« 菜園・トマト追肥 | トップページ | カニナ、ケンティフォリア1番花 »

2009年5月20日 (水)

菜園・カラーピーマン1番花

先週の嵐のような風をやり過ごした菜園の野菜達、元気に育っております。

今朝も、ばらのチュレンジバチの幼虫を駆除し、やたら発生しているアブラムシをむしゃむしゃと食べているテントウムシの幼虫を応援してブルーベリーの様子を見、菜園の状態を観察。

Piman1 そして、そろそろ咲くかと思っていたカラーピーマンのソニアレッド。とうとう1番花が咲きました。意外と白くて小さくて地味な花でした。花径は3cmも無いかもしれません。これも、嵐になりそうな予感がしたときに支柱を立てて縛っておいたものなのですが、株のてっぺんにたくさんの蕾らしきものが見えたんですね。カラーピーマンは1番花は結実させずに摘んでしまうそうです。こうすることで株が充実し、以後の実が大きくなるそうです。なので、明日にはこの花は摘んでしまいます。いやいや、楽しみだ。

風にあおられまくっていたルッコラは何とか持ちこたえたようで、順調に育ってはいますが、どうもナメクジくんたちに夜の間に食べられているようで、かなり穴だらけ(汗)。まあ、薬使ってないからしょうがないか。そのうち洗ってサラダにして食べよう。

やっと伸び出した四葉(すうよう)系キュウリ・味さんご、巻きひげを支柱に触れるようにしておいたところ、うまい具合に巻き付いてくれて成長をしています。この前の風で育った葉っぱが1枚葉柄から折れてしまいましたが、それ以外の被害はありません。もう脇芽の摘心もしないので、後は株の力が付いて雌花が着くのを待つのみです。だけど、これ、追肥っているのだろうか。

大玉トマト・麗夏は第3段の花房が展開を始めました。2段、3段の花房の下には他の脇芽とは比べものにならないほど大きな脇芽が!たしかに、養分を蓄積させて花を咲かせて実を付ける花房の下は特別に大きいです。ハサミで切るのではなく手で折りとるのですが、そのときに、ぽきっと音がしました。

そのほか、バジル、パセリ、シソは植え付けたときよりも1周り大きく成長しています。すでに1回目の摘心をしているシソとバジルは脇芽が大きくなり始めました。最初からあった葉はお化けのように大きくなっております。この様子ではしばらく追肥は必要なさそうです。パセリも少しずつ収穫を始めました。

今年は下段に植える植物を、花ではなく野菜にしましたが、野菜を育てるものもなかなか楽しいものです。いや、素人が遊びで植える分には気楽ですので(^_^;)。

ブログランキング

|
|

« 菜園・トマト追肥 | トップページ | カニナ、ケンティフォリア1番花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/45075336

この記事へのトラックバック一覧です: 菜園・カラーピーマン1番花:

« 菜園・トマト追肥 | トップページ | カニナ、ケンティフォリア1番花 »