« カエルの巣穴みーっけ | トップページ | ガリカの新芽 »

2011年10月17日 (月)

ガリカとタイム

台風はすごかったです。

庭に置いている鉢植えの草花がどんどん落葉して、重症なものは丸裸になっています。強靭なハーブたちも、かなりのダメージを受けてしまっているようで、台風の後、地上部を刈り取ったオレガノは、葉が極端に少なくなり、少々心配な状態に。

心配といえば、わたしの大好きなバラのロサ・ガリカ・オフィキナリス。

この子は、今のところ最もお気に入りの花なのですが、立派に葉をつけていたシュートが葉をすっかり落とし、夏も元気がなかったのです。通常の世話をしながら様子を見ていたのですが、枝がどんどん枯れてきてしまいました。

台風の後、枯れるペースが速くなり、大苗のころから頑張っていたシュートが枯れてしまったため、枝を落としました。そして残ったのは2本の昨年伸びた細いシュートのみに。ここで止まるかと思っていたのですが、残った2本も枝先からどんどん枯れこんできます。このまま枯れてしまうのかしら・・・・・。

そして、前回株分けをしたタイム。こちらは、台風の後、葉っぱをすっかり落としていたのですが、何と、枯れたかに見えた枝からタイムの小さな若葉が出てきました。まだ、遠目に見ると枯れてカリカリになってしまったように見えるのですが、4株とも復活の兆しが見えてきました。

さしあたり、新芽が出ていない枝はカットし、そのまま様子を見ています。元々が沿岸部に自生しているローズマリーは何事もなかったように花の時期を迎えていますし、やはりハーブは性質が強靭ですね。

・・・・・でも、タイム、このまま4株生き残ったらどうしようか

ブログランキング

|
|

« カエルの巣穴みーっけ | トップページ | ガリカの新芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/53074924

この記事へのトラックバック一覧です: ガリカとタイム:

« カエルの巣穴みーっけ | トップページ | ガリカの新芽 »