« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月23日 (月)

ハンガリーウォーター仕込み

かえるの植えているハーブがかなり保存されているので、気まぐれでハンガリーウォーターを仕込んでみることにしました。

ハンガリーウォーターといえば、ハンガリー女王の話が有名ですね。70を超えてからポーランドの若い王に求婚されたという。

それでは作ってみましょう。今回はすべてドライハーブを使用します。今回はできあがりがアルコールに漬け込むチンキ剤となるので、その後使用する場合は必ず希釈します

Hungry1 材料は上段左から

ローズマリー(自家栽培) 10g

オレンジピール 10g

レモンピール 10g

下段左から

ペパーミント(自家栽培) 10g

ローズレッドペタル(自家栽培 Rosa Gallica officinalis) 10g

局方消毒用エタノール 500ml(アルコール度数にして75度前後)

ローズレッドペタルは半分でも。それでは容器の方です。

Hungry2 今回は、アルコールを使用して造るだめ、ガラスの密閉容器を使用します。

手頃な大きさの物がなかったため、新たに購入しました。火にかけたり熱い物を入れたりするわけではないので、耐熱ガラスである必要はありません。

ただし、新品を使用する場合、必ずパッキンと容器自体を煮出してから使用してください。そうしないと、わずかに残った製造過程で使用している様々な薬品や、物質が、使用中に溶出してしまいます。ガラスは化合物ではなくて混合物ですからね。煮沸消毒にもなるので、行っておいた方がより安全です。

材料のハーブとアルコールですが、ハーブはハーブティ葉の物で全く問題はありませんが、クラフト用として売られている物は避けましょう。アルコールについては、60度以上になるウォッカやジンで問題はありませんが、お酒を飲まない人だと、余らせたときに使い道がないので、局方エタノール(俗に言う消毒用アルコール。今出回っている、手にすり込むタイプの物は添加物があるため使用できません。)が一番手に入りやすいでしょう。

新型インフルエンザの影響で店頭にない場合、調剤部門を持っている店舗の場合はそちらで売ってくれる場合もあります。お酒と違って、子供のお使いでも買える物なので、一番購入しやすいです。無水アルコールである必要はありません(無水アルコールと消毒用のエタノールは全くの別のもの)。

作り方は至って簡単。

1.容器を煮出して使えるようにしておく。

2.ハーブ、アルコールなどの材料を準備して計量する。

3.1.で準備した容器に材料を入れなじませるように振ったあと、日光の当たらない涼しい場所で1ヶ月ほど寝かせる。

4.中のハーブを濾紙などで漉し取り、溶液のみを保存。チンキ剤の完成

5.10倍程度まで希釈し、化粧水などに使用する。

そして、仕込みが終わったのが下の写真。

Hungry3

今回、ローズレッドペタルの量が多かったのでかなり赤っぽく見えますが、30分ほどでアルコールに成分の溶出が始まります。このまま時々振りながら、1月ほど我慢。チンキ剤の完成は12月の今頃になる見込み。化粧水として使用するつもりですが、混合肌の私はひょっとしたら希釈した後に局方グリセリンを少量添加するかもしれません。

今回はすべてドライハーブを使用しましたが、エッセンシャルオイルと芳香蒸留水(フローラルウォーター)を使う方法もあるようですね。お手軽ですが、柑橘のエッセンシャルオイルを使用しているので朝の使用はしないほうが良いでしょう。ハーブから作った場合は問題ないほどの濃度でしか抽出されない上に希釈するので、朝使用しても問題なし!

1ヶ月後が楽しみだー(>_<)b

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月22日 (日)

今頃シュート?

ふー。寒いです。寒暖の差が激しくて風邪を引きそうなかえるです。皆様はいかがお過ごしですか~

かえるは職場の仕事用PCが代替機にかわって目が痛く、前頭の頭痛を誘発して泣きそうです。

Ruzberry20092 ところで、私の赤ラズベリー、インディアンサマーです。台風の時にかなり塩害を受け、あれから悪くならなかったので一安心だったのですが、そろそろ寒くなったので休眠かな?と思っていた矢先。

雑草取りをしていたら、株元になにやら小さな雑草とは違う葉っぱを発見。

親株はとっても元気!とはまあ、言い難い状態で、でも、新芽の準備をしっかりしているのですが・・・・・ラズベリーが新しくシュートを発生させるのは春だったはず!故に、新芽のはずがない!と思ってみていたのですが、ずっとよってみてみると、どうも怪しいのですよ。

Ruzberry20093 上の写真にも写り込んでいますが、その一つをアップにしてみたら、なんとまあ(^_^;)

株元から若干離れた場所から顔を出しているこれは、ラズベリーではないですか。3枚一組の小さな葉は親株の葉の特徴そっくりです。

事前の学習では、シュートが発生するのは春ということで、この冬は成城に休眠に入ることを祈っていたのですが、なぜか今になってこのように芽が出てきました。これ以外にあと1つ、顔をのぞかせています。

不思議なことに、新しく顔をのぞかせているのは赤ラズベリーのインディアンサマーのみで、黄ラズベリーのジョイゴールドとブラックベリーには発生していません。

たしかに、今年は暖かかったり寒かったりと変な気候ですが、今のこの時期に映えてきて良いのでしょうか。それとも、これが正常なのかな?正直なところ、初めて植えるキイチゴ類なので勝手が全く分かりません。なので、とりあえずこのまま様子を見ます。このまま冬越しして春に萌芽したらラッキーというところでしょうか。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月19日 (木)

スイセン発芽

さっむいです(>_<)

かえる地方、とても冷え冷えとしていますが、なぜかハイビスカスの花がまだ咲いています。

Suisen20092 植え付けたスイセンは、早い物が土の中から顔を出し始めました。土曜日、最初の1つの発芽を確認してから、あれよあれよという間に全部で6個の発芽を確認。

花の咲く時期と、芽が出た場所を加えて考慮すると、おそらく、一番早起きだったのは、一番最初に花が咲き出す日本スイセン。写真は日曜の物ですが、今はかなり葉が展開していて、やっぱりスイセンだなーという感じがするようになってきました。

スイセンってユリ科ではなくてヒガンバナ科なんですよね。なんか似てないと思うのは私だけでしょうか。ちなみに、周りの黒いトゲのある物体は、猫よけのグッズ。パンジーたちがまだ茂ってくれないため、それまでの間の猫対策です。

パンジーはまだ株はあまり大きくないですが、花が咲き始めました。青と黄色がまぶしいですが、まだ株が茂っていないので、花壇全景の写真を撮ってもとても寂しいです(>_<)。

早ければ、年が変わる頃から咲き始める日本スイセン。発芽までは何とかうまくいきました。今度はかわいい花を見せてほしい物です。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 8日 (日)

パンジー咲き始め

暖かかったり寒かったり、気温の変動が激しい昨今ですが、庭に植えたパンジーが咲き出しました。

植えたパンジーは2種類ですが、色幅があってなかなか楽しいのです。球根はまだ全然出てきませんけど。

Panzy20093 まずは、パンジーのモルフォです。

カタログの説明だと、モルフォ蝶がイメージだとか。モルフォ蝶って、ぱっと見た目は青い蝶ですが、角度を変えると少しずつ色が違って見える綺麗な蝶です。残念ながら標本でしか見たことはありませんけど。

中輪種のモルフォはいろ幅があり、左の写真が一番典型的な姿では無かろうかと。上弁2枚が青く、下が黄色で黒いひげが入ります。

まだ咲いていない株もありますが、もっとカタログのような咲き方をする物が出てくるかもしれません。

Panzy20094

そしてこれは同じモルフォでも、色が薄めに出た物です。綺麗な青と黄色の複色花というのは変わりありませんが、株によって咲き方が違うので、遺伝的な物でしょう。

Panzy20095 そして。

今度は2種類のうちのもう1種類、虹色スミレ・ブリリアントリカ。

これは少し赤みを帯びた青(赤紫)に黄色という色合いで、モルフォとは青の具合が少し違います。黄色が入っているところが共通ですが、これも色幅があって、1品種でもかなり変化に富んだ花壇になりそうです。

この花、結構カタログに似ていたので撮ってみました。もう少し青い部分が広くても良いかなと言うところですが、これはこれでなかなかかわいいのです。

Panzy20096 そして、この虹色スミレのシリーズも、モルフォ同様にかなり株によっていろ幅が出ます。

上の写真の個体は黄色が強くでていますが、これはほとんど黄色の発色が無く、青紫という感じの強い紫色の花です。

花壇に植え付けたパンジーはまだ株が成長していないのでとても隙間が大きく見えて寂しいのですが、植えた株がものすごく株張りの良い物なので、今の時期を我慢すれば、最盛期にはビオラの青系とスイセンの黄色系で華やかな花壇になるはず!

花壇に植えた物は、虹色スミレの方が数が多いため、虹色スミレの中にモルフォを散らすという形にしています。まだ株が大きくなっていませんが、咲き始めた花を見ていると何となくリズミカル♪同じ品種でも色幅があるからでしょう。

パンジー・スミレの仲間の色素は、気温が低いほどはっきり強く発色するため、寒くなるともっと色が濃くなるでしょう。これからの生長を楽しみにして、スイセンの芽が出てくるのを待つことにします。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 6日 (金)

エミューの生どら焼き

東京農業大学の文化祭(収穫祭)に遊びに行ったのは先月末のこと。そして、厚木キャンパスでは噂のエミューの生どら焼きが手に入らないことを知ったのも、先月末。

そして、たどってやっと今日、対面しました。「エミューの生どら焼き」。

Emudora1 大きさは至って普通。

クール便でも冷凍便で届いた、噂のエミューの生どら焼きです。10個で3150円でそれに送料がプラスされます。単純に1個単価x10なんですね!パッケージはなかなか良いじゃないですか。

Emudora2

そして袋から取り出すと・・・・・見た目も至って普通のどら焼き。真ん中に、でーんと「東京農大」と焼き印が押してあります。普通に美味しそうです。

Emudora3 さて、ここまで普通のどら焼きでしたが、中はどうなっているのかと割ってみることに。

なんと、普通のあんこではなく、ほんのりとピンク色に染まった小豆入りのクリームが!

普通のどら焼きが一気に「特徴のあるどら焼き」に変化しましたね。

この後、しっかり味わわせていただきました。皮?は普通にどら焼きの皮で甘さもあり、あんもしっとりと舌触りのなめらかな美味しい小豆あん(クリーム)。あんはさながら、舌触りがものすごくなめらかなアイスクリームのようです。もしくは堅めにホイップした生クリーム?普通のどら焼きと違うと思ったのが、塩気があり、嫌みのない甘さの皮とあんをしっかりとまとめて締めているところ。

これはなかなか美味しい!

どら焼きというと和菓子という感じですが、ケーキと言っても良いかもしれません。つい、もう1個食べたいなーなどと思ってしまいましたが、美味しく感じている間にストップ。今度は美味しいハーブティかなにかと一緒に食べたいな~(>_<)b

販売は東京農業大学バイオインダストリという会社。農大のベンチャーのようで、製造は別です。大学でこういう企画とはまたおもしろい。しかも美味しいとは企画力もなかなかですね。これはがんばって続けてほしいな。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 1日 (日)

花壇花苗到着

ピンポーン♪玄関のインターホンが鳴って届いたのは・・・・・・

Sgarden20091 以前から待っていた虹色スミレです。

これでやっと花壇の植え込みが終了します。今年は、青と黄色。久しぶりにパンジーとスイセンというオーソドックスな植物に帰ってきました。

パンジーのモルフォが先に到着してしまい、切れそうなほど首を長くして待っておりました(>_<)

4号ポットの虹色スミレですが、ちょっと小さめかな?というくらいのサイズ。でも、少し蕾が立ち上がっている物もあり、元気そう。

早速、スペースを空けておいた花壇に植え込みました。

Sgarden20092_2 そして、植え付けたのがこちら。

モルフォと虹色スミレで植え付けた時期が違うので、株の大きさが一目瞭然です。小さくて6株ある方が虹色スミレ、少し大きくて4株あるのがモルフォ。

油断すると野良猫・飼い猫に掘り返されてしまうので、猫よけのネットを敷いています。猫にも首輪とリードを付けてほしいと思うかえるです(T_T)。

周囲の10株がパンジー、真ん中の1列がスイセンです。パンジーは虹色スミレ、モルフォ共に青紫系と黄色の複色花で、スイセンは黄色か白の単色もしくは黄色と白の複色花。一応、黄色を軸に、はっきりした色合いでまとめたつもりです。種類の違うパンジーは、種類ごとにまとめず、散らして植えています。

植え付けてちょうど1週間になるモルフォには、蕾が立ち上がり始めている物もあり、何とか生育しているようです。苗としてはちょっと小さく見える虹色スミレも、来週の今頃にはモルフォのようになるのでしょうか。植え付けたばかりなので、とりあえず様子見です。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »