« 二十四節気 白露 | トップページ | 黒点病 »

2008年9月13日 (土)

サンパチエンス再び

8月中旬に切り戻しをしたサンパチエンス。そろそろ秋の気配がしている今、また咲き出しました。

Summergarden200817_2 なんだかでかいぞ?

ごらんのとおり、見事な復活ぶりを披露してくれました。なんだか、5月に植え付けたのに、まだまだ咲きそうです。

しかし、長く楽しめるのはよいのですが、困ったことになりました。このサンパチエンスが終わった後、レンゲ草の種をまく予定なのです。そのまき時が9月下旬から10月上旬。サンパチエンスを引退させ、土を作っていると、そろそろ引退させなければならないのです。かえる地方は暖かいので、もう少し遅くなっても良いかなとも思いますが、サンパチエンスは霜が降りるまで咲き続けたという話もあるので、少々不安です。

サンパチエンスは切り戻し後、およそ1ヶ月で花を付け始めるとありましたが、確かにそうでした。株の大きさも、切り戻し前より大きくなっているような気がします。サンパチエンスは病気や害虫の被害がほとんど無い代わりに水を非常に要求するので水やりが大変。水道代が前年よりも高くなりました。

手間はかかりませんが、水やりが大変なので、来年はどうしようかと思うところです。ですが、今の株はまだまだ楽しませてくれそうです。

ブログランキング

|
|

« 二十四節気 白露 | トップページ | 黒点病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/42474217

この記事へのトラックバック一覧です: サンパチエンス再び:

« 二十四節気 白露 | トップページ | 黒点病 »