« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月23日 (月)

いろいろ開花

どうも~かえるです。なんかずいぶん気温が下がりました。昨日が暑いくらいだったので、寒く感じるくらいです。

5月になり、我が家の庭も花盛りになってきました。薔薇は昨日紹介したので、それ以外をご紹介!

Marrygold20111 きらきらです(>_<)

まずはマリーゴールド。4月に植え付けて、ここまで大きくなりました。今回はよく見るタイプではなく、ずっと植えてみたかったぽんぽん咲きです。

Marrygold20112 このマリーゴールド、アップにするとこんな感じ。

結構大きくて丸っこいのです。

直径は10cmくらいあるかな?これ、おもしろいことに、東西に長い花壇ですが、西側のものほど花が早く咲き、株が小さめ。反対に東側のものは花が遅く咲きましたが、西側よりも株が大きいです。

どういった加減なんでしょうね~?

でも、ずっとこのポンポン咲きのマリーゴールドを植えたかったので、満足なのです!

Hunny20111 そして、こちらは日本産のハニーサックル、スイカズラです。

金銀花との異名がありますが、この状態がその由来だとか。

スイカズラは今年初めて花を見ますが、なんだかとても控えめ。ですが香りはとても強く、それでいてどこかでかいだことのあるような懐かしくて甘い香りがします。

花は、最初白くさき、2~3日で黄色っぽく変化してきます。そして花の寿命は5日前後。

あまり1つの花が長く咲いてはいないですが、次々と咲くので飽きません。

そのほか、リリカシャワーだとか、タイムだとかが今まっさかり。

しばらく、花の時期が続きます。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月22日 (日)

薔薇いろいろ

今年はチュウレンジバチの発生が奇妙に少なく、アブラムシがやたらと多いです。単為生殖するアブラムシの駆除に余念が無いかえるです。

という間にも、どんどんと薔薇たちが咲いてきてくれています。

Rosablushnoisette20116 ブラッシュノアゼット

Rosagalica20111 ガリカ・オフィキナリス

Rosamei20111 芽衣

Rosayumeotome20111 夢乙女

並べてみると、それぞれ特徴が際立ちます。

アルバ・セミプレナは調子が悪く、半ば枯れそうに・・・・・カニーナは蕾が上がってはいますがまだ咲いていません。どれよりも早く咲き出したオールドブラッシュは1回目の一斉開花が終わり、べーサルシュートがでてきております。

ブラッシュノアゼットは房咲きになり、桃色から白に変化していきますが、これもまたお気に入りになりました。満開まではまだ時間があります。それまでのんびり楽しもうと思います。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

受粉成功?

さて。春に花が咲いたブルーベリーですが、ティフブルーは受粉が成功し、実が大きくなり出しました。ホームベルはほとんど芽が出ておらず、このまま枯れてしまわないか心配なところ。

Blueberrytiff20112 ふくれてきました。

ティフブルーはラビットアイ系の晩生種。完熟するのは梅雨を超えて7月後半から8月です。完熟した実はかなり甘く、ジャムを思い浮かべても少し違うおいしさがあります。これがやみつきになってしまったわけです(^_^;)。

今年もおいしい実が食べられるかな?

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

5月の試験株

どうも。かえるです。なんだかとても暑いですが、明日は今日よりも気温が下がるようで、どきどきしております。

Rosatest20 さて。

5月の寄せ植え試験株ですが、こちら、花をあげてきました。

黄色のザ・ピルグリム、ピンクのブラザー・カドフィール、赤のフォールスタッフです。

3色全部咲いているのですが、赤のフォールスタッフがピルグリムに隠れて見えません。昨年よりも、花の数が増えたような気がします。

という反面、3株寄せ植えしているうち、それぞれに樹勢の差が出てきました。この春、フォールスタッフのシュートの出が悪いと思っていたのですが、結局そのまま今に至り、出てきたシュートもかなり弱くて、風にあおられて根元から折れてしまうほど。

他の2品種に圧倒されてしまったのか、競争に負けたのか、かなり具合が悪く、つぼみがついた枝が2本しか有りません。

3株を共存させて咲かせるのは難しいのか?等とも思ってしまいますが、写真の通りきれいに咲いているので、見た目は満足しております。

ちなみに、深く剪定したこの子たちは、今、樹高がおよそ50cmになっております。イングリッシュローズとしては小さめでしょうか。強く切ったためなのでしょうか。サイズは小さいだけで特に問題が無いので、そのままにしておくつもりですが、フォールスタッフをどうするか、今後検討していこうと思います。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 8日 (日)

またコガネムシかな?

