« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

冬の大事な作業:バラの植え替え

寒いです。1月になって急に寒くなりました。それでも、まだオールドブラッシュとブラッシュノアゼットは葉をつけています。自然落葉を待つのですが、まだ葉が黄色くなる気配もないので、今回は自然落葉を待たずに作業を行いました。休眠中の一大イベントです。

急激に枝が枯れて、一時、新芽が出て喜んでいたロサ・ガリカ・オフィキナリスは、結局助けることができませんでした。症状から、枝枯れ病かな?などと思っていますが、その結果、わたしのバラたちは、オールドブラッシュとブラッシュノアゼットの2種になりました。

この2種は、一昨年、新苗として山梨県のコマツガーデンで購入したものです。新苗であったため、昨年は植え替えを行わず、2年目の今年、初めての植え替えとなります。

植え替え予定があったので、3日位、冠水を止めていました。鉢から引き抜いてみると、2種とも立派な根が回っています。根を解くのに苦労しましたが、土が乾いていたため、土を落とすのは楽にできました。根っこも剪定したのですが、土を落として出てきた根っこは、ぐるぐると長く伸びて、まるで巻いたコードのようです。ブラッシュノアゼットの方が、根がすごかったです。

準備しておいた植え替えの鉢にさくさくと植えつけて、寒肥えをし、剪定を行います。

オールドブラッシュはまだ葉が付いている状態ですが、元々の樹高の半分から3分の1ほどの高さを目安に強剪定。シュートの数があまり多くなく(それでも5本はありますが)、落とさなければいけないほど交差していなかったことから、シュートはすべて残しました。

ブラッシュノアゼットは、かなりの新しいシュートが出ており、かなり交差しています。とりあえず、オールドブラッシュよりも浅めの剪定を行い、付け根で交差した枝を落とします。そのおかげでかなり姿がすっきりしました。

寒くて大変ですが、冬のこの作業が次の花を見るために、また健康に育てるためにとても重要です。両方四季咲き性の品種ですが、まさか今の時期まで落葉しないとは思いませんでした。品種の特性なのか、気候の影響なのかは分かりませんけどね。

来年もきれいな花を見せてね!

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月28日 (土)

冬の大事な作業:ブルーベリー冬剪定

先週のことですが。ブルーベリーの冬剪定をしました。

ティフブルー、プレミア双方で、塩害でかなり枯れ枝が出ており、切落とす枝が多くなりました。仕方がないですね、強烈な台風がきましたし。

すでに定植6年ぐらいになるティフブルーに関しては、数年前に発生したシュートがかなり充実してきています。挿し木3年生の苗を買ったので、樹齢としては9年ぐらいになるのでしょうか。書物によると、そろそろ主幹軸の更新時期になるようです。今後、若いそちらの枝を育てるべく、最初にあった主幹軸の枝を、新しい枝の邪魔にならないように切除。剪定鋏では全く歯が立たない太さになっていたため、夏に購入した枝切り鋏を使います。

ごちゃごちゃと混み合っている・・・・・・傍目には良く育ったと見えそうな木をバッサリと剪定し、樹の奥まで光が入るようにします。開帳性のティフブルーと直立性のプレミアとは樹形が異なりますが、基本は同じ。

かえるの判断基準としては、

・枯れ枝(真っ先に落とします)

・あまりに下の方から出てきた水平枝(実が付くと重さで下にたれて土と接触することがある。病気の原因となる)

・下を向いた枝(上に同じ。)

・つまようじよりも細い枝、短い枝(充実不足)

・交差した枝(充実した元気のいいものを残す)

といったところです。この基本を踏まえたうえで、後は、樹に聞きながらでしょうか。ちなみに、冬剪定では枝を切り返すということはしません。これをしてしまうと、枝の先端にかたまって花芽をつける性質のあるブルーベリーは、花芽を落としてしまうこととなり、花が咲きません。その結果、実が付かないということになります。切り返し剪定は、夏に行う夏剪定の時に行いましょうね~。

自然落葉を待った場合、この時期は枯れ枝や弱弱しい枝の区別がつきやすいので、作業も楽です。寒いですけど!ここまで作業が終わると、樹の姿がすっきりとします。何となく、寒々しく見えますけどね。

この後、減ってしまった土を足して(鉢栽培なので・・・・・)、寒肥をあげて終了。来季も、楽しませてくれますように。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月23日 (月)

足下の恐怖

ぎゅうぎゅう詰めになった電車というのは、電車通勤している人であれば一度は経験したことがあるでしょう。そういうかえるも、ぎゅうぎゅう詰めの電車で通勤しています。

ちなみに、かえるが電車の中で一番嫌いなのが、「イヤホン・ヘッドホンの音漏れ」「足元に置かれた荷物」で、同率1位です。その次が「車内での通話」。

ですが、一番危険だとおもうのは「足元に置かれた荷物」だと思います。

電車通勤して、満員電車に揺られたことがあれば良くわかると思うのですが、足元は見えません。その死角に荷物を置かれると、脚を取られてしまうのは想像に難くないと思います。

実際に、かえるは昨年12月上旬に、満員電車から乗り換えのために下車する駅で、その死角にあった荷物に脚を取られて転倒し、意識が一瞬飛ぶほど脚を強打しました。完治するまでに1カ月。完全に治ったのはつい最近です。原因は、上体があいたのに、脚が生徒のスポーツバックの持ち手に引っ掛かり、動かせなかったことです。

そして、今日も、床に置かれた、どこぞのサラリーマンの荷物の肩ひもに脚を取られ転びました。さらにその持ち主が意地になって荷物を引っ張った影響で、再度転びました。見えないと避けることができないのです。2度目でまたかと思いますが、死角にはいられるとそんなもんです。

安全に降りるために足元に荷物を置かないでほしい、抱えてほしいと思うのですが、せめて、駅に着いた時ぐらいは床から持ち上げてもらえないものでしょうか。目に見えればよけられます。ですが、見えなければどうにもできません。最近、電車で死角が生じるときは恐怖心さえ覚えます。

混み合う電車では死角になる床に荷物を置かず、持ち方を工夫してください。死角の荷物は、時として凶器になります。自分だけが楽になることを考えないでください。満員電車は殺気立ってはいますが、みな状況は同じなのです。

そのほか、駅・電車でかえるが嫌いなものは・・・・・

踵を固定していない靴:便所サンダルに思える「ミュール」。夏限定の現象。階段で置き忘れていく人がいるが、かなり迷惑。実際には、やらないけれど、ダルマ落としのように蹴飛ばしてみたくなる(笑)。

ピンヒール:当人は意識していないらしいが、ウォーキングシューズでも踏まれると非常に痛い。

・スマートフォンや携帯ゲーム機をやりながら移動する:携帯ゲームは自分もやるけれど、電車を降りると必ず一時停止にするかえるには考えられない行動。スマートフォンや携帯ゲーム機の大きな画面に集中していて周りが見えていないのか、対向して歩いていても次の行動が読めず、よけきれない。まれに背後からあたって来る人間もあり(なんで?!)。

そのほかいろいろ。

ああ、なんかいろいろありすぎる・・・・・(T_T)

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月21日 (土)

挨拶しない・返さない

さて。久しぶりの更新です。意見が合わない方もいるかと思いますから、まあ、こういう人もいるんだなと寛容な気持ちで読んでいただければと思います。

挨拶というのは、いわゆる、「おはよう」「こんにちは」に代表される社会生活を営むにあたり人と人との間に交わされる、ある意味、儀礼的な言葉です。辞書によっては、相手に敵意がないことを示すともあります。まったくもってそのとおりだと思います。

職場や学校で挨拶を交わしたときに、無意識のうちにでも、相手の機嫌や調子をそこから読み取っていることも事実で、不機嫌な挨拶が返ってきたり、挨拶が返ってこなかったりすると、あまりいい気分ではありません。

実際、自分の職場に挨拶をしない人がいます。管理職ではないにしろ、現場を統括しているそれなりの立場のある人ですが、こちらから挨拶をしても返してもらえません。ゆえに、自分の中では「挨拶のできない人」という評価が固まっています。朝からその調子なので、毎日出鼻をくじかれています。しかしながら、自分まで同じレベルになり下がることはないと思うので、毎朝返ってこない人に挨拶をし続ける「びみょーな人」になっています。

ある意味、社会常識となっているものですが、いくら立場がある人間でも困ったものです。こちらから挨拶しても返ってこないので、いわゆる「挨拶は先に来た人間からするものだ」という感覚ではないようです。

挨拶が返ってこようとこまいと、挨拶し続けていますが、返してくれない人に挨拶し続けるのも馬鹿らしくなります。そこで、ちらっと、しない人の「しない理由」を考えてみました。まあ、あくまで想像ですので、実際はどうなのか知りません。

1. 挨拶が聞こえない

2. 誰であろうと挨拶を返す気はない

3.機嫌や体調が悪い

4.挨拶をしてきた相手には挨拶を返す価値もないと思っている

5.挨拶してきた相手は挨拶を返したくないくらい嫌いだ

さて、どうでしょう。

1と3は我慢するとして、2は非常識。4と5は、「モラルハラスメント」か「子供のいじめか?!」という低レベルさ。大人にもなって、なんてことでしょう!中身はまだ子供ということなのでしょうか。

挨拶をしない人の挨拶をしない理由など、先にも書いたように想像でしかありません。基本的に挨拶すらできない人にはお近づきになりたくないので、そのようなことに想像を巡らすのも嫌ですけど・・・・・。

挨拶には、人間関係や集団同士の関係を円滑化する効果があると思っています。それがたとえ、社交辞令であっても。挨拶ぐらいはしっかりしたいものですね。

読んでくださった皆様は、どう思われたでしょうか。

ブログランキング

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2012年1月 2日 (月)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。2012年が始まりました。今年もよろしくお願いします。

なかなか更新できないでいたら、あっという間に新しい年になってしまいました。今年は去年よりも少しはましな話題で更新できるといいなーと思っています。

いろいろな花を植えましたが、昨年は初めての植物がたくさんです。この夏花壇に向かってコタツ園芸中なのです。植物はしっかり生長していますが、かえるは日々のことに追われて、気がついたら1年経ってしまったという感じ。

今年、もう少し成長できたらなーなどと思うのです。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »