« ガリカ1番花 | トップページ | 菜園・カラーピーマン1番花 »

2009年5月16日 (土)

菜園・トマト追肥

今年の花壇は、気に入った花が無かったので菜園になっていますが、ここのところ、トマトとキュウリの成長が著しく、仮支柱だった物を本支柱に作り替えました。とはいっても、使っていない物干し台を持ってきてそれに物干し竿を渡して紐で固定し、そこにイボ竹を立てて風に倒れないように縛り付けただけの物ですけど。

Tomato3 大玉トマトの麗夏、1番果がピンポン球くらいの大きさに育ち、2番果がウズラの卵よりも少し小さいくらいまでになってきました。

この時期が、第1回の追肥の時期だそうで、これ以後は全体の生長を見つつ、30日前後置いて追肥をするそうです。

あらかじめ買っておいたリン酸分が多く窒素分の少ない肥料を、株元から少し離して溝を掘って埋めるように与えました。この第1段の花房は花が後3個付いているのですが、大きく育てるのは最初なので2個のみにし、あとは摘果してしまう予定です。

トマトは草丈もずいぶん伸びていて、第2段の花房が今は盛り。支柱も180cmのイボ竹に交換したため、麻紐を使って2回目の誘引を行いました。ずいぶん大きくなった物です。油断すると脇芽が大きく育ってしまうため、朝・夕の様子見は欠かせませんが、生長が楽しみなのです。

そして、キュウリもどんどん茎が伸びています。すでに第8節ほどまで伸びており、一昨日風が強かったせいか倒れ気味だったので、こちらにも支柱を立てました。

キュウリはトマトのように1本立てではなく、5節目ほどまでの脇芽は摘みますがその後の子蔓・孫蔓に多く着果するためその後の脇芽は放任するそうです。なので、キュウリ用の支柱は主軸の1本とそのほかの2本の3本用意。3本の間を麻紐で水平につないでおきました。こちらも、伸び始めている主軸を支柱に麻紐で誘引しておきました。

キュウリは雄花と雌花がありますが、単為結果性なので、受粉しなくても実がつくそうです(初めて知りました)。なんだか、働き蜂やアブラムシみたいです(単為生殖)。

かわいいキュウリの付いた雌花がたのしみなかえるです。

ブログランキング

|
|

« ガリカ1番花 | トップページ | 菜園・カラーピーマン1番花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/45027949

この記事へのトラックバック一覧です: 菜園・トマト追肥:

« ガリカ1番花 | トップページ | 菜園・カラーピーマン1番花 »