かえるのブルーベリーの1株、ホームベルの状態が思わしくありません。すでに新芽が展開していて良いこの時期に、葉が一枚もなく丸裸です。昨年までは順調だったのに、どうしたことでしょう。となりのティフブルーが元気に開花して果実が膨らみ始めているのに、心配です。

かえるのブルーベリー、南側の庭に鉢植えして、2鉢を南北に並べているのですが、ホームベルが丁度北側の鉢です。そして、なぜか、北側に置いているホームベルばかりコガネムシにやられて現在の株で2代目・・・・・。きっと、今の子もコガネムシに違いなと思っているのです。

というのも・・・・・

この冬、鉢の表面の土がもぞもぞと動いているのでおかしいと思って見てみたら、地表近くに出てきたコガネムシの幼虫だったからなのです。その場で駆除できるものはすべて駆除したのですが、数日にわたっていたちごっこを繰り返しました。おそらく、それで駆除しきれなかったのではないかと予想してのことです。

もともと自然界にはいて当然の虫ですが、かえる地域で親虫を見たことがありません。目に触れないだけでいてもおかしくはありませんけど、植えつけた用土に卵が眠っていたらどうにもなりません。もともといて当然の虫に殺虫剤を使うのもどうかとおもいますし(登録農薬はかなり強力)、かえるは農薬を使用しない主義。

ですが、なぜ北側に置いた鉢ばかりコガネムシの幼虫にやられてしまうんだろう?コガネムシだと確定したわけではありませんが、謎です。

ホームベルはこのままもう少し様子を見ますが、花芽・葉芽の分化までは正常に行われており、その後の展開がされていないので、休眠から覚めることができなかったのか、それとも地下部分で何かが起こっているのか。ただ、枯れたころ鉢から抜いても犯人が食糧がなくなったのか姿が見えないことが多いです。根っこがなかったらコガネムシの幼虫ということにしています。

結局、ホームベルはどうなることやら・・・・・。何かいい防除方法はないかしら

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 7日 (土)

サンパチエンスのブログパーツ

どうも~かえるです。連休はいかがお過ごしでしたか。10連休などという方もいらしたのではないでしょうか。かえるは生憎と3連休プラス飛び石という全然ゴールデンではない普通の連休でした。

連休中は、ローズマリーの鉢替えやタイムの株分け(勝手に取り木の状態になっていた)をする予定でしたが、がっちりと根がまいたローズマリーの作業をしている間に手の皮をむいてしまい、タイムの作業は中止せざるをえませんでした。

その間、ブログパーツを一つ置いてみたんです。もうお気づきでしょうか。

サカタのタネからもらってきたサンパチエンスのブログパーツです。全く宣伝ではありませんが、気に入ったので置いてみました。少し華やかになったかな?

この実物のサンパチエンス、華やかで大きくなっていいのですが、水の要求具合が半端なく多い!これを植えた年の夏は水やりに振り回されました。通常は真昼には与えないのがセオリーなのですが、むしろ、サンパチエンスは水をよこせと(汗)。おまけに水道代も跳ね上がりました・・・・・。あまりに水やりに振り回されたため、以後、サンパチエンスは植えていません。きれいで丈夫で花の時期が長いのですけどねえ・・・・・。

今のかえる家の庭は、オールドブラッシュが咲き乱れております。ほかのガリカやイングリッシュローズもつぼみが膨らみ始め、先が楽しみに。

あとは、この連休中に植え替えたローズマリーが無事根づいてくれることを祈るのみですが、ブルーベリーが少々心配。ですが、それはまた今度。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »