« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

花粉の季節

なんだか、急に暖かくなりましたね~。かえる地方は、暖かいと言うよりは暑いという感じです。ですが、朝夕は冷えるので、服装に困ります。

それはそうと、今年は花粉の飛散量が多いようですね。暖かくなった今日、かえるは目がむずむずとかゆく、鼻はもうティッシュの山です(^_^;)。毎年、春と秋はこういう時期です。

職場でも箱のティッシュが手放せなくなります。

ですが、かえるは花粉症の内服薬はあまり飲みたくないんですね。というか、薬を変えてもらえばいいのかもしれませんが、免疫が抑制されてしまうのか、風邪を引きやすくなるのです。今年は、花粉症の薬をもらうかどうかまだ決めかねていますが、とりあえずは、点眼薬(人工涙液タイプ)とマスクでしのいでいます。酷くなったら行くかもしれませんが・・・・・。

今年は昨年の数倍の飛散量が見込まれているらしいので、これからが恐ろしいのです。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年2月12日 (土)

ケーキ作ってみた。

寒いですー。かえる地方、雪が少し積もりました。道路は溶けていますけど、植木鉢の上とか、芝生の上が白いです。

鉢物で植え替えをしたいものがあったのですが、あまりの寒さと鉢土が水分を吸って重たかったので、中止し、なぜかパウンドケーキを焼いたりしてみました。

Cake1 リンゴとレーズン入り。

Cake2 本当は、ラム酒などを使うのですが、我が家は全くお酒の飲めない人間ばかりなので、一切お酒はなし。

なので、レシピからは少し違ったものになっています。

リンゴとラムレーズンを入れたのですが、なぜかレーズンが下に沈んでる!きれいに散らばってないよぅ・・・・・

完全にリンゴが上、レーズンが下と分離してしまっています。パウンドケーキは焼きたてよりも翌日くらいが味が落ち着いて食べ頃になるので、今日は食べません。初めてのパウンドケーキのできばえはどうだろう?明日までお預けです。

Musipan4そして、前作ったとき、100円ショップのカップを使って作った蒸しパン。味以前に、紙カップの外れなさが大不評だったのでリトライしました。さすが100均クオリティ!

今回は、生地を前回の倍量にし、18cmの丸いケーキ型で作りました。

・・・・・こちらもレーズン入りなのですが、写真の通り、レーズンが下に沈んで(汗)。今回はケーキ型を利用したので普通のグラシン紙を使用。すっきり外れました。

やっぱり、このあたりはけちってはいけませんね。ちなみに、型が大きかったため、若干蒸し時間が長め。それでもちゃんとできたので、今回は合格です。

ふー、明日も寒いのかなあ・・・・・。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年2月11日 (金)

ブラッシュノアゼットの芽

冬はなんと言いますか、休眠に入っている植物が多くて絵になりにくいですな。それはそうと、かえる地方も、とうとう水曜日に雪が舞ったと思ったら、今日も雪です。いやあ、寒いと思ったよ・・・・・。

そういえば、芽の位置がわかりづらくて選定作業がやりづらかったブラッシュノアゼットですが・・・・・。

Rosablushnoisette20113

なんだか、少し赤いものが目立ってきたような?などと思っていたら。

Rosablushnoisette20114 あちらこちらに、このような小さな赤い芽が!

わかりづらかったため、何となく切っていたのですが、かなりの枝で剪定位置が正解だったようです。

それにしても、このブラッシュノアゼットは、枝いっぱいに芽がついてきていました。なんだかすごい数で、これで良いの?!などと思ってしまいます。

初めての品種はそんなものなのでしょうが、どぎまぎしますね。

枝振りも、かなり直立性に近い感じで広がっています。蔓タイプとブッシュタイプとあるようですが・・・・・・これはどっちのタイプだろう?蔓みたいに育ってもらっても少々困るので、ブッシュのようになるように切ってみました。

成長が遅い~とおっしゃるほかのブログの方々もいるようなのですが、かえるのブラッシュノアゼットさんはかなりの勢いで育っております(新苗)。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年2月 6日 (日)

2月の試験株

調子悪い~などと思っている間に2月が始まってしまいました。かえるが調子が悪くとも、お構いなしに過ごしているのが庭の鉢植えたち。

Rosatest16 2月に入った寄せ植え実験株の姿です。

1月にばっさりと剪定をしたイングリッシュローズの寄せ植え。イングリッシュローズといっても、モダンシュラブの分類なので実はあまり深く切り詰めないんですよね。でも、昨年、鉢植えにも関わらず、かなりの勢いで伸びていたので、ばっさりと切ったのです。HTもびっくりするくらい(汗)。

それから寒肥というか元肥というかをあげてから、ほぼ1ヶ月がたとうとしています。

1月の中旬以降、かえる地域もかなり寒くなりましたが、なぜかこの数日はとても暖かい日が続いています。

Rosatest17 だからなのか、剪定するときにあまり目立たなかった芽が、ごらんのとおりかなりはっきりとしてきました。

なんだかちょっと一安心です(^_^;)。

土替えをせずに2年目に突入するこの試験株は、今年はどうなることやらと思っていましたが、今のところ、私がオールドローズで見てきたとおりの生育状況でほっとしております。

バラは、この寒い時期に、休眠からさめた後の病害虫を予防するために、高濃度消毒を行う用ですが、かえるは一切そのようなことは行いません。ある程度手を抜いても、バラは意外と丈夫な植物なのでしっかり育ってくれるのです。もちろん、植物園やお花屋さんに並んでいるような、斑点や虫食いの一つもないようなきれいな花を育てたい方には向きませんけどね。

春が楽しみだな~

*追記*

この頃のバラの手入れで思い出しました。よく、石灰硫黄混合剤を高濃度散布すると言われますが、石灰硫黄混合剤は、法的に、もう何年も前にバラには使えなくなっている農薬です。知ってました?

ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »