« 謹賀新年 | トップページ | 足下の恐怖 »

2012年1月21日 (土)

挨拶しない・返さない

さて。久しぶりの更新です。意見が合わない方もいるかと思いますから、まあ、こういう人もいるんだなと寛容な気持ちで読んでいただければと思います。

挨拶というのは、いわゆる、「おはよう」「こんにちは」に代表される社会生活を営むにあたり人と人との間に交わされる、ある意味、儀礼的な言葉です。辞書によっては、相手に敵意がないことを示すともあります。まったくもってそのとおりだと思います。

職場や学校で挨拶を交わしたときに、無意識のうちにでも、相手の機嫌や調子をそこから読み取っていることも事実で、不機嫌な挨拶が返ってきたり、挨拶が返ってこなかったりすると、あまりいい気分ではありません。

実際、自分の職場に挨拶をしない人がいます。管理職ではないにしろ、現場を統括しているそれなりの立場のある人ですが、こちらから挨拶をしても返してもらえません。ゆえに、自分の中では「挨拶のできない人」という評価が固まっています。朝からその調子なので、毎日出鼻をくじかれています。しかしながら、自分まで同じレベルになり下がることはないと思うので、毎朝返ってこない人に挨拶をし続ける「びみょーな人」になっています。

ある意味、社会常識となっているものですが、いくら立場がある人間でも困ったものです。こちらから挨拶しても返ってこないので、いわゆる「挨拶は先に来た人間からするものだ」という感覚ではないようです。

挨拶が返ってこようとこまいと、挨拶し続けていますが、返してくれない人に挨拶し続けるのも馬鹿らしくなります。そこで、ちらっと、しない人の「しない理由」を考えてみました。まあ、あくまで想像ですので、実際はどうなのか知りません。

1. 挨拶が聞こえない

2. 誰であろうと挨拶を返す気はない

3.機嫌や体調が悪い

4.挨拶をしてきた相手には挨拶を返す価値もないと思っている

5.挨拶してきた相手は挨拶を返したくないくらい嫌いだ

さて、どうでしょう。

1と3は我慢するとして、2は非常識。4と5は、「モラルハラスメント」か「子供のいじめか?!」という低レベルさ。大人にもなって、なんてことでしょう!中身はまだ子供ということなのでしょうか。

挨拶をしない人の挨拶をしない理由など、先にも書いたように想像でしかありません。基本的に挨拶すらできない人にはお近づきになりたくないので、そのようなことに想像を巡らすのも嫌ですけど・・・・・。

挨拶には、人間関係や集団同士の関係を円滑化する効果があると思っています。それがたとえ、社交辞令であっても。挨拶ぐらいはしっかりしたいものですね。

読んでくださった皆様は、どう思われたでしょうか。

ブログランキング

|
|

« 謹賀新年 | トップページ | 足下の恐怖 »

コメント

通りすがりの者ですがコメントさせてください。

私はそこそこ若者でメンタルのケアを受けてます。そこで学んだことを踏まえるとこんな物もあるかもと思ったのですがいかがでしょうか?

・生きるのがつらく挨拶をするエネルギーも無い、またはエネルギーの無駄使い
をしないために挨拶をしない。
・人が怖く挨拶も怖くて出来ない。
・自分なんかが挨拶をするのはおこがましいと思ってしまっている。
・「正しい」から外れるのが怖くて挨拶をするのは正しいか悩んでしまって出来ない。

投稿: ぱぴー | 2012年10月 5日 (金) 15時00分

ぱぴー様。
ご来訪&コメントありがとうございます!

管理人も、まあ、メンタル系はまだプロのサポートをうけてますよ(^_^;)。まだまだ偏見が強力に残ってますね。

おっしゃるとおり、そのような場合もあろうかと思います。理解できない範囲ではないですが、どこかで除外していたんでしょう。
結構ヘヴィですし・・・・・。

かえるの場合、まだびみょーな人になりっぱなしですが、相手に限ってはなさそうですね。ほかのメンバーにはがっちりにこやかに挨拶してますから。

いつか、プロのサポートがいらなくなるといいですね。

投稿: かえる@管理人 | 2012年10月 5日 (金) 19時36分

なるほど~そういうことですか…
そりゃ考えたくも無くなりますよね。

…まぁコレはあくまで一般論ですし無理にすることもないですが、臭い物に蓋をってすると何事も乗り越えられないといいますよね。例えば寂しいと感じて、人に会う代わりにお酒を~とか。スポーツとか全く別の方向に意識を向けるのは良いらしいですけどね。認識して受け入れてマイペースで対策をする。それを納得出来るまで繰り返して、心から笑える昔話に出来るのだそうですよ。
(^-^)

所で、そんなに理解する必要ってあるんでしょうか?そもそも他人を100%理解なんて出来なくて頭では理解出来るけど心で理解出来る事なんてほんのちょっとなんじゃないでしょうか?

喜怒哀楽、幸せも不幸も十人十色で挨拶しない人もその人なりの心と考えを持ってるのに無理に曲げるのも…まぁ社会的には確かに必要かもですけど、したいことをして、したくないことをしないってある意味凄く幸せですし、かえるさんも「自分」「ルール」「他人」を分けて楽しめるところはルールとか考えずに思いっきりとか考えると少し楽かもしれませんよ?


まぁあくまで私の話しは私のものですから悪しからず。
なによりかえるさんが納得出来る幸せの形を見つけれる事をと思います。

投稿: ぱぴー | 2012年10月 8日 (月) 17時37分

ぱぴー様、こんばんは(^_^)

まぁ、理解する必要があるかと言えば・・・・・はっきりと答えが出るような物でもないでしょうけど、「必要がない」にちかい「どっちでもいい」というかんじです。おっしゃるとおり、あくまで他人は他人であって、完全に理解することなど不可能だと、管理人も思っています。せいぜいできるのは「察する」「予想する」程度のことではないかと。

性分的に、気になったらとまらないと言いますか・・・・他の人はどうなんだろうと。

そんなちっちゃなことから始まった記事です。これは(汗)。気になっても仕方がないので、最近は、「あの人はそういう人」と言うことにしてしまって、とりあえずほったらかし、そのあたりに使っていたエネルギーを甲種危険物の勉強に充ててます。

自分なりの幸せ・・・・・見つかったらこれ以上のことはないです。この記事みたいなことも、それを探していたから?かもしれません。

投稿: かえる@管理人 | 2012年10月 8日 (月) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/53806580

この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶しない・返さない:

« 謹賀新年 | トップページ | 足下の恐怖 »