« ガリカ1番花 | トップページ | おとぼけアマリリス »

2009年5月10日 (日)

菜園

かえる地方、2日続いての雨で、トマトが水っぽくなりそうな予感。でも、トマトもほかの野菜も、一回り大きくなりました。

Rukkora2

こちら、この夏の菜園で唯一種から育てているルッコラ。連休明けに発芽し、どんどん大きくなっています。早い物では、小さいなりに本葉の展開が始まりました。小さくても、スーパーで見かける姿をしているんですよねー。種まきから収穫まで3ヶ月かかるパセリなどに比べ、ずいぶん生育が早いという印象があります。間引き菜が食卓に上るのも、そう遠くないかもしれません。

Tomato2

こちらは大玉トマトの「麗夏」。水っぽくなってしまいそうな予感ですが、生育は順調で、第2段の花房が付いています。写真は1番花が終わってついた実です。ミニトマトを一回り小さくしたくらいのサイズまで育っています。ちなみに、実の表面にくっついているのは、トマトの花の枯れたもの。

花房の根本を軽くたたいて振動を与えているので、受粉率は何もしないよりは高いかと思いますが、そういっている間に2番花が終わって実になりそうです。トマトはこうやって行う自家受粉で実がつくんですね。トマトは、基本が主軸となる主枝の1本仕立てが普通のようで、出てくる脇芽はすべて掻き取ってしまうそうです。なので、わたしのトマトも、すでに3本ほどの脇芽を掻き取りました。結構脇芽って大きいんですよ。

3つめくらいの結実が確認できたら、それ以下の花は摘んでしまうのが普通のようなので、それまで様子見です。

トマト、ルッコラを紹介しましたが、カラーピーマンのソニアレッド、キュウリの味さんご、スイートバジル、紫蘇も順調です。2株植えたパセリだけ、なぜか1株の根の張りが悪く、1週間でダウンしました。悔しいので、近くのホームセンターで2株買ってきて新たに植え直しましたけど、ホームセンターの2株=園芸店の1株って・・・・・かなりショック。次は今別の鉢で育てている実生のパセリの本葉が数枚展開したところで、パセリの育苗を開始します。

今日は、紫蘇とバジルの第1回の摘心をしました。これからは様子を見ながらのんびりお世話をします(*^_^*)。

ブログランキング

|
|

« ガリカ1番花 | トップページ | おとぼけアマリリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/44965562

この記事へのトラックバック一覧です: 菜園:

« ガリカ1番花 | トップページ | おとぼけアマリリス »