« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

なんとなく。

もう、ずいぶん前のことになりますが、ブログランキングのページから相互リンクの依頼がトラックバックに着いていました。

どうしようかなー、などと思いつつ、半ば忘れかけていたのですが、このたびランキングに参加してみることにしました。よくわからないですけど(^_^;)

よく来てくださっている方は、土曜日更新分から記事の一番下にちょこっとバナーが着いたことに気づかれたかと思います。だからといって、何が変わったというわけではないのですが、ランキングというものにあまり興味がないので消滅してたりするかもしれません。

「徒然なるままに日暮らし 心に移りゆくよしなしことを そこはかとなく書き作れば あやしうこそ ものぐるおしけれ」

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月30日 (日)

桜、満開

いやあ、桜がきれいです。かえる地方、一昨日くらいには、日当たりのよいところに植わっている桜が満開です。

きれいで心が和みますが、桜が満開になるとその周辺がゴミだらけになります。花見をしていった人たちの一部が、自分たちの出したゴミを片付けずに帰った結果なのですが、どうにかならないものでしょうか。いつもはきれいな公園も、この時期ばかりはゴミでごった返してしまいます。こんな状態では、せっかくのきれいな桜も台無しです。花見客の一部の方には、「自分が出したゴミを持ち帰る」という常識的な行動ができない人が少なからずいるわけです。お花見をするのはよいですが、もう少し節度をわきまえ、常識ある行動をしてほしいものです。

一部で成人年齢を引き下げるという話が出て久しいですが、「自分がしたことに対して自分で責任をとらせる」と言うことではいいと思いますが、むしろ成人年齢は上げるべきでは?などと思ってしまうほど、大人の言動が幼稚ですよね(え?違う?それは失礼)。

美しい桜を愛でることはとてもよいと思いますが、もっと社会全般のモラルをどうにかするべきではないでしょうか。そのモラルも、人間が形成するものですが・・・・・。

しかし・・・・今日、とうとう、目が痒くて眼科へ行ってきました。案の定、アレルギー反応で、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン剤が双方点眼薬で処方されました。花はきれいですが、花粉は辛い(泣)。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月29日 (土)

蕾比べ

ここのところ、少し気温が不安定で寒くなることがあるせいか、桜と違って、あまりブルーベリーの開花は進んでいません。そろそろなんですけどね。

Blueberryhome13

こちら、ホームベルの花芽でいつも定点観察しているものとは別の花芽です。ティフブルーに比べ、花芽の数が少なく、葉芽の展開も遅いものの、生育は順調です。ティフブルーに比べると、ホームベルは樹勢があまり強くはないようですね。

Blueberrytiff15

そしてこちらがティフブルー。これはいつも定点観察している花芽です。先週とあまり変わっていません。なんだかこの状態で少し待機のようです。

ホームベルとティフブルー、樹勢の差もさることながら、蕾の色合いの違いも歴然としています。ホームベルが「ほんのりと桜色がかった薄緑色」なら、ティフブルーは「青みがかった紅色」というところでしょうか。実際にそのとおりの花が咲くとは限りませんが、見ていて飽きないですね。

追記。

植え付けの時に折れてしまった枝を何となく土にさしてみたら発根していた若木も、葉芽の展開が始まりました。品種はティフブルーですが、まさか着くとは思わなかったため、この1鉢、どうしようか?と思案中です。

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

色がつきました

Ranankyurasu7

待ち望んでいたラナンキュラスに色がつきました。きれいなピンク色です。先週、化成肥料を追肥してから、どんどん色がつき始め、今日は鮮やかなピンク色になりました。写真では桜色くらいに見えますが、これはこれできれいです。

ラナンキュラス、蕾が立ち上がると、その周辺につく葉が、少々変化しています。巨大化したイタリアンパセリのような葉であったのが、蕾の茎についている葉は切れ込みの大きいキクの葉のような感じになっています。蕾ついた茎のの途中から分岐して、また新たに蕾が出てきたりもしています。決まって、その切れ込みの大きい葉の付け根からなんですよ。

結構多肥を好むのか、そういう時期だったのか、なんとか花が咲きそうでほっとしております。花壇植えのカレンジュラが最盛期を迎えていて、ちょうど黄色・オレンジの花とピンクのラナンキュラスの対比がきれいです。

このラナンキュラス、実際に色がついてきてみると、オールドローズか、シャクヤクかボタンかと思うくらい豪華です。球根からは想像できないほど大きなつぼみをつけています。蕾が植え付けたときの球根よりも遙かに大きい!蕾のつき具合も、かなり多いので、1鉢だけでもかなり満足できそうです(^_^)v

Ranankyurasu8

開ききっていないカレンジュラとラナンキュラス。今日のお気に入りのショット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月23日 (日)

ラナンキュラスのつぼみ

ラナンキュラスのつぼみが大きくなってきました!

Ranankyurasu6 このつぼみは、前回載せた写真と同じものです。

どんどん大きくなっています。この鉢には、これ以外にあと3個の蕾がついており、それぞれに育っています。

ピンク色の球根を購入したのですが、蕾から見える色はまだ白です。これから色がついてくるのでしょうか。・・・・そうだといいな。いや、そうであってほしい。

ほかの4鉢に植え込んだものも、いつの間にか蕾が顔を出しており、その生長の速さには驚かされるばかりです。なので、ラナンキュラスたちには初めて追肥を行いました。蕾が分化したと言うことは、それだけエネルギーを使っているだろうと。

それぞれに、半握りくらいの即効性化成肥料です。14-14-14の濃度が濃いものなので、量は少々控えめです。

シュートが出なくていらいらしているバラは、ようやく活動を始めたようで、少し新芽が成長をしています。今年は、少し剪定を強くしてみているので、これで様子を見ようと思います。「これでシュートを出さないと捨てちゃうからね!」などと少し脅かしてみたり・・・・・(^_^;)

Oregano10

オレガノは至ってマイペース。わっさわっさと育っています。ちょっとこれが救いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

咲きかけ

一転して暖かい日曜日になりました。草木が非常に元気です。

Blueberryhome12

こちら、ホームベルです。あまり先週と変化なく見えますが、実は、この同じ木についている別の芽が非常な勢いで育っていて、花房が薄緑色のまま割れてきています。何となくピンク色っぽいんですけどね。

Blueberrytiff14

そして、こちらはティフブルー。ずっと追いかけている花芽の一つで、一番枝のてっぺんに着いているものです。そろそろ、1つ1つの小花がはっきりと識別できるようになりました。なんだか、少し紫色っぽいと言うか、赤っぽい色をしています。どんな色の花が咲くのか楽しみです~。

我が家のブルーベリー、とても元気なのですが、ホームベルがティフブルーに比べて葉芽、花芽の展開が遅れているような気がします。ホームベルの方が北側だからでしょうか?そういっても、位置が違うのはほんの50cmほどに過ぎません。

同じ種の植物であまり差がついてしまうと、やきもきします(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月20日 (木)

二十四節気 春分

少々気温が下がり気味ですが、今日は春分です。祝日にもなっているので知らない人はいないでしょう。

正確には、太陽が春分点を通過する時刻を言いますが、では、春分とは?

太陽が春分点を通過する時刻をふくむ日を春分といいます。例年、3月21日頃がその日にあたりますが、今年は今日、3月20日になりました。この日は太陽が真東から昇って真西に沈み、理論上は昼夜の長さが等しくなります。あまり縁がない人もいるかもしれませんが、春の彼岸の中日でもありますね。

春分点というのは、きちんと天文学的に定義があります。結構ややこしいのでかいつまんでみると

-----

天の赤道と黄道の交点のうち、太陽が赤道の南から北へ移る点のことを言う。現在は魚座にあるが、古代占星術では牡羊座にあったため白羊点(はくようてん)とも呼んでいる。春分点は、赤道座標及び黄道座標の起点となる。つまり、このときの太陽の位置は黄経0度、赤緯0度になる。歳差(注1)により、1年に約50秒の割合で西へ移動し、章動(しょうどう)(注2)のために周期的に変動する。

-----

ということらしいです。月と地球に置き換えると、「今、月が東経0度、北緯0度を通過しました!たった今、春分点を通過しました!そして、今日、この日が春分です。」というところでしょうか・・・・・。んなわけないか(汗)。

それはともかくとして、地球が完全な球体(実際は若干南北に潰れたミカンのような形)で、なおかつ地球の自転軸が23.4度傾いていなかったら、今とは事情が違ったに違いありません。

何はともあれ、春らしく暖かな日になって欲しいものです。 そして、法の趣旨のとおり、今日くらいは自然を顧みてみましょう。

注1

春分点が黄道に沿ってゆっくりと西へ移動する現象、またはその移動量(1年におよそ50秒、およそ2万5700年で黄道を1周する)のことをいう。紀元前125年頃にヒッパルコスが発見した。ヒッパルコスはギリシャの天文学者、地理学者で、ロードス島で天文観測をしたと伝えられている。しかし、彼の著作はほとんど伝わっておらず、一部書物によって間接的に伝わるのみである。

注2

自転をしている剛体に、自転軸を倒そうとする偶力が作用すると歳差運動が起こって軸は円錐面上を回転するが、これに微少な擾乱作用(じょうらん・さよう)が加わると軸は円錐面上の平均位置を中心として小振幅の周期的振動を行う。これを章動という。良い例としては、独楽の回転がある。1747年にイギリスの天文学者ブラッドリーが発見した。彼は1742年にグリニッジ天文台長に就任しているが、はじめは天文学者ではなく神学者であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月16日 (日)

ローズマリー復活

冬に土替えをして以来、急激に元気のなくなってしまったローズマリー。

Rosmary9

がさっと葉がすべて落ちてしまっていました。ですが、この暖かさもあったのでしょうか、小さな新芽が出始めました。春まで待ってだめならあきらめようと思っていましたが、奇跡の復活です。葉がすべて落ちてしまった原因はわかりませんが、枯死せずに生きていてくれたと言うことで、かえるはうれしいです!

そして、写真はありませんが、多年草ハーブのチャイブ。こちらも若い葉が出始めました。今年はもう少し株が大きくなってくれると助かるのですが、早々うまくはいかないでしょう。何にもしていなかったのですが、冬越しはしっかりと成功していたようです。丈夫な植物ですな。

Oregano9 そしてこちらは、今年株分け予定のオレガノ。明らかに先週よりも広がっています。数日前の暖かい雨以来、なんとなく縦方向にも伸び出したような気がします。

8号鉢に植えていますが、かなり埋まってます。このこと、タイムはゴールデンウィークに株分けを予定していますが、今まで株分けに成功したものは、昨年完成鉢を購入したアジサイのみ。

もはやなくてはならない香辛料になっているタイムとオレガノ。株分けが成功するとよいのですが・・・・・。

タイムは2株に分ける予定だったのですが、また勝手に取り木状態になっているものを発見してしまい、分ける株数に頭を悩ませています。何でこんなにニョコニョコ出てくるんだよ(T_T)。先代のタイムはそんなことはなかったのに。

Tukusi

そして最後はツクシ。この葉(スギナ)がハーブとして使用されることもあるようです。ツクシはスギナの子実体なんですねえ。我が家にはたくさんツクシが生えています。

こんなところからも春がやってくるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花たち

昨年の晩秋に植え付けたカレンジュラがそろそろ最盛期を迎えようとしています。

Karenzyura2

カレンジュラにモンシロチョウがきているところに出くわしたのですが、残念なことにカメラを持っていなくて写真がありません。強烈な雨が降った後だったので、雨で痛んだ花を摘んでしまい寂しくなっていますが、なんとなく「お花畑」なアングルで撮ってみました。

この子たちにはあと1ヶ月くらいがんばってもらい、4月の下旬には引退の予定です。その後、2週間ほどかけて花壇の土を整備し、新しく届く苗の植え付けに備えます。今まで聞くかの植物が続いているため、次はナス科とフウロウソウ科の植物を植え、キク科から離れることになっています。キク科は連作を嫌いますからね(ナス科もそうですが)。

Ranankyurasu5 そして、こちらは蕾がつかなくてやきもきしていたラナンキュラス。

今日、一番大きな植木鉢(7号相当)に植えていたものに2つ蕾がついているのを発見!

この写真のど真ん中に移っているのが蕾です。・・・・・なんか、球根と同じくらいの大きさな気がするよ?

ラナンキュラス、いろいろ出ている園芸本を見ると、5号鉢に3球植えなどとかかれていることがあるのですが、この生育具合を見る限り、そんな数を植え付けたら超密植状態で大変なことになりそうな気がします。やはり、植えてみないとわからないことが多いです。

こんなに育つのなら、花壇植えにしてもよいかな、などと思っています。これ、うまく咲くかしら?

それにしても、わたしの原種バラ「ロサ・カニーナ」が思わしくありません。今年のシュートが発生する時期にシュートが出なかった場合、あきらめようかと考えています。何でシュートが出ないんだろう(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月15日 (土)

花房

かえる地方、暖かい雨が降りました。そのせいなのか、急に暖かくなってきたからなのか、ブルーベリーが急激に成長を始めています。

Blueberryhome11

まずはこちらのホームベル。ホームベルって、花芽も緑色っぽいんですよね。2品種を比べるとわかるのですが、葉の色もティフブルーに比べて青っぽいような気がします。写真では、上3つが花芽、下が葉芽です。将来枝になる葉芽も展開を始めています。

Blueberrytiff13

品種が変わってこちらはティフブルーです。しっかりと葉芽も展開し始めているのですが、特筆すべきは、この花房の割れ具合でしょう!先週までホームベルと大差なかった花芽が、急に割れだしました。そろそろ1つ1つの蕾が見えてくるのではなかろうかと。

ちなみに、今まで掲載している写真、両品種ともにずっと同じ花芽を追いかけてます。堅い花芽の時は上を向いていたものが、割れてくるに従って横を向いてきているんですよ。蜂や蝶も飛んできていることを確認しているので、花の時期がずれなければうまく受粉してくれるのではと期待をしています。

休眠からさめて花芽、葉芽ともに活動を始めると、木が急に賑やかになりますね(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 9日 (日)

柊とラナンキュラス

急激に暖かくなりましたね。花粉が飛んでいる気配がしますが(泣)・・・・・。

園芸店で購入し、背丈がかなりあったので配送をお願いしていた柊の苗木が届きました。

Hiiragi1 ヒイラギナンテンとか、五色柊とか、そういったものではなく、普通の柊です。

置き場所は、さんさんと日の当たる西側。西日がきついかもしれませんが、この隣には、チャノキ2鉢、オリーブ(シプレッシーノ)3鉢がいます。

我が家では初めて地堀苗を購入しました。苗の状態でもおよそ樹高は1mあり、3カ所シュロ縄で縛ってありました。

写真は、届いた苗木を植え付けて定位置においたところです。

少し根鉢を崩し、普通の培養土を植え付けに使って、表面には雑草防止に赤玉土でマルチングしています。水はけがよい土の方がいいのかと思ったら、隣に並んでいるオリーブほど水はけをよくしてしまうと、だめだとか。結局、普通の培養土に植え付けました。

園芸店で聞いたところによると、どうやら、柊は、あまり乾燥した環境は得意ではなく、表面が乾いたら水を与えるくらいでないとだめなようです。「鉢栽培で1週間も水を与えないと枯れますよ」って言われてしまった(汗)。気候としては、かえる地方は問題なく育つようです。耐寒性は、関東以北になると辛いくらいだとか。植え付けてみたら、結構かっこいい木でした。

Ranankyurasu4

話は変わって、ラナンキュラスです。これ、キンポウゲの仲間なんですね、今更ですけど。

そして、園芸店では花のついたラナンキュラスも売られているのを見つけました。我が家にもラナンキュラスが5株あるのですが、というか、植えたのですが、葉っぱばかりで蕾がなかなか出てきてくれません。

我が家のラナンキュラスなんて、なんだか見た目が、「窒素肥料を与えすぎて巨大化したイタリアンパセリ」だわ・・・・・

売られているラナンキュラスを見てきましたが、株元から蕾が立ち上がっている様子。そして断然、我が家のラナンキュラスの方が葉が多い!

売られているものは、温室栽培か、暖かい地方で育てたものなのでしょうが、まさか、このまま葉っぱだけで、蕾がつかないのではあるまいな?などとかなり心配になってしまいます。

シュートのでないバラに蕾のつかないラナンキュラス。春だというのに心配事ばかりだわ。地植えにしているカレンジュラがつけているたくさんの花がまぶしく見えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年3月 8日 (土)

薔薇のシュート

我が家には、今年3年目になる原種バラ「ロサ・カニーナ(ドッグローズ)」の鉢植えがあります。夏季一期咲きの半蔓性のバラなのです。ハーブが好きな私は、ローズヒップをつけるハーブとして連れてきました。毎年、チュウレンジバチが卵を産み、幼虫に丸裸にされては葉をのばし、という、けなげな子ですが、どういう訳かシュートが出てきません(チュウレンジバチの幼虫とは毎年大格闘をしています。薬を一切使わないので)。

