« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月26日 (日)

2007夏PC改造物語~7

熱暴走。

今までなぜか勝手に再起動がかかったり、勝手にDVD-RAMを読み込んでエラーが出たりしていた件。どうやら、原因の一つが「熱」にあったようです。つまり、一種の熱暴走ですね。ケース内がうまく冷やされていなかったという。

今まで、室温が32℃を超えるとその確率が上がっておったので、ケースを開けてフロントファンの動作を確認したところ、電源が中途半端に刺さった状態になっていました。電源を差し直し、少々様子を見ることにします。CPUなんぞ、冷却しなければ40℃50℃は当たり前になってしまうパーツですし、HDDやDVDなど、回転する機器類は駆動すれば当然のごとく発熱します。そのほかにも、PCって発熱するものばかりがケースに詰まっています。

先代のCPUに比べて発熱量は倍以上に跳ね上がっているため、室温32℃はつらかったものと推測します。

しばらくは、室温を30℃まで下げた上で起動させて様子を見ることにします。これでだめなら、別の原因を考えなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月25日 (土)

マリーゴールド終了

ここのところの暑さもあり、4月の末に植えたマリーゴールドの株がかなり疲れていたので、思い切って終了させることにしました。追肥など、もっと手を入れれば頑張ってくれるのでしょうが、10月には次の苗が届く予定なので、それまでに花壇の土の整備が必要ということもありました。およそ4ヶ月間、花がらを摘むだけで頑張ってくれましたよ。

Kadan

上の写真は、花壇の処理後の状況ですね。マリーゴールドの葉には、線虫の増殖抑制効果のある物質が含まれているため、抜いた後、地上部は花壇にすき込みました。いわゆる「緑肥」というやつです。その後で、野良猫の糞害を避けるために猫よけを乗せています。しばらくおいた後、苦土石灰、堆肥、腐葉土などを混ぜ込んで土作り。10月にはカレンジュラの苗とラナンキュラスの球根が届きます。この2種は初めて植える植物なので、今から楽しみにしています。

マリーゴールドも今まで庭を賑わわせてくれてありがとう!

そして余談です。

Oregano4

今年初めて植えたオレガノです。なんだか、ランナーがすごいことになっていて、植木鉢の内側を覆い尽くしている緑の葉っぱは雑草ではなく、すべてオレガノのランナーについた葉です。長く縦に伸びていた葉を収穫したとたん、ランナーがすごい勢いで成長を始めました。うまく冬越しできるでしょうか。

Tsuyukusa 最後に。

これ、何の花か分かりますか?ムラサキツユクサの花を庭で見つけました。20年前はそこかしこに生えていたのに、最近は全くと言っていいほど見かけなくなった花です。ものすごくきれいな青色をしていますね。

これだけは、草取りの時に抜かずにとっておこうと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月22日 (水)

2007夏PC改造物語~6

やっとなんとか、新しいHDDにバックアップファイルを書き戻すことに成功しました。しかし、うっかりフォーマット指示を出さずに書き戻しをさせてしまい、しかも書き戻せてしまったのがかなり不安要素になっています。

おまけに、起動時にDCD-RAMディスクを入れたままにするとOSが立ち上がらないというトラブルがついてきました。一体全体、これは何?という感じです。今までこんなことはなかったのに・・・・・。

ところで、以前出ていたエラーメッセージ、

 Err 5 : Error finding VFloppy.SYS

 Err 8 : Fake Floppy Driver not found

 Press any key to boot active partition

という3行。バックアップファイルを書き戻した段階で出なくなりました。結局、このメッセージが何を意味するのか、どういう状態で出たのか分からないままです。

DVD-RAMを入れたまま電源を入れても正常に立ち上がるようにするのが目下の目標かな・・・・・(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハーブをドライに~タイムその2

Tymedry1干し始めてから、4日が経ちました。今日も自宅周辺はかんかん照りであったようです。

しっかりと乾いたタイムはこんなに小さくなりました。見た目で、体積は3分の1くらいになったかな、という感じです。なんか、これだけミルと、「何の草?」という感じもしますが、れっきとした乾燥タイムですよ(笑)。葉が小さいために枝についたまま乾かしていただけです、はい。

この株は、今年の5月に植え付けたばかりのまだ若い株です。なので、期待したほどの収穫量は上げることができませんでしたが、少しでもあると助かるものです。収穫してしまったために、タイムの株は小さくなってしまったように見えますが、早く回復してほしいものです。

Tymedry2

保存用の瓶に詰めると、ほんの少し見見えてしまいます。ですが、タイムがあることになれてしまうと、少しでもとても貴重でうれしい存在です。今回のタイム、小瓶に詰められ、しばらくの間出番を待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月19日 (日)

2007夏PC改造物語~5

大変です。新しく取り付けたHDDがぶっ壊れました。

システムがおかしくなり、バックアップを書き戻したりOSの修復セットアップをかけたりしていたら、フォーマットの作業がどうもおかしなことになってきました。パーティーションを切らずに、1つの物理的なディスクをまるまる1つのパーティーションとしてフォーマットしたはずなのに、いつの間にか5つに分かれています。これはおかしいということで、別のマシンでフォーマットして取り付けたのですが、こんどはバックアップが書き戻せなくなりました。

そうこうしている間にBIOS上でも認識しなくなり、あえなくリタイヤ。

この壊れたHDD、とりあえず取り外して、別マシンで物理フォーマットがかけられる時を待っています。故に、今、私のマシンは単なる箱と化しております・・・・・(T_T)

※この記事は別マシンからの投稿であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハーブをドライに~タイムその1

先日、バジルを乾かしてミルにかけ、小瓶で保存することができました。このような天候が続くと4日で完璧にパリパリになりますね。

今期の我が家のドライハーブ作りも、今回が最後になりました。青紫蘇やチャイブはドライにはしませんし、ローズマリーはまだ植え付けて1年も経っていないため収穫できるほど育っていないからなのです。

さて、今回はドライ化する中で最後になったコモンタイム。紫蘇化の常緑小低木で、木を手でワシャワシャとするだけで独特の香りが楽しめます。我が家ではトマト味の魚介パスタに欠かせない存在です。

これを丸裸にしない程度に剪定し、洗って水気を取り、バジルなどと同じように梅干しざるに入れて乾燥させます。ただし、葉が小さいため枝から葉をとらず、枝ごと乾かします。乾いてから葉っぱをしごきとるのが我が家流です(?)。きれいに乾いてくれるといいと思います!

*昨年は、6号鉢に植えていた2年もののコモンタイムが根詰まりを起こし、これを助けられなかったという経緯があり、収穫できてとてもよかったと思います。今回は8号鉢に植えたので、2年位は大丈夫・・・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月18日 (土)

ハーブをドライに~バジルその3

ここのところの好天で、ハーブの乾きがとても早くて助かっています。時期によってはカビの発生を心配しなければならないこともあるので。

このまま好天が続けば2日くらいで~と書きましたが、今日、すべて取り込んでミルにかけました。触ればさかさとよい音がするくらい、しっかりと乾いてくれました。この時期、人間には日差しが目に痛かったり日焼けをしたりとあまりうれしくないですが、ハーブをドライにするのは絶好の時期ですね!

このドライにしたバジル、ホールのまま保存する方もいるようですが、我が家では調味料としてすぐ使えるように、乾いた後、ミルにかけるのが通例となっています。それが今、内径が10cm、深さが5cm位の小瓶にシリカゲル(乾燥剤)と一緒に詰めて、出番を待っていますよ。この瓶の3分の1ほど入っているのですが、これで、我が家の1年の使用量に少し足りるか足りないか、という量です。

昨年は、バジルを3株植えたため、同じ小瓶が一杯になるくらいの量ができました。今年の収穫分は、来年以降になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月16日 (木)

ハーブをドライに~バジルその2

今日もとても暑いですね。どうやら、昨日館林で出た最高気温の記録が塗り替えられたようです。かたや、私の住んでいる都道府県では大雨洪水警報が発令されたようです。自宅近辺は降っていないんですけどね。

今日も1日、とてもよいお日様に恵まれ、昨日から干していたバジルがかなり乾いてきました。さわるとパリパリとよい音がするものが出てきています。反面、体積があったため、ほかの葉の下になっていた葉はまだ生乾きの状態。

何となくくもいきが怪しくなってきたので、少し早めに取り込み、扇風機の風が当たる特等席に陣取っています。このままのお天気が続いても、乾ききるまでにあと2日くらいはかかるでしょう。

バジルが乾ききるまで雨が降りませんように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007夏PC改造物語~4

うううう・・・・・・DriveImage2002ってこんなに性格悪かったかなあ。

何とかシステム復旧は終了したものの、Windows上にインストールしたはずの上記ソフトでバックアップをとろうとすると、再起動した際に以下のメッセージが出てバックアップができません。

Err 5 : Error finding VFloppy.SYS

Err 8 : Fake Floppy Driver not found

Press any key to boot active partition

つまり「VFloppy.SYSっていうファイルでエラーが見つかった。仮想フロッピードライバーが見つからないから、アクティブなパーティションで起動させるときは何かキーを押せ。」ということらしいのですが・・・・・。DriveImage2002をずっと使用していますが、こんなメッセージが出たのは初めてです。

わからないのが、FDを使ってDOS上で立ち上げたときはふつうにバックアップがとれるということです。OS上のプログラムを使ったときだけプログラムが走らないのですよ。しかも、DOSからバックアップが終了した後も、同じメッセージが表示されてしまいます。

あー、仕事も始まるというのに、マニュアルと格闘しなければいけないのかしら(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月15日 (水)

ハーブをドライに~バジルその1

いやあ、あついですね。館林では最高気温がとうとう40℃を超えたとか。なんだかんだいって、いつもお盆があけるくらいまで暑いんですよね。

今日は、もこもこに茂っていたバジルと、その株から作った挿し木バジルを収穫し、ドライにするための処理を行いました。1株と半分くらいですが、意外と虫食いが多く、ざる1杯くらいにしかなりませんでした。農薬をかけていないので仕方がないですけどね。そのほとんどはハモグリバエの類です。彼らに食べられてしまうため、白い線が葉っぱに浮く被害が出ます。

それらを選別し、洗って、毎年梅干し用のざるに広げて天日で乾燥させます。外の気温が高いので、夕方に回収したときにはすでに最初の体積の半分くらいになっていました。これからさらに乾いていくと、より体積が小さくなり、4分の1以下にまでなります。

梅干し用のざるに広げられたバジルは、明日も洗濯物用のネットにざるごと入れられ、小型洗濯物用の洗濯物干しにぶら下がって軒先に吊されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月14日 (火)

ハーブをドライに~オレガノその2

さて、この暑い中、オレガノは順調に乾いているようです。

朝、室内に取り込んでいたオレガノのざるをみたら、かなりかさかさになっており、手で握ったらバラバラになりそうな感じでした。やはり早いです。念のためもう少し天日に当てておこうということで、今日1日お日様にあったっておりました。

先ほど回収してきましたが、見事にぱりっと乾いていました。手でもむだけでバラバラになるくらいです。葉が小さいため、バジルなどとは違い、手で砕くだけにして乾燥剤入りの瓶に詰めます。

乾燥して体積が大幅に減っているので、なんだかとてもちょっぴりに見えます。実際に、ほんの少しの量なのですが、お料理に数回分あるかな?というところでしょうか。

来年はもっと採れるといいなーなどと思いつつ、大事に保存して使っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007夏PC改造物語~3

日曜日から大苦戦している数年ぶりの大改造。

とりあえず、原因はわかりませんがHDDも320G認識したし、Microsoft Updateも終わったし、ウイルス対策ソフトも入れたし、ということで、インターネットなどは使えるようになったわけです。

普段使用しているアプリケーションも無事に入れ終わり(むっちゃ長かった)、プリンターやスキャナーなどの各種ドライバー、DirectXもきちんと入れて、改造前の環境に戻ってきました。じゃあきれいな状態でシステムごとバックアップをとるぞという段になって、また問題が発生しました。

正常に動いているはずのバックアップソフトがうまく機能しません(こういうのを正常に動いていないというのでしょうけど・・・・・)。バックアップをとろうとするとエラーを起こすんですね。なんでだろう?

お休みがそろそろ終わるので、とっとと解決したいんだけどなー(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月13日 (月)

ハーブをドライに~オレガノその1

我が家のオレガノがだいぶ育ってきて花が終わりかけています。植木鉢に植えているのですが、草丈は50cmほどまで育ち、ランナーもどんどん成長しています。

1年目の株なので、あまり収穫量はありませんが、地上から15cm位を残して収穫しました。オレガノは文献ではトマトやチーズなどと相性がよいようです。実際に、葉をかいでみても全くと言っていいほど香りがありません。うちが育て方を間違えたのかな?それとも味の方でいう香辛料(?)なのでしょうか。

とりあえず刈り取ったので、いつもの通り梅干しざるに入れて乾燥させます。とても暑い日が続いているので、すぐ乾きそうです。カビの心配もないでしょう。

刈り取られた方の植木鉢はずいぶんとこざっぱりしてしまいました。耐寒性多年草だそうなので、今年の冬を無事に越えるとまた株が大きくなっているのでしょう。

オレガノはどんなお味なのか、少し楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007夏PC改造物語~2

何とか別マシンでフォーマットをしてみたものの、こちらではきちんと320Gの認識です。しかし、肝心のOSをセットアップする際の認識はまたもや131G。いったいどーなってるんだ?!

これでは機能構築したシステムと何ら代わりはないので、昨日バックアップをとっておいたファイルを書き戻します。バックアップファイルを書き戻す際に、ごたごたとしておりました。結果、無事に書き戻せたわけですが、どこをどういじったのか、起動させたシステム上では320Gの認識。どういうことなのかさっぱりわからないまま、何とかやたらと数の多いMicrosofto Updateを実施します。ウィルス対策ソフトを入れて何とか終了。とうぜん、この時点でインターネットなどの通信設定は完了しております。

しかし、今の段階ではアプリケーションが何も入っていません。OSしか動いてないマシンって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月12日 (日)

2007夏PC改造物語~1

5年ぶりかにマイPCの大改造を行いました。何とかOSは入ったものの、なんかうまくいきませんねえ。5年もたつと、PCのパーツの規格が大幅に変わってしまっており、マザーを変えたおかげで電源まで使えなくなるという始末。月日のたつのは早い・・・・・。

マザーから何から大幅にパーツを変更したため、久しぶりの大改造です。残ったのは、ケースとFDD、DVDマルチドライブだけです。ここまでの改造は5年ぶりです。はっきり言ってかなり忘れてますよ。

320GのHDDを買って取り付けたのに、131GしかOSのセットアップの時に認識していないし。WIndowsXPにHDDの認識上限なんてあったかしら?などと思うのですが、認識していないのはどうにもなりません。とりあえず、このままOSをクリーンインストールしました。

仕方なく、別マシンでフォーマットをしてみることにします。

注)これは何とかインターネットに乗れるようになってから日付をさかのぼって掲載しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月 8日 (水)

クラフト

今年のラベンダーの時期も終わりました。最盛期に収穫して乾燥させ、瓶に詰めて熟成させておいたラベンダーを加工しました。つまり、ポプリですね。

大きめのジャム瓶一杯に詰めて保存しておいたのですが、瓶を開けた瞬間、ある意味後悔しました。量が多いせいか、香りが強すぎる!ここまでくると、もう「香り」ではなく、「匂い」ですなあ・・・・・。確かにラベンダーの香りなのですが、すごい強力な匂いがしましたよ。エッセンシャルオイルなどを垂らしたわけではないのですが、純粋に花のドライだけでここまでなるとは思いも寄りませんでした。

これらを使用し、パッチワーク用として売られていた布を使って小袋を作り、茶袋に入れたラベンダーを詰めてサシェを作りました。・・・・・やはり適量というものがありますね(^_^;)。小分けに使って何とか「香り」、と言うところになりました。

できあがったサシェは、早速、クローゼットの棚につるされ、ラベンダーの香りを放っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »