« バラの芽 | トップページ | ベリーの新芽 »

2010年2月28日 (日)

春の花、続々成長

昨日はとても暖かかったのですが、どうも今日は寒いです。ですが、冬季オリンピック、またメダリストが誕生しましたね!

先週、とても暖かかったせいか、薔薇以外にもいろいろ植えているかえるの園芸コーナーですが、花も急激に旺盛な生育を見せてくれています。

Suisen20101 5球植え付けた日本水仙が終わり、とうとう黄房水仙の時期が来ました。

この黄房水仙も、日本の在来種です。日本水仙よりも少し花の時期が遅いんですね。写真の花は黄房水仙の1番花です。

黄房水仙はその名の通り、黄色い花が房のように固まって咲きます。房咲きという点では、日本水仙に似た咲き方をするわけです。ただ、色合いが、日本水仙が「周りが白に近いクリーム色で中が黄色」であったのに対し、黄房水仙は「周りが黄色で中が山吹色」という、かなり黄色の濃い花です。名前の通りですね。これが房になって咲くのですから、きっと見応えがあるでしょう。周りがブルー系のパンジーですし。

Tyuripaely13 そしてこちらは玄関先においているアーリースマイルチューリップとムスカリの寄せ植え。私の管理下ではなく、母の管理下にあるものですけど。

この鉢も、先週?の暖かさで、もこもこと成長しました。出勤の時に見る姿と、帰宅したときに見る姿が違って見えるほどの成長ぶりです。ただ、今日はまた気温が下がっているので、しばらくお預けかもしれません。

このチューリップ、ムスカリはまだですが、つぼみがあがり始めました。アーリースマイルチューリップとムスカリはほぼ同じ時期に咲くのですが、まだムスカリの方が花芽が出ていません。大丈夫かな?

Suisenyose20101 そして、これは芽が出ないと気をもんでいたテータテートとパンジーのモルフォの寄せ植え。

モルフォの間からのこのこと顔を出しているのが小型水仙のテータテート。小売店に並びだしたときから焦りだしていたのですが、やはり発芽する条件が整っていなかったのでしょう。気温が上がったり下がったりし出した頃から芽が出始め、この1週間でずいぶんと大きくなりました。

パンジーもかなり大きくなりましたけどね。

今年は、パンジーを青系統の色でまとめているので、昨年とはかなり雰囲気が違って見えます。しかもこの植木鉢と同じ品種を花壇に植えているので、花壇の手前に置いているとごらんの通り背景が青く(^_^;)。

花壇は、黄房水仙が咲き出してくれたことで、狙い通りの配色になりつつあります。パンジーといえば、赤や黄色、オレンジ、白などの暖色系統が多く、また素敵ですが、青い系統の色も捨てきれません。柔らかい日差しの下にとても似合う気がします。

本格的な春に向かって楽しみだ~happy01

ブログランキング

|
|

« バラの芽 | トップページ | ベリーの新芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/47687053

この記事へのトラックバック一覧です: 春の花、続々成長:

« バラの芽 | トップページ | ベリーの新芽 »