« ハーブをドライに~バジルその3 | トップページ | 2007夏PC改造物語~5 »

2007年8月19日 (日)

ハーブをドライに~タイムその1

先日、バジルを乾かしてミルにかけ、小瓶で保存することができました。このような天候が続くと4日で完璧にパリパリになりますね。

今期の我が家のドライハーブ作りも、今回が最後になりました。青紫蘇やチャイブはドライにはしませんし、ローズマリーはまだ植え付けて1年も経っていないため収穫できるほど育っていないからなのです。

さて、今回はドライ化する中で最後になったコモンタイム。紫蘇化の常緑小低木で、木を手でワシャワシャとするだけで独特の香りが楽しめます。我が家ではトマト味の魚介パスタに欠かせない存在です。

これを丸裸にしない程度に剪定し、洗って水気を取り、バジルなどと同じように梅干しざるに入れて乾燥させます。ただし、葉が小さいため枝から葉をとらず、枝ごと乾かします。乾いてから葉っぱをしごきとるのが我が家流です(?)。きれいに乾いてくれるといいと思います!

*昨年は、6号鉢に植えていた2年もののコモンタイムが根詰まりを起こし、これを助けられなかったという経緯があり、収穫できてとてもよかったと思います。今回は8号鉢に植えたので、2年位は大丈夫・・・・・かな?

|
|

« ハーブをドライに~バジルその3 | トップページ | 2007夏PC改造物語~5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/16191816

この記事へのトラックバック一覧です: ハーブをドライに~タイムその1:

« ハーブをドライに~バジルその3 | トップページ | 2007夏PC改造物語~5 »