今期は、なぜか新芽がつかなかった枝を1本切り落としました。切り口は木材のような感じで、生きている枝とは違う感じでした。

バラは、株もとからシュートが出て、それを古い枝と入れ替えるように選定していくことで株が更新されていくようなので、シュートが出ないというのはとてもやきもきします。

株元からシュートが出ないというのは、何か原因があるのか、はたまたそういうものなのか、よくわかりませんが、株が若返らないのは困りものです。

今年も花はつけてくれそうなので、唯一それだけは救いなのです。何でシュートを出してくれないの?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年3月 5日 (水)

二十四節気 啓蟄

さて。今日は二十四節気の一つ、啓蟄です。この頃になると、本当に暖かかくなりますねぇ。ちなみに、啓蟄は「けいちつ」と読みます。

この啓蟄は、例年3月6日頃にやってきますが、今年は今日、3月5日です。そして、

冬眠をしていた虫たちが地上に出てくるころと言われています。

蛙や冬ごもり中の虫が活動を始める時期といいますが、虫たちにはちょっと寒いかもしれません。この頃の気温は、たいてい最高気温が12度前後なので、まだ蜂は活動をお休み中。蜂は温度に敏感らしく、15度くらいになると動き出すそうです。

暖かくなるのはよいですが、どうも管理人は花粉症を発症した模様。目が痒くて仕方ありません。冬眠からさめる虫たちとは逆で、こもりたい気分ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年3月 1日 (土)

あじさい活動開始

色の変化をたのしみに昨年完成鉢を購入したものの、うまく退色させることができなかったアジサイ「ポージィブーケ・ノーブル」。去年の花の時期は、退色する前に花がぼろぼろ落ちてしまい、ショックでした。そのため、室内で過保護に育てていたせいなのかなどと思い、休眠準備に入る秋から日当たりの良い屋外で育ててきました。途中、休眠期を見計らって2つに株分けをし、それぞれを6号鉢に植え付けました。

Hidranzia1 ブルーベリーよりも早く、2週間ほど前から新芽が動き出し、今週の初めに葉が展開を始めました。日中の最高気温は2桁を記録するようになったものの、朝方の最低気温はいまだ低く、鉢の表土が凍結するくらい冷え込みます。それでも、日中の暖かさで春を感じたのでしょうか。

鉢栽培だからなのか、詳しいことは分かりませんが、周りのアジサイよりも少し早い気がします。活動を開始しているため、休眠中は停止していた施肥も再開します。植え付けてある土は、堆肥、腐葉土、中粒赤玉土に苦土石灰を混ぜて若干アルカリ側に傾けたもの。初期生育には問題ないでしょうが、少し、高度化成肥料を撒いておきました。これからは成長を見ながら施肥の調整します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お目覚め

三寒四温とまさに言葉のごとく、暖かかったり寒かったりの日が続いています。我が家のブルーベリーも、そろそろお目覚めのようです。

参考にしている関東平野部の作型図を見ると、まだ活動が始まるのは少なくても半月先なのですが、芽が動き出しました。

かえる地方、関東平野部の作型図よりも、暖かいようで、半月から1月ほど早めに読まないといけません。鉢植えの場合、路地植と違って約半月ほど早く開花したりする傾向にあるんですけどね。

Blueberryhome10b  

こちら、ホームベルの1月前の姿。

なぜか葉がすべて落葉せず、枝の先端に残っていますが、花芽は小さくて堅そうでした。

 

 

 

Blueberryhome10  

そして、これが今日の姿。

先月の写真と同じ枝を撮っています。赤い色をして堅く締まっていた芽が、ふくらんで緑色をしています。

この1週間で急激に大きくなりました。

 

さて。次はティフブルー。

Blueberrytiff12b_2  

こちら、同じく1月前の姿です。

寒々として、ホームベルと同じように花芽はまだ赤くて堅そうです。

まだまだ寒さにじっと耐えているといった感じですね。

 

 

 

Blueberrytiff12  

そして、これが今日の姿。

ずいぶんと花芽がふくらんできているのがよくわかります。なんだかふっくらして見えますよ。

ティフブルーも、ホームベルと同じように、この数日で急激に大きくなっています。色は、ホームベルほど緑色でなく、赤っぽい色をしていますが、明らかにふくらんできています。

今にも割れて花房が出てきそうです。

ホームベル、ティフブルーともに、雨水を過ぎた今週1週間で、急激に花芽や葉芽の活動が活発化してきたのか、遠目にも目が大きくなっているのがわかります。

ただ、芽の活動が始まる前(休眠からさめる前)に春肥を与える予定だったんですが、完全に先を越されてしまいました。今日になって慌てて春肥を与える始末です。

いやはや、すっかり油断してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »