« ラナンキュラスの花もち | トップページ | ティフブルー、開花 »

2008年4月12日 (土)

花壇カレンジュラ、撤収

今日はもっとスカッと晴れることを予想していたのですが、どうもいまいちですな。曇り空の割に気温が高いです。

今日は、かねてより予定していたとおり、花壇植えのカレンジュラの撤収作業および花壇の整備を行いました。撤収前に、切り花にできそうな良好な状態の花を茎を長く残して切り取りました。これ、今は玄関に花瓶に挿して飾られています。

そうした上で、撤収作業を開始。18株植えてあるカレンジュラ、思いの外根の張りがよく、なかなか抜けない!6株ほど、抜こうと思ったら地上部が切れて根が花壇に残ってしまい、スコップで掘り上げることになってしまいました。何とか18株すべてを抜き取った後は、花壇の土の中に残った根の処理。土の中から根を掻き出しては用意したゴミ袋に入れるという地道な作業です。正直、花壇の土をすべてふるいにかけたい気分です!細かくなって土に残った根は手で集めるにはめんどくさすぎるのですよ・・・・・。それでも何とかできる限りの根っこを集めて次の植物のための花壇整備。

粒状に加工された苦土石灰を土にまき、よく混ぜ込んだ後、用意しておいた腐葉土60リットルを投入します。この腐葉土は、近くのホームセンターで購入したものですが、「完熟」とうたっている割には「どうだろう?」という代物なので、堆肥などを投入する前に入れておき、住み着いているミミズたちに食べてもらおうという計画です。こんな人工花壇にも、どこからともなくミミズがやってきて住み着いているので、もう殺虫剤を散布するわけにはいきません!元々各種殺虫剤などを使用しない方針なので関係ないですが。

投入した腐葉土を元々の土に混ぜ込んで、猫よけのグッズをかぶせて完了。結局、カレンジュラの撤収から整備完了まで半日かかりました。後は苦土石灰が土壌を中和し、腐葉土の熟成が進むまで1週間ほど待つばかり。来週、土壌の状態を確認して、この土を一部使って株分けです。

Oregano12

上は株分け予定のオレガノです。このところ急に大きくなりました。うまくいけば来週あたり株分けです。

Biorayoseue6 玄関先においてあるビオラたちは春爛漫。

何かといたずらをされるビオラとチューリップの寄せ植えですが、生き残った2株が除去した株があったスペースに進入してきております。いやあ、なかなかたくましいです。

ちなみに、この写真は反対側からの写真。チューリップが伸びてきていい感じになっていますが、チューリップの開花はもう少し後になりそうです。・・・・・咲いたとたんに持っていかれなきゃいいけど(T_T)

我が家では花壇に培養土は使用せず、腐葉土や堆肥などをブレンドして土を作っていますが、毎度毎度、結構な運動量になります。しかし、これが次の花を健康に育ててきれいに咲かせるために必要だと思うと、そしてきれいに咲いてくれたときの姿を見ると、その手間や運動量も何のその!という感じになりますね。当日は体中がぎしぎし言いますけどか(泣)。

ブログランキング

|
|

« ラナンキュラスの花もち | トップページ | ティフブルー、開花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/40865010

この記事へのトラックバック一覧です: 花壇カレンジュラ、撤収:

« ラナンキュラスの花もち | トップページ | ティフブルー、開花 »