« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

久しぶりのラズベリーたち

ラズベリーは買ってきてからブルーベリーのような見事な紅葉もなく、秋は意外と地味に終わりました。冬に入り、葉っぱが落ちてから余計地味になりました。

初めての植物と言うこともあるので、毎週観察しているのですが、ここのところ、ちょっと芽が大きくなってきたみたいです。

Ruzberry20101 こちら、赤ラズベリーのインディアンサマー。

これが一番よくシュートが顔を出しているのですが、よく見ると、そのシュートは地際で顔を出したっきり成長せず、葉っぱもついたままです。1本伸びている主軸はすでに葉が落ちてしまっているのに、不思議です。

よくわからないのですが、これでよいのだろうか・・・・・。確認できるだけで、このような顔だけ出したシュートが5本(5つ)あります。ずいぶんとたくましい増えぶりです。

地上の部分、葉は落ちていますが、とげはそのまま。結構細かくて痛いです(>_<)。

Yellowrus20101 そして、こちらは同じラズベリーでも黄実種のジョイゴールド。

大きい実がなるとのことですが、ほんとかな?

こちらも今は休眠中で、鋭いとげが残った状態で落葉しています。ただ、葉がついていたところから小さな芽がどんどん大きく見えてきて、今では探さなくてもわかるくらいまで成長してきました。

これも暖かさに反応してるんだろうか・・・・・?

涼しい気候が好きなラズベリーって低温要求量とか気にしなくていいのかしら。

Blukberry20101 そしてこちら。ラズベリーよりも温暖な気候を好むと言われているブラックベリー。品種はわかりません。

のこのこと植え付けからすぐに成長を始めたこの子、写真に写った二つは一部ですが、このような芽がたくさんついています。

ここまで生育旺盛なら、ばっさりと剪定してしまってもいいのかもしれません。バラのHT系みたいに。

それにしても、まだ寒いというのに、もう芽が動き出すとはおそろしや。ラズベリーやブラックベリーにとってはすでにお目覚めの気温なのでしょうか?!

まさか本当にお目覚めの時間と言うことはないでしょうけど、なんだか暖かくて植物たちの管理がちょっと大変です。

ラズベリーとブラックベリー、今年はどんな風に花が咲いて実がつくのか?そのあたりも楽しみにしながら眺めております。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月30日 (土)

ブルーベリー剪定

さむいですなー。とは言っても、寒かったり暖かかったりふらふらと気温が安定しません。

変に暖かかったり寒かったりなので、私のブルーベリーたちは、ちゃんと低温要求量が足りているかどうか心配ですが、なぜか花芽が少しずつ動き出している気配です。

なので、今年は早いですが、ブルーベリーを剪定しました。

Blueberryhome20102 さっぱりホームベル。

かなりのシュートが立ち上がっていたこの株は、1本窮屈そうにしていたシュートを間引きました。それからか弱い枝や木の内側に向かって伸びているものを切ると、こんなにすっきり!これで木の内側まで陽が届きます。かなりの数の花芽がついていて、1年目の株だったからそれを減らしたかったというのもあります。

Blueberrytiff20102 そしてこちら、何とか生き残ったティフブルー。

長く伸びていた新しいシュートを、外側に向いた芽を選んで、その上で半分くらいまで切り詰めました。

ほかは、根っこをかなり切っているので、弱い枝やYの字に分岐しているものは太い方を残すなど、かなり思い切って切りました。ほかはホームベルト同様です。ティフブルーは、ほとんど今年花芽がついていないので、花芽の数をコントロールするような剪定はしていませんが、地上部もさっぱりです。

本来、ブルーベリーの剪定は2月も中旬くらいになってからですが、今年はかなり暖かい日があり、花芽がすでに動き出しそうだったので、1月終わりの剪定となりました。

下を向いた枝、細い枝、花芽しかついていない枝、木の内側に向かっている枝、交差している枝のどちらかは無条件に落としますが、枯れてしまったものもきちんと整理しましょう。

剪定が終わったら、来週あたりは元肥でしょうか。今年はちゃんと花が咲いてくれるかな?

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月24日 (日)

水仙開花

暖かかったり寒かったり。昨日、今日は比較的平年並みに近いのでしょうか。風邪を引きそうになります。

先週はまだ小さなつぼみであったのが、今日、開花しておりました。いえ、何がって、水仙ですよ!

