« 花房 | トップページ | ローズマリー復活 »

2008年3月16日 (日)

花たち

昨年の晩秋に植え付けたカレンジュラがそろそろ最盛期を迎えようとしています。

Karenzyura2

カレンジュラにモンシロチョウがきているところに出くわしたのですが、残念なことにカメラを持っていなくて写真がありません。強烈な雨が降った後だったので、雨で痛んだ花を摘んでしまい寂しくなっていますが、なんとなく「お花畑」なアングルで撮ってみました。

この子たちにはあと1ヶ月くらいがんばってもらい、4月の下旬には引退の予定です。その後、2週間ほどかけて花壇の土を整備し、新しく届く苗の植え付けに備えます。今まで聞くかの植物が続いているため、次はナス科とフウロウソウ科の植物を植え、キク科から離れることになっています。キク科は連作を嫌いますからね(ナス科もそうですが)。

Ranankyurasu5 そして、こちらは蕾がつかなくてやきもきしていたラナンキュラス。

今日、一番大きな植木鉢(7号相当)に植えていたものに2つ蕾がついているのを発見!

この写真のど真ん中に移っているのが蕾です。・・・・・なんか、球根と同じくらいの大きさな気がするよ?

ラナンキュラス、いろいろ出ている園芸本を見ると、5号鉢に3球植えなどとかかれていることがあるのですが、この生育具合を見る限り、そんな数を植え付けたら超密植状態で大変なことになりそうな気がします。やはり、植えてみないとわからないことが多いです。

こんなに育つのなら、花壇植えにしてもよいかな、などと思っています。これ、うまく咲くかしら?

それにしても、わたしの原種バラ「ロサ・カニーナ」が思わしくありません。今年のシュートが発生する時期にシュートが出なかった場合、あきらめようかと考えています。何でシュートが出ないんだろう(泣)。

|
|

« 花房 | トップページ | ローズマリー復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/40517870

この記事へのトラックバック一覧です: 花たち:

« 花房 | トップページ | ローズマリー復活 »