« ブルーベリーってどんな植物だろう?その1 | トップページ | ブルーベリーを購入 »

2007年9月14日 (金)

ブルーベリーってどんな植物だろう?その2

さてさて。どうやらブルーベリーには大きく分けて3系統の品種群が存在し、そのうち日本ではハイブッシュ系とラビットアイ系が主に栽培されているようです。植えるとしたら、このどちらかになるのでしょうが、ちょっと特徴を列記してみます。

1.ハイブッシュ系ブルーベリー

これらはさらに、南部ハイブッシュ系、北部ハイブッシュ系に大別されます。一般的にハイブッシュ系といえば北部ハイブッシュ系を指すのだそうです。生育に適したpHは4.3~4.5と狭く、樹高はおよそ1~1.5m。7.2℃以下の低温要求時間が400時間を超える、寒冷地向きの品種群。果実が大きくて味がよく、紅葉の美しい品種が多い。1本でも実がなりやすいが、同系統の2品種以上を近くに植えると実付きがよくなり、果実も大きくなる。

2.ラビットアイ系ブルーベリー

熟す前の果実がウサギの目のように赤くなることからラビットアイの名前がついたとか。ハイブッシュ系に比べて低温要求時間が400時間以下と短く、暖地向け。根が深く張り、樹高は2~3mほど。生育に適した土壌pHは4.3~5.3とハイブッシュ系よりも広く、土壌適応性が高い。ハイブッシュ系に比べて樹性が強く、成長が早い。果実はハイブッシュ系に比べて小振りだが味もよい品種が開発されている。自家結実性が低く、同系統の2品種以上を近くに植える必要がある。

という感じですな。どちらの品種を選んでも、強酸性土壌で育てること、毎日の水やりは欠かせないということは間違いなさそうです。食いしん坊の私にとってはハイブッシュ系を植えてみたいところですが、私の居住地域ではハイブッシュ系の栽培は難しそうな気がします。

|
|

« ブルーベリーってどんな植物だろう?その1 | トップページ | ブルーベリーを購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/16472780

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベリーってどんな植物だろう?その2:

« ブルーベリーってどんな植物だろう?その1 | トップページ | ブルーベリーを購入 »