« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月26日 (月)

袋と枕カバー

だいぶ調子が戻ってきたかえる。でも、19日が休みの影響で前の土曜日は出勤・・・・・。1日しか休みでないので、あまり根をつめたことはできません。しかも暑いですね。氷だけでなく、かえるもこの暑さで溶けそうです(汗)。ゆえに写真はありません。

久しぶりに庭のバラたちの様子を見に行ったら、巨大化した虫君が数匹。見つけ次第昇天してもらいましたが、これもお盆前までの工期なのでもう少し我慢。うっかり花芽摘みをしなかった新苗のブラッシュノアゼットは、2つほど花を咲かせてしまいました。オールドブラッシュは、かじられまくって丸裸に。一番最初にかじられて丸裸になった夢乙女は、現在、新しい葉っぱを展開中。ある程度の樹勢が付いているガリカ・オフィキナリスとアルバ・セミプレナはかじられてはいるものの被害は少なく、実もしっかり成長している様子。たくましいわねえ・・・・・。

そしてその1日のお休みを使って何をしていたのかというと、鍼灸院へ行ってパソコンのメンテナンスをしてゲームをして、この前買ったミシンで遊んでました。

元々、仕事用に使っている貴重品を入れて歩くための巾着袋が痛んできているので新しいものを作りたかったこともあり、鍼灸院の帰りに地元の手芸店によりました。端切れで十分なので何種類かの動物のシルエットが細かく並んだ木綿生地を選び、その隣にあった青い花柄(といっても、単純化された図案のもので木綿)の生地を衝動買い。

早速、裁断して端にジグザグミシンをかけ(買ってから初めて使う機能なので裁ち落としの部分で練習!)、まっすぐにミシンがけ。巾着の口の部分はアイロンを出すのが面倒になって指で押させて折り、それで縫うという手抜きさ加減ですが、一応使えるものが完成。使っているもの(使っていたもの?)が汚れても1枚しかなくて洗えなかったので、洗い替え様にもう1枚縫いましたよ~。平面なので楽ですね、作るの。

そして、青い花柄の生地は何になったかというと、ファスナーを使わないタイプの枕カバーになりました。私の使っている枕が48cm×55cm(測定誤差含む)で生地の幅がちょうどよかったのです。出し入れするファスナーの部分も生地が傷んできていましたから、この際、枕カバーにしてしまおうということです。

こちらも、裁断した後は布のはじにジグザグミシンをかけてから合わせる部分を確認して一気に直線縫い。枕の端の布を15cmほど重なるように縫うことで、ファスナーを使わずに蓋ができます。こちらも平面で直線断ち・直線縫いだけなので、初心者向きかも?自己満足ですが、使えそうなものに仕上がったので、とりあえず洗濯してから使用することにしました。

この後、立体の水筒カバーを試作しましたが、見事に失敗・・・・・。なんだか、すごいかっこ悪いものになってしまいました(>_<)。なので、これは設計のやり直しか、本を買うかしないとだめみたいです(T_T)。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月21日 (水)

安物だけど。

ミシン、買っちゃいました。2万しない安物ですけど。

買ったのは、気管支炎も治ってきた月曜日。閉店セールで安くなっていた反物を買ってしまったので、さっそく作務衣(さむえ)を縫うことに。洗濯機で洗濯したいので、購入したばかりのミシンでざくざく縫ってしまいます。まあ、和裁だと、型紙なんかつくらないということもあるんですけどねー(作務衣などは少々例外で、上衣は典型的な和裁ですが、下衣は洋裁のパンツ)。

採寸から始まって布にしるしをつけて裁断し、縫いあげるまでの総作業時間は6時間ほどかな?現在は洗濯機の中で現れた後、ほかの洗濯物と一緒に干されているはずです。さすがに、のりを落とさないで着てみたらかゆかったんですよ。洗濯後、どのくらいの縮みが出るのか、そのあたりが緊張しますけどね・・・・・。

出来はあまり良くないので、これはパジャマにします(汗)。

そして布が余ったので、これで何か作ろうかな?浴衣だったら、これで巾着等を作るのでしょうけど、どうしようかな。

さすがに浴衣地は36~38cm幅のものなので、薄くなってきた枕カバーを作るには足りないし。水筒の結露を吸収するためのカバーか何かになりそうです。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月19日 (月)

ブルーベリー収穫開始

外では、かえる家の駐車場スペースを作るための外構工事が始まっています。なので、今まで敷地境界ぎりぎりに置かれていた鉢ものが一斉に南の庭に引っ越してきています。

けっこうぎゅうぎゅうなので、あまりバラとかは面倒が見られません。工事が入る前に施肥をしておいたのでそれだけが救い。新苗の蕾も取れてないし~。

ブルーベリーは、植木鉢の場所を動かしていないので、庭に降りればすぐに摘みに行けますが、ちょっと今までより道が狭くなったかも?それでも、ブルーベリーはティフブルーが初収穫。昨年の経験から、青くなっても1週間は放置しないとおいしくないので、1週間我慢しておりました。

そして。

そろそろ雀やヒヨドリが気配をうかがい始め、1週間たったので、しるしをつけておいたブルーベリーを収穫!

小さな金属製のボールを持って行きましたが、収穫できたのは3こ。完熟したブルーベリーはあまり力を入れなくても簡単に軸から外れます。こうなると美味しい印です。ポロっと簡単に取れるものだけボールに収穫し、しばらく冷蔵庫へ。ですが、かならず収穫したその日のうちに食べます。ブルーベリーは足が速いですから。

収穫は1.5cmくらいのものが4こ。まずまずの大きさです。青くなっているものがあるので、次の収穫は来週末というところでしょうか。

収穫したブルーベリーは、我慢した甲斐があり、かなり甘くなっています。ジャムなんかよりも格段に甘いです。んー、おいしい!

完熟果が食べられるのは、農家か自家栽培ならではの楽しみ。かえる家では、これから工事と並行してブルーベリーの収穫が始まります。あー、そういえばブルーベリーの夏剪定もやらなきゃいけなかったんだ。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月 5日 (月)

ミルクパンと。

ふふふ。ミルクパン、買っちゃいました。おもにハーブミルクティを飲みたくて買ったので、蓋つきです。いろいろ見て回ったのですが、結局、無印良品の14cm片手なべになりました。ステンレスの3層構造です。柳宗理のなんたらっていうのもありましたが、無印のも3層構造で注いだ時の液切れもたいして変わりなく、重量は無印のほうが重いですが、フライパンのように振り回すこともありませんし、極端なことを言えばカップに注ぐ間安定して持っていられれば良いということと、「柳宗理のなんたら」ってデザインだけのように思えてしまって・・・・・。グッドデザイン賞を取っているようなので、機能もそれなりなんでしょうけど(汗)。

ネットで「ミルクパン」で検索をするとかなり上の方に出てきて注目されているのわかるんですけどね~。お値段的に気楽に使えるということと、コストパフォーマンスの面で、無印良品のものにしました。中性洗剤で洗った後、水を入れて火にかけて、初期処理が終了。すでにこれでカモミールミルクティを淹れて飲んでおります。水っぽくないカモミールミルクティ、最高!

そして、駅前のキッチン用品店でナルゲンのクリアボトルをゲット。1000mlのものと400mlのものです。どくだみの加工も終了したので、そろそろ前の日に煎じて持って行きたかったんです。

耐熱性もかなりあるため、煎じたどくだみ茶を、ある程度冷やしたところで直接入れられますし。結局、温度を下げて持っていくことになるとは思いますけど。

家族が使っていて、使い勝手がよさそうだなと思っていたんですよ。耐熱性も100度まで耐えられるため、初期処理で煮沸してしまうことができるということも魅力でした。ですが、これ、400mlのものはともかく、1000mlのものは鞄に入らない!どこかで気に入ったランチバックでも買おうかと検討することになったのでした。

*かえる、鎮痛剤の効かない頭痛が出てしまっており、しばらく更新が不定期になるかもしれません。ご了承くださいませ。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

6月の試験株

Rosatest5

梅雨入りして、あっという間に6月が終わってしまいました。かえる、昨日から鎮痛剤の効かない前頭の片頭痛がしていて困ってしまっています。

最近は、朝、雨が降っていることが多く、まともに虫とり等をしてあげられずにかじられまくっているバラたち。

普段、かえるの庭では黒点病なんぞ、ほとんど出ないのですが、それがかなり頻発していて困ってしまいます。

最初の写真が、6月末の試験株です。なんだかんだと、植えたときに比べれば結構茂っていますね。ブラザー・カドフィールは咲き切らないうちに雨に打たれてダメになってしまったり、フォールスタッフはブラインドの処理をした後バラゾウムシにやられてなかなか咲かず、一番陰になっていたザ・ピルグリムは貧弱だったため上がってきた蕾をしばらく取っていました。

でも、それぞれに1番花が咲いてくれました。7月になって、やっと、小さいながらもザ・ピルグリムの黄色い花が開花し、フォールスタッフとブラザー・カドフィールは2番花の蕾を上げてきています。

植え付け1年目の今年はとりあえず何とか咲いていますが、どうやら日光と肥料の取り合いになっている様子。与える肥料の量が半端なく、最近雨が降ってお手入れができていないのが残念なところ。

これからの夏越し、冬越しはどうなるだろう?と見守っているかえる。

小さいけれど、開花した花はしっかりとフルーティーなミルラ香を放っています。

ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »