« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

重要データの管理

もう年の瀬ですね。皆さんはもう仕事納めも終わったものと思います。

ところで、仕事でPCを使用するようになって久しいと思うのですが、「このデータが消えたら、あの仕事が成り立たない」などどいう重要なデータの保管、皆さんはどうされてますか?まさか、職場で個人が使用しているPCにのみ保管していてバックアップも取っていないなんて言うことはありませんよね?。

私の中では、そう言ったデータは、自分のPCに保存しておくのはよいですが、MO(古っ)などの外部媒体に1日の業務が終了した段階でバックアップを取るものなのです。PCは意外ともろく、意図的に何かをしたわけでもなく突然壊れることがあるものですから。現に、私の職場PCには、PCのシステムがお釈迦になって工場出荷時の状態に戻してもデータは別のところに格納しているため手間はかかりますがシステムの復旧だけで済みます。

ところが、それをしていなかった人がいました。

A氏です。

12月25日、頼まれた作業中にPCがお釈迦になり、データを救い出せないまま工場出荷時の状態に戻さざるを得なくなりました。仕方なく、システム復旧をかけ、現状を報告するメモを残して退社したわけですが、A氏の出勤日28日8:30、職場から自宅に電話がありました。そのPCには、前