« 二十四節気 啓蟄 | トップページ | 柊とラナンキュラス »

2008年3月 8日 (土)

薔薇のシュート

我が家には、今年3年目になる原種バラ「ロサ・カニーナ(ドッグローズ)」の鉢植えがあります。夏季一期咲きの半蔓性のバラなのです。ハーブが好きな私は、ローズヒップをつけるハーブとして連れてきました。毎年、チュウレンジバチが卵を産み、幼虫に丸裸にされては葉をのばし、という、けなげな子ですが、どういう訳かシュートが出てきません(チュウレンジバチの幼虫とは毎年大格闘をしています。薬を一切使わないので)。

今期は、なぜか新芽がつかなかった枝を1本切り落としました。切り口は木材のような感じで、生きている枝とは違う感じでした。

バラは、株もとからシュートが出て、それを古い枝と入れ替えるように選定していくことで株が更新されていくようなので、シュートが出ないというのはとてもやきもきします。

株元からシュートが出ないというのは、何か原因があるのか、はたまたそういうものなのか、よくわかりませんが、株が若返らないのは困りものです。

今年も花はつけてくれそうなので、唯一それだけは救いなのです。何でシュートを出してくれないの?!

|
|

« 二十四節気 啓蟄 | トップページ | 柊とラナンキュラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/40427106

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇のシュート:

« 二十四節気 啓蟄 | トップページ | 柊とラナンキュラス »