« ラズベリーって? | トップページ | 秋に虫がいっぱい・・・・・? »

2009年9月24日 (木)

花の咲かない木は

シルバーウィークが終わりましたが、私は今日、ちょうど定期通院の日だったのでお休みをもらっております。我ながら良い度胸だと思いますが、理由が理由なので仕方がありません(ということにしておく)。連休明けだからなのか、病院がやたら込んでいて、マスクをしている人が目立ちます・・・・・。

この連休でブラックベリーとラズベリーが加わり、バラ科人口が急激に増加した我が家の庭ですが、今度は黄実種のラズベリーがほしくなってしまいました。困った物です。

現在、我が家の庭にはほとんどが私の管理下にある植木鉢で、バラ3株(すべて原種に近いオールド)、ローズマリー(匍匐性2品種)、その他ハーブ3株(コモンタイム、立ち性ローズマリーのトスカナブルー、オレガノ)、花木(西洋アジサイ)、ラビットアイ系ブルーベリー2株(ホームベル、ティフブルー)がいるわけですが、今年はアジサイが花を見せてくれませんでした。

というのも、このアジサイ(西洋種と日本種のハイブリッド)、昨年の休眠期に窮屈になった植木鉢を何とかするために株分けをして根洗をしたのです。どうやら、このことがかなりの負担になり、花芽を付けることができなかった物と思われます。地植えのアジサイはほとんど放任でも育っているような強健な植物ですが、いくら小型とはいえ植木鉢ではかなり辛いことを痛感しました。私の感覚では、このアジサイよりバラの方が素直かも・・・・・。花木なのに花を付けてくれない株は(以下略)、ということで、ちょっと引退させることを考えております。

そこで話はラズベリーに戻り、この引退させた分で1株だったらお迎えしても良いかな?などと思っています。初めての植物なのに良い度胸です、私。

そして今一番真剣に購入を検討しているのが、土壌pH測定用のpHメーターです。我が家には前述の通り、ブルーベリーという酸性土壌の好きな植物があります。これが意外と手を抜くとクロロシスが発生し、土壌を酸性に補正する必要があります。ラビットアイ系統のブルーベリーは、ハイブッシュ系のものよりも土壌のpH適応範囲が広いとはいえ、管理する上であった方がよいかと思うのです。定期的に測定していれば、クロロシスなどという生理傷害がでる前に、硫安を施用することができますから。

秋の園芸シーズン、株分けでエネルギーを使い切って花の咲かなかったアジサイをどうするか、黄実種のラズベリーを迎えるのか、pHメーターを購入するのか、迷っているかえるなのです。

ブログランキング

|
|

« ラズベリーって? | トップページ | 秋に虫がいっぱい・・・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/46300399

この記事へのトラックバック一覧です: 花の咲かない木は:

« ラズベリーって? | トップページ | 秋に虫がいっぱい・・・・・? »