« エミューの生どら焼き | トップページ | スイセン発芽 »

2009年11月 8日 (日)

パンジー咲き始め

暖かかったり寒かったり、気温の変動が激しい昨今ですが、庭に植えたパンジーが咲き出しました。

植えたパンジーは2種類ですが、色幅があってなかなか楽しいのです。球根はまだ全然出てきませんけど。

Panzy20093 まずは、パンジーのモルフォです。

カタログの説明だと、モルフォ蝶がイメージだとか。モルフォ蝶って、ぱっと見た目は青い蝶ですが、角度を変えると少しずつ色が違って見える綺麗な蝶です。残念ながら標本でしか見たことはありませんけど。

中輪種のモルフォはいろ幅があり、左の写真が一番典型的な姿では無かろうかと。上弁2枚が青く、下が黄色で黒いひげが入ります。

まだ咲いていない株もありますが、もっとカタログのような咲き方をする物が出てくるかもしれません。

Panzy20094

そしてこれは同じモルフォでも、色が薄めに出た物です。綺麗な青と黄色の複色花というのは変わりありませんが、株によって咲き方が違うので、遺伝的な物でしょう。

Panzy20095 そして。

今度は2種類のうちのもう1種類、虹色スミレ・ブリリアントリカ。

これは少し赤みを帯びた青(赤紫)に黄色という色合いで、モルフォとは青の具合が少し違います。黄色が入っているところが共通ですが、これも色幅があって、1品種でもかなり変化に富んだ花壇になりそうです。

この花、結構カタログに似ていたので撮ってみました。もう少し青い部分が広くても良いかなと言うところですが、これはこれでなかなかかわいいのです。

Panzy20096 そして、この虹色スミレのシリーズも、モルフォ同様にかなり株によっていろ幅が出ます。

上の写真の個体は黄色が強くでていますが、これはほとんど黄色の発色が無く、青紫という感じの強い紫色の花です。

花壇に植え付けたパンジーはまだ株が成長していないのでとても隙間が大きく見えて寂しいのですが、植えた株がものすごく株張りの良い物なので、今の時期を我慢すれば、最盛期にはビオラの青系とスイセンの黄色系で華やかな花壇になるはず!

花壇に植えた物は、虹色スミレの方が数が多いため、虹色スミレの中にモルフォを散らすという形にしています。まだ株が大きくなっていませんが、咲き始めた花を見ていると何となくリズミカル♪同じ品種でも色幅があるからでしょう。

パンジー・スミレの仲間の色素は、気温が低いほどはっきり強く発色するため、寒くなるともっと色が濃くなるでしょう。これからの生長を楽しみにして、スイセンの芽が出てくるのを待つことにします。

ブログランキング

|
|

« エミューの生どら焼き | トップページ | スイセン発芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/46709221

この記事へのトラックバック一覧です: パンジー咲き始め:

« エミューの生どら焼き | トップページ | スイセン発芽 »