« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

ハーブ引き上げ

さる23日。1ヶ月の間漬け込んでいたハーブを引き上げるときが来たので、漬け込んでいた瓶から取り出す前にいろいろと処理を始めました。

まず、容器の準備。

今回使用するのは、500mlと200mlの瓶。500mlのものには原液を保存し、200mlの物には希釈して使用する物を入れます。

Hungry5 容器が新品の場合、煮沸する前に、まず煮出しておきます。

今回使用する左の瓶も、新品なのでまず煮出しておきます。そのあと、軽く洗った後、本格的に煮沸消毒を行います。同じ鍋で行う場合は、必ず鍋を洗い、水を張り替えて行いましょう。

瓶、ふた共に煮沸が終わったら、食器乾燥機などで完全に乾かしておきます。

今回の瓶は、なかなか条件に合う物が見つからなかったため、理化学実験用の瓶を使用しているので耐熱性がありますが、耐熱性のないソーダガラスなどを使用するときは煮沸の際も注意が必要です。

Hungry6 んー、ピンぼけ(汗)

そののち、保存用の瓶は、完全に乾燥させた後、瓶本体のみオーブンで加熱滅菌処理を行います。この処理は、通常の耐熱ガラスなのでは絶対に行わないでください。今回はオートクレーブ使用可の物であるので加熱滅菌が可能ですが、それ以外の物は割れて大変危険です。これができない容器は、中に消毒用エタノールを入れてよく振りましょう。

完全に乾燥させた瓶を、上の写真のように口をアルミ箔で覆います。そののち、オーブンで150度1時間加熱します。

処理が終わった後、安全のためにすぐにオーブンを開けず、30分ほど扉を閉めたまま冷ました後、取り出して完全に冷まします。完全に冷めたのを確認できたら、漬け込んでいた容器から溶液だけをこの瓶に入れます。コーヒーフィルターなどを使用して行うと楽です。アルミ箔で円錐の形に作り、その中に濾紙を入れても良いです。

そして、入れたのが下の写真。

Hungry7

左側の大きな瓶には原液が、右側の瓶には20倍に希釈した物が入っています。今回はバラの量が多かったのか、かなり色が濃く、中身が入っている部分からは向こう側を見ることができません。

できあがったハンガリーウォーターの原液は、何となくペパーミントとローズマリーの香りが強い印象でしたが、20倍にに希釈して化粧水などに利用できる濃度になると、何となくさわやかな柑橘の香りも感じられます。早速使ってみましたが、私にはあってそうな感じ(>_<)b。ただ、しっとりとした感じではなくさっぱりとした感じなので、保湿がほしい人は、薬局で局方グリセリンを購入して添加するか、これを使った後にクリームを塗るかした良いでしょう。

何はともあれ、今回は初めてにしては上出来。希釈した物の香りもかなり好みです。母ドルは無骨ですけどね・・・・・

本日の衝動買い。

Baku

その見た目のかわいさについ買ってしまった、バクの姿のアイピロー。暖かくするタイプも良いけれど、冷やして使うのもなかなかオツです。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月20日 (日)

雪うさぎ帽子!

あんまり記事にしていませんが、ちょっとずつやっているFF11。13がでて14のベーターテスターの募集が始まっていますが、14はどうも11の焼き直しのような感じがしているかえるです。

そして、今年もゲーム内ではクリスマスイベントが始まりました。自分でお菓子を渡したりする必要がないので(お金が要らないので)、久しぶりに参加してきました。というのも、知り合いがかぶっていた雪うさぎの帽子がほしくなったのです。

雪うさぎの帽子は、どうやら今年のイベントで新規に追加されたアイテムの様子。NQ品とHQ品があり、イベントをこなすことでもらうことができます。というわけで、倉庫兼任のキャラと本体とで、雪うさぎ帽子を取ってきました。といっても、倉庫兼任の子はまだシーフ25が最高。HQ品を取得するには、ジュノ周辺のロランベリー耕地、バタリア丘陵、ソロムグ原野を駆け回らなければなりません。このレベルではどこでも間違いなく絡まれるので、何となく断念。とんずらがもらえるので絡まれても振り切れそうですが、絡まれと迷子のスキルは青天井なわたし。どうにも踏み切れません。

Ff11salvia1 ちなみに、私の倉庫兼セカンドキャラのヒュムでは全身がなかなか写らないんですねえ・・・・・。タルタルになれていると、SSを撮るのもちょっと考えなければいけません。

ちなみに頭にかぶっている雪うさぎの帽子は、今年新たに追加されたアイテムだそうです。

そうして、結局、倉庫兼任の子はNQだけになりましたが、二人とも雪うさぎ帽子をゲット。そうなると、次はサンタ服一式です。最近はほとんどイベントに参加していなかったかえるは、サンタ帽子しか持っていません。倉庫兼任の子にいたっては、昨年のこの時期にはまだ生まれていないので、クリスマスイベントは初めて。そのため、プレゼントを配るために必要なサンタ帽子は、ショップで購入しなければなりません。これを購入してプレゼントを配り、モーグリから頼まれたプレゼント配りを行い、フィールドで箱を壊して、やっとドリームローブ、ドリームローブ+1、ドリームベルを手に入れました。靴などもあるようなので、それはまた頑張ろうかと思いますが、もらえるお菓子がスタックできないのがかなりつらいですね。売れるものは売り、売れないものは片っぱしから捨てています。

でも、ドリームベル+1はPTを組まないと手に入れることができません。フレかLSの仲間をさそってやるしかないので、きっと誰かが付き合わされる羽目になるでしょう(笑)。

Ff11kaeru1

タルタルだと全身を写すのが楽です。やっとそろったHQサンタ服を着てHQベルを鳴らしてみました(>_<)b

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハンガリーウォーター原液の容器

さて。仕込んでから1カ月になるハンガリーウォーター。そろそろ中のハーブを引き上げる時期が来ました。漬け込んでいたガラス容器の外から見る分には、派手に花が咲いているということはないので、なんとかここまでは成功のようです。これを保存用の容器に移すのですが、その容器を探すのに苦労しました。

理想は、透明で細口、なおかつ耐熱ガラスでスクリューキャップ、パッキンなどが付いていて密閉ができるもの。

数年前は、家庭用でも耐熱ガラスの細口瓶で密閉容器というのは普通に手に入ったはずなのですが、なぜか今年はどこを探しても見当たりません。かつて我が家にあったこのような瓶は、パッキンの経年劣化により使い物にならなくなったので、捨ててしまったのです。不思議と容器の胴とほぼ同じ大きさの口、つまり広口ばかりなのです。結局、オートクレーブがかけられるような試薬ビンに行きつきました。

さて、さっきの条件を挙げた理由は以下の通りなのです。

1.透明瓶 内容物の状態が一目で確認できる

2.細口 空気と接触する部分をできるだけ少なくできる

3.耐熱ガラス製 煮沸消毒ができる

4.密閉容器 アルコールを使用しているため、それの蒸発を防ぎ、内容物の劣化を遅くする

というところです。

保存用の容器は、仮に原材料が日光に弱いものを使っていることを考慮に入れても、普通は日光がさんさんと当たる場所には置かない(冷暗所が普通)ので、内容物の状態が一目で確認できる透明瓶のほうが安全と判断しました。希釈したものを入れる容器も同じ仕様のものですが、化粧品をまとめておくためにポーチを使用し、その中に入れているので、日光の問題はほぼ無視してかまわないのです。

今回は、オートクレーブがかけられる仕様のものなので、これらの条件をすべて満たしています。そのため、ビン本体を、煮沸消毒ではなく、加熱滅菌処理が可能となり、保存には最適です。

あまり知られていませんが、市販されている消毒用アルコールは無菌ではないので、油断はできないのです。

次回は、処理から封入までをお送りする予定。「今回のハンガリーウォーター、手作りコスメじゃないか!なんでそこまでするの?」という人もいるかもしれません。ですが、素人が作るからこそ、安全・安心して使用するために、せめて素人でできる衛生管理はしっかりしようという考えです。

逆に、ペットボトルを使ってチンキを作ったり、あまつさえアルコール濃度の高い物質をペット樹脂の容器に平気で保存している人の考えがわからないのです。まあ、はじめから芳香蒸留水などを使ってかなり薄めた状態で作る人もいるようですけどね。

ちなみに、医薬品と医薬部外品(化粧品など)の製造工程における安全・衛生管理はほぼ同じレベル。プロでさえそうなのですから、素人でも原理をしっかり理解し、できる限りの衛生管理をするのは自分のためにも重要だと思いませんか?

*チンキとは

エチルアルコール(エタノール)、もしくはそれとの混和物に生薬を浸して成分を抽出したもの。消毒に用いるヨードチンキは、エチルアルコールにヨウ素化合物を溶かしこんだもの。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月19日 (土)

花芽かな?

庭植えにしている、今期はじめて植えた水仙は、開花時期が早いものからどんどんと目を出し、芽が出ていないものはほんの僅かになってきました。

今は、早咲きで日本の原生種である日本水仙と黄房水仙がかなりの勢いになっています。もう1種類植えている黄色い水仙・キャメロットはまだまだ小さいですね。やっぱりまだ寝ているのでしょうか(笑)。でも、パンジー・モルフォと寄せ植えにしている小型の水仙・テータテートはまだ芽すら出ていません。これを見ていると、発芽時期は開花時期によるんだろうか、などと考えてしまいます。

ところで、この元気な水仙たち、早咲きのおそらく日本水仙であろうものに、花芽らしいものを発見しました。水仙は芽が出ると、葉が平たく長い葉が扇状に広がるように展開します。そのちょうど真ん中あたりから、明らかに葉とは違うものを見つけたのです。

Suisen20093

これ、先端が少し膨らんでいるように見えませんか?それで何となく花芽のような感じがしたのです。日本水仙は、早いと1月に入ってすぐに咲き出します。周りのパンジーたちは寒さで成長がゆっくりで株が小さいのでまださびしいですが、水仙が咲くときっとにぎやかになるでしょう。

色合いも、今年初めて挑戦した黄色を共通に持たせた青と黄色のはっきりした組み合わせ。花芽の生長を楽しみに眺めつつ、寒さにめげずに育つ水仙に力強さを感じるのでした。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月13日 (日)

年賀状作成

年賀状を作りました。来年は寅年ですが、植えているチューリップが良い具合に写真に撮れたので、それを使用します。

何も干支を使わなければいけないと言うことはないですからねぇ。

毎週、植えている植物の成長記録と趣味をかねて撮っている写真、その中でなかなかベストショット!といえる物が撮れたのが先週。それに文字を入れて早速作成しました。でも、ここにのせるのはまた別です。

昔からある年賀状ですが、だんだんと出す数が減ってきたような気がします。喪中だの、連絡が取れなくなって住所が分からないだの・・・・・。あまりメールでお年賀と言うことはないので、あけおめメールなどは送らないのですが、年賀状を全廃した人もいます。なので、どんどん減ってきています。

年賀状を作るのも、意外と手間がかかるので、間に合わないこともあるのですが、やはり個人的な通信はハガキになるのかなどと思ったり。でも!結局1日に間に合わなくなることもしばしば!今年は間に合うように投函しなければ(^_^;)。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月12日 (土)

密閉瓶

あたたかいですねー。かえるはブルーベリーがちゃんと休眠からさめるだけの低温時間が確保できるかどうか不安です。

それはそうと。

来週あたり、仕込みをしていたハンガリーウォーターを漉して保存用の瓶に詰め替える予定なのですが、なかなか口が細い密閉瓶というのはないですね。かえる地方だけかもしれませんけど。

口の広いガラス瓶なら普通のホームセンターなどで手に入るのですが、中身を使う時を考えると、どうしても口が狭い瓶の方が良いんです。空気との接触面も狭くなりますし。アルコールが75%もあるので、プラスチック製の容器は使えないのです。

年末、あまり出歩きたくないのですが、大きなお店を探してみるほかなさそうな予感です。でも、それまでに中身を引き上げたいので、気分は複雑です。どこかに無いかなあ・・・・・。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 6日 (日)

ハンガリー2週間

およそ2週間前。ハンガリーウォーターを仕込みました。かなりの材料を自家栽培物で仕込んだわけですが、無事かびることなく2週間が経ちました。

Hungry4 時々瓶のふたを開けずによく振りながらくらい場所で保管。だんだんと色も変わってきました。

でも、中の材料が少し膨張したかな?という感じです。すべてドライハーブを使用しており、局方エタノールに漬け込んでいるのですが、局方エタノールに含まれる25%ほどの水分をハーブが吸い込んで戻ったかのようになっています。

材料がしっかりと入っているので、便をそのまま見ると茶色というかダークグリーンというか、複雑な色に見えるのですが、便を傾けてみると、溶液は琥珀色をしています。バラの花びら(ローズレッドペタル)など、ガリのようになってます!食べられませんけど(笑)。

あと2週間、瓶ごと振りながら保管し、濾紙で漉して密閉容器に移して保管します。それまで無事だと良いなー。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アイスチューリップ開花へ

今年はいろいろ植え付けましたが、いつもやるシクラメンだけは植え付けをしませんでした。でも、特殊な処理をして早く咲くようにしたアイスチューリップとアーリースマイルチューリップは植えたんですよ~。

Icetyulip20091 アイスチューリップは芽出しのポット苗の状態で届くのですが、最初は薄い黄土色をしており、植え付けて火に当たるところに置いていると、だんだんと葉っぱが緑色になり、植物っぽくなってきます。

そしてそれがどんどん大きくなると、普通に花が咲くのですが、ここのところの気温の高さで、一気につぼみがほころびました。

植えてあるのは3ポット(9球)で、すべてイル・デ・フランス。赤い花です。

今日の午前中に様子を見たときは、昨日と変わらずまだ堅いつぼみで咲きそうになかったのですが、午後になってあらびっくり。早い物が1輪咲きかけです。

ただし、花のサイズはかなり小さく、見た目にも「あれ?小さい?」という印象を受けるほどです。チューリップは、花が開いたり閉じたりしながら徐々に大きくなり、閉じなくなった時点で花は終了。これから開いたり閉じたりしながら大きくなっていくのだと思いますが、やはり植物は気温や日照に敏感な物です。気温が上がった半日の間にここまで来てしまいました。

昨シーズンは12月下旬がとても暖かく、年を越す前にすべての花が終わってしまい、がっかりしましたが、今年はどうなることでしょうか。あまり気温が上がらずにその時期らしい気温が良いなあ・・・・・(>_<)

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 5日 (土)

紅葉開始

寒いですねえ。午後からは雨が降るという予報になっているので、今日は早めに写真を撮りました。そうしたら大正解!午後には冷たい雨が降り出しました。

Blueberrytiff200912 寒くなったり暖かくなったりと大変ですが、ようやく私のブルーベリーが紅葉し始めました。

日当たりの良いところにある物から赤くなるんですね。おまけに、日当たりの良い葉ほど綺麗に赤くなる気がします。

今年は土を入れ替えて根鉢を崩しているので、かなり葉っぱが落ちてしまいましたが、何とか生き残ったようです。写真はティフブルーですが、隣のホームベルも、1枚か2枚、赤くなり出している物があります。先代のホームベルも、ティフブルーに比べて少し紅葉開始が遅かったです。

ブルーベリーって、本当に綺麗な赤に染まりますよね。葉だけでなく、枝も赤っぽく染まります。この冬の剪定は、は土替えの影響が残っているため、強めにする予定でいますが、気象庁の長期予報によると、今年は暖冬とのこと。

花芽がしっかり準備されているのですが、低温時間が足りるかどうか、かなり心配です。12月になっても最高気温が15度ある日があるなど、かなり暖かいですからね。ちゃんと低温にあたってくれないと、休眠からきちんとさめず、来期の花にも影響します。

自然があいてではどうにもなりませんから、せめてちゃんと低温要求時間が満たされることを祈ることにします。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »