« 咲かせちゃいけないのに! | トップページ | ブルーベリー夏剪定 その1 »

2010年8月 9日 (月)

ボトルカバー

以前、ナルゲンのボトルを購入してから、結露を吸収するためのカバーがほしいと思っていたのですが、純正品だと保温までできる上に結構よいお値段がするわけです。

Botolcover1 というわけで、端切れの布を買ってきて作りました。

今まで、500mlのペットボトル麦茶など、1本70円くらいの安いものを買って持参していたのですが、それでも、月に2000円かそのくらいかかるんですよね。そのほかにお昼ご飯を買うと結構な額になります。

飲み物くらいは水筒か何かに入れて持って行こうと思ってボトルを買ったわけですが、結露が激しいですね。そこで作ったのがこれ。

全くの自己流ですが、左のブルー系が1000ml、右の緑系が400ml用です。ナルゲンのボトルの形に合わせて、開き口を深めにとってあります。偶然ですが、400ml用のものは、ちょうど500mlのペットボトルを入れるのにも使える大きさでした。

底の部分は四角ですが、結露した水分を吸い取ってくれればいいので、あまり気にしないで作りました。洗い替え用に2枚ずつ。

一応、内袋と外袋の二重構造になっているので・・・・・

Botolcover2 無地の濃紺。

Botolcover3 無地の浅黄色。

外袋の色合いに合わせて、内袋を作っています。保温機能は要求していないので、すべて木綿の布で作りました。口を縛るひもは、袋を作ったときに若干余った布でひもを作ったので、ひもは買っていません。この二つは両方とも同じ構造なので、サイズが違うだけです。

袋(カバー)が完成したので、出勤の時にはこれにお茶(ノンカフェインのハーブティ)を入れて持って行こう!

ブログランキング

|
|

« 咲かせちゃいけないのに! | トップページ | ブルーベリー夏剪定 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/49104240

この記事へのトラックバック一覧です: ボトルカバー:

« 咲かせちゃいけないのに! | トップページ | ブルーベリー夏剪定 その1 »