Suisen20096 群生地では、ちらほら開花のニュースが聞かれる日本水仙です。

私の花壇でも、やっと最初の花が咲きました。でも、なんだか草丈が低い?

日本水仙は、読んで字のごとく、日本の在来種で、各地に自生地があります。意外と知られていませんが、彼岸花の仲間なんですね。植えっぱなしでも毎年花を見せてくれる丈夫な花です。

彼岸花とは裏腹に、1月の早い時期から咲き始める可憐な白と黄色の房前の花、今年初めて植えてみました。ブルー系のパンジーと併せて花壇に植えたものですが、まだ時期が早いのか、パンジーが思ったよりも生育しいなくてちょっと残念。

まあ、そのうちパンジーも大きくなるし、まだ4株残っているのでそっちに望みを託しております。それにしても、日本水仙って、改めてみるとかわいい花だなぁ

こちらの花が咲いた!と思っていたら・・・・・

Suisen20097 覚えておいででしょうか。

小型水仙「テータテート」とパンジー「モルフォ」を寄せ植えし、芽が出ないと気をもんでいたこの小判型の植木鉢。

この写真でもよく見ると写り込んでいるのですが、やっと一つ、芽が出てきました。少なくても、この発芽した1つは無事だったようです。

テータテートの球根を植えたところだけ、微妙に盛り上がっているこの寄せ植え、芽が出ないのではないかと不安に駆られたものです。さすがに、真上からのこの写真ではその様子はわかりづらいですが、その部分はかなり根っこで込み入った感じがあるのです。

Suisen20098

それを大きくみてみると、本当に小さいのがよくわかります。パンジーの葉が傘のように大きく見えてしまいます。そして、その目の回りに白く筋が見えるのは、これ、パンジーの根っこ。これが邪魔をしているのかとも思いますが、なんとか一つだけでも出てきてくれてうれしいかえる。ほかの球根も出てきてくれないかな?と思うのです。

Tyuripaely11

そして、こちらはアーリースマイルチューリップとムスカリの寄せ植え。風が強い場所においているからか、植えたときは球根をしっかりと土の下にしたはずなのに、いつの間にか球根が見えてしまった寄せ植え。あまり球根が露出したままというのも何なので、この後、培養土を上から足しました。アーリースマイルチューリップとムスカリって、咲く時期がほぼ同じなので、同時に花が楽しめます。

これも赤と青の組み合わせ。今年の春はかなりビビッドな色の組み合わせです。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月23日 (土)

ブルーベリーの芽

寒くなったり暖かくなったり。休眠に入ったはずの植物たちが間違って目覚めやしないかとどきどきのかえるです。

Blueberry20101

鉢植えのブルーベリー2本は、やっとほぼ葉を落として休眠状態です。枝ばかりになると、なかなか写真ではわかりづらくなってしまうのが困りものですが、今年、土を入れ替えたティフブルーはあまり花芽がついていません。その代わり(?)勢いよく伸びたシュートに葉芽がたくさんついています。

では、片方ずつ。

Blueberryhome20101 さて。

こちら、一昨年のコガネムシの食害から立ち直れずに、新しい株を迎えたホームベルです。

なぜかいつも、ホームベルだけ紅葉・落葉が遅れるのですが、置き場が悪いのでしょうか。今年もやっとほぼ葉がすべて落ちました。

そして、やはり樹勢があるのか、たくさんの花芽がかなり大きくなってきています。その中には、写真のように何となく緑色が見え始めているものがあり、少々驚き気味です。細い枝がかなりあるので、2月末から3月の芽が動き出す前に選定をして細い枝を取り除かなければなりません。・・・・・でもよく見ると、結構あるんだよなぁ。

Blueberrytiff20101 そして、こちらがホームベル。

根詰まりかと土替えをしてから、何とか生き延びたホームベルですが、今年はとても花芽の着生が少ないように思います。

根っこをかなり整理したので、仕方がないことかもしれませんが、今年の剪定は、かなり強く行う予定。でないと、根っこと地上部のバランスがとれなくなってしまいますからね。

なので、今年はホームベルの結実はあまり期待しません。過去2回収穫させてもらいましたし(^_^)。

写真は、新しく伸びてきたシュートについている葉芽です。とがっていて花芽と形が違うのですぐわかります。さすがに、シュートに花芽はついていなかったですね。このシュートも、剪定の時に半分くらいまで切り詰める予定でいます。

どこで切り詰めるか・・・・・今から外向きの芽を探して検討中です。

昨年はいつまでも暖かく、今年は大寒なのに春めいた陽気になるなど気候がおかしいので、昨年の秋からかなり休眠に入る植物たちの様子が心配でした。ブルーベリーも、400時間の低温要求量を満たすかどうか、今もって心配な状態が続いています。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月18日 (月)

水仙の花芽

さて。久しぶりの更新です。泊まりの出張とかで忙しくてなかなか更新できませんでした。今日もかなりへとへとです。

さて。ニュースでは、暖かいところの水仙が見頃を迎えているとか。でも、我が家の水仙はもう少し先になりそうです。

Suisen20094

おそらく、一番花の時期が早い日本水仙のつぼみ。これは先週の様子です。水仙のつぼみっておもしろいですね。つぼみが豆のさやのように見えるのは私だけでしょうか。

Suisen20095 そして、これが今週の姿。

まめのさやのように見えた袋が割れて、一つ一つの花芽が見えてきました。いや、これ、それぞれが一つの花になるのだろうか?初めてなのでよくわかりませんが、ブルーベリーのように、花芽の中にさらにつぼみを抱き込んでいるということがなければ、これが1つの花になるのでしょう。水仙って、1つの花茎にいくつも花がつきますからね。

寒いせいか、まわりのパンジーがあまり勢いよくないので、少し寂しい状態ですが、水仙も、まさかこの高さのまま咲くということはないと思うので、このまま見守りたいと思います。

日本水仙は白と黄色の花、パンジーは青系の花なので、ちょっと期待しています。

Panzy20097 そう、期待しているといえば、1鉢だけ作った寄せ植えです。

これは、小型の水仙「テータテート」とモルフォの寄せ植えなのですが、水仙の芽がいっこうに出てきません。

毎日様子を見ているのですが、元気なのはパンジーだけ・・・・・。花屋の店頭にも、テータテートが並ぶようになったので、少し焦りだしています。

掘ってみたら、球根がだめになっていた!なんていうことはないでしょうね?単に、元気なモルフォの根っこに邪魔されて芽が出てこないだけだと笑えますが、発芽の時期が元々遅いだけだと安心してよいのですが、これはどちらなのかわかりません。・・・・・結局、春になってもパンジーだけだったら嫌だな(T_T)。

日本水仙が早く咲かないか、寄せ植えのテータテートが早く芽が出ないか、いろいろ楽しみなかえるです。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 3日 (日)

謹賀新年

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

というわけで、しばらく更新していませんでしたが、新しい年が始まりました。かえるは1月中旬くらいまで忙しい状態が続くので、それまではあまり更新できないかもしれませんが、よろしくお願いします。

みなさんの年末年始はどうだったでしょうか。

かえるは年末にWindows7にUpDateしようとおもったら、なんだかおかしなファイルに阻まれて結局クリーンインストールすることになってしまいました。これでまず年を越してしまい、その後、5年使い続けた19インチの液晶モニターがそろそろ限界になってきたので正月早々、買い物に行き、21.5インチワイド液晶をかってさっくりと取り付けました。

OSを7にした影響で、今まで使用していたバックアップソフトが使えなくなるというアクシデントがありまして、かなり動かせるようになるのに時間がかかりました。なぜかWindows7なのにWindowsMEとして認識してしまっていたのです・・・・・・あり得ないな(汗)。とりあえず、メーカーのページに行ってみたらアカウントを持っている人はWindows7対応バージョンに無料アップデートができることがわかったので、やむなく購入し、いろいろステップを踏んで今に至っているわけです。・・・・・ながいな。

とりあえず、何となく軽くなったような感じで動いているわけですが、さすがに5年前の駅所とはかなり違っていますな。液晶モニタがほとんどプラグアンドプレイになってます。

画面が横長になって、なおかつ、OSが変わってしまっていまいち混乱気味なかえるですが、これからまた、昨年撮りためた花壇などの写真を整理しなければいけません。

それでは、皆様のこれからの1年も、よい年でありますように!

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »