変化するんですね。他の花に比べれば長持ちだとは思いますけど。キンポウゲ科の植物であるクリスマスローズは、花びらに見えるものが、実は萼なので、長持ちするというのは頷けます。

購入したのは、クリスマスローズの原種ニゲル(ノイガー、ニガーとも。)の系統で、ジョーセレクトという品種。真っ白なお花が咲きます。

Christmasrose1
このように、真っ白な花をやや下向きに咲かせてくれます。

この来たばかりの株はあまり大きくなく、4号相当のしゃれた陶器の鉢に植わっています。

純白や薄い中間色というのはかなりすきなのですが、この白いクリスマスローズが、真っ白の姿でいるのは、ほんの2週間程度。

たいてい、だんだんと色がついてきて、このジョーセレクトの場合はかなり濃くてくすんだリンゴ色といいますか、桃色に変化します。

Christmasrose2


変化しきってしまうと、この写真のようになります。

きれい・・・・・・といえばきれいかもしれませんが、くすんだ色をしています。この頃になると、花の中央の子房が膨らみ始め、種ができるようになります。

このまま置いておいても株が消耗するだけなので、古い花柄としてカットしてしまいます。

お招きしたばかりのこの株は、2輪で終わってしまいましたが、うまく梅雨を越せるかどうか、越すことができれば来年はもっとたくさん花が咲くかな?

花が終わった後は、新しい葉が株元から伸び始め、わっさわさに茂ってきています。

Christmasrose3


上が3月の姿。寒さで痛んだのか、黒く変色してしまっている古い葉が残っています。この後、これは取り除かれましたが、よく見ると、古い葉の間から若い葉がのぞいています。

Christmasrose4


そしてこれが今の姿。3枚か4枚、大きな葉が展開しています。それが古葉に比べてずいぶんと大きいです。

梅雨時は、オリーブの鉢の影にでも移動させようと思っています。

華やかさはありませんが、清楚な花もすてきです。

ブログランキング

|
|

« 冬の大事な作業:バラの植え替え | トップページ | 花いろいろ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/54420392

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスローズ、植えてみました。:

« 冬の大事な作業:バラの植え替え | トップページ | 花いろいろ。 »