« 株分けハーブ | トップページ | 二十四節気 穀雨 »

2008年4月20日 (日)

パセリ種まき

Pasery1 これ、なーんだっ

封を切ってしまってますが、パセリの種です。この袋の中に、小さな茶色の種が入っていました。・・・・・見ればわかりますね。

今回は、パセリを実生(みしょう)で挑戦です。

パセリを植えるときは、いつも苗を買ってきていたのですが、「実生でも簡単だぞ~。わんさか芽が出て間引くのが大変だぞ~」と、とある筋から聞いたのでやってみたくなったのです。成功するかどうかは別にして。

パセリの種をまくわけですが、品種は縮れ葉のモスカールドで「瀬戸パラマウント」。パセリはセリ科の植物で直根性。一般的にセリ科の多くは移植を嫌うのですが、パセリも同じです。パセリの種子は好好性種子なので、光が当たらないと発芽しません。なので、覆土はごく軽く。発芽まで少々時間がかかるようです。

Pasery2

種まき直後です。パセリの葉はアゲハチョウの大好物なので、発芽した後にベタがけシートをかぶせてしまいます。そのため、取っ手付きのバスケット型植木鉢にまきました。

今回まいたのは、購入した種の半分ほどです。今回芽が出なかったり、うまくいって収穫できたらまた蒔くことにしています。

早く芽、でないかな?

ちなみに、昨日株分けしたオレガノとタイム、それなりに元気です。枯れていないところを見ると、根は生きていて水が上がっていると言うことでしょう。1週間ほど様子を見て、枯れないようなら少し収穫をすることにしています。

ブログランキング

|
|

« 株分けハーブ | トップページ | 二十四節気 穀雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/40935631

この記事へのトラックバック一覧です: パセリ種まき:

« 株分けハーブ | トップページ | 二十四節気 穀雨 »