« 雪うさぎ帽子! | トップページ | 謹賀新年 »

2009年12月26日 (土)

ハーブ引き上げ

さる23日。1ヶ月の間漬け込んでいたハーブを引き上げるときが来たので、漬け込んでいた瓶から取り出す前にいろいろと処理を始めました。

まず、容器の準備。

今回使用するのは、500mlと200mlの瓶。500mlのものには原液を保存し、200mlの物には希釈して使用する物を入れます。

Hungry5 容器が新品の場合、煮沸する前に、まず煮出しておきます。

今回使用する左の瓶も、新品なのでまず煮出しておきます。そのあと、軽く洗った後、本格的に煮沸消毒を行います。同じ鍋で行う場合は、必ず鍋を洗い、水を張り替えて行いましょう。

瓶、ふた共に煮沸が終わったら、食器乾燥機などで完全に乾かしておきます。

今回の瓶は、なかなか条件に合う物が見つからなかったため、理化学実験用の瓶を使用しているので耐熱性がありますが、耐熱性のないソーダガラスなどを使用するときは煮沸の際も注意が必要です。

Hungry6 んー、ピンぼけ(汗)

そののち、保存用の瓶は、完全に乾燥させた後、瓶本体のみオーブンで加熱滅菌処理を行います。この処理は、通常の耐熱ガラスなのでは絶対に行わないでください。今回はオートクレーブ使用可の物であるので加熱滅菌が可能ですが、それ以外の物は割れて大変危険です。これができない容器は、中に消毒用エタノールを入れてよく振りましょう。

完全に乾燥させた瓶を、上の写真のように口をアルミ箔で覆います。そののち、オーブンで150度1時間加熱します。

処理が終わった後、安全のためにすぐにオーブンを開けず、30分ほど扉を閉めたまま冷ました後、取り出して完全に冷まします。完全に冷めたのを確認できたら、漬け込んでいた容器から溶液だけをこの瓶に入れます。コーヒーフィルターなどを使用して行うと楽です。アルミ箔で円錐の形に作り、その中に濾紙を入れても良いです。

そして、入れたのが下の写真。

Hungry7

左側の大きな瓶には原液が、右側の瓶には20倍に希釈した物が入っています。今回はバラの量が多かったのか、かなり色が濃く、中身が入っている部分からは向こう側を見ることができません。

できあがったハンガリーウォーターの原液は、何となくペパーミントとローズマリーの香りが強い印象でしたが、20倍にに希釈して化粧水などに利用できる濃度になると、何となくさわやかな柑橘の香りも感じられます。早速使ってみましたが、私にはあってそうな感じ(>_<)b。ただ、しっとりとした感じではなくさっぱりとした感じなので、保湿がほしい人は、薬局で局方グリセリンを購入して添加するか、これを使った後にクリームを塗るかした良いでしょう。

何はともあれ、今回は初めてにしては上出来。希釈した物の香りもかなり好みです。母ドルは無骨ですけどね・・・・・

本日の衝動買い。

Baku

その見た目のかわいさについ買ってしまった、バクの姿のアイピロー。暖かくするタイプも良いけれど、冷やして使うのもなかなかオツです。

ブログランキング

|
|

« 雪うさぎ帽子! | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/47120831

この記事へのトラックバック一覧です: ハーブ引き上げ:

« 雪うさぎ帽子! | トップページ | 謹賀新年 »