« インフルエンザに関するゴカイ | トップページ | 落葉開始 »

2007年12月22日 (土)

冬至

今日は冬至。1年のうちでもっとも日の短い日です。

今日、ゆず湯に入ったり、カボチャを食べたりすると健康でいられるというような言い伝えがありますね。私もさっき、ゆず湯に入ってきました。寒いからなのか、とても暖まる気がします、ゆず湯。そして何ともいえないのが、香酸柑橘のよい香り。とてもリラックスできます。アロマテラピーなどでも使われますね。ゆずのオイルではありませんけど。

それはそうと、今日は1年のうちで一番日が短い日というのは有名ですが、日の出日の入りが一番早くなったり遅くなったりしているわけではありませんよね。そういうわけで調べてみました。

日の出の時刻が一番早い日 --> 夏至より1週間ほど前

日の出の時刻が一番遅い日 --> 冬至の半月ほど後

日の入りが一番早い日 --> 冬至の半月ほど前

日の入りが一番遅い日 --> 夏至の1週間ほど後

つまり、今年の日の出が一番遅くなるのは、12月22日の2週間後なので1月5日頃。日の入りが一番早くなるのは、12月22日の2週間前なので、12月8日頃になります。あくまで、その頃、というくらいです。厳密に計算しているわけではないので参考程度になりますけど。

結局、これは小中学校の頃の理科で誰もが勉強する、地球の公転軌道が楕円形であることと、地球の自転軸が23.4度傾いていることに原因があります。自然って不思議ですね。

さ、わたしも湯冷めしないうちに寝ようっと。

|
|

« インフルエンザに関するゴカイ | トップページ | 落葉開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/17446536

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至:

« インフルエンザに関するゴカイ | トップページ | 落葉開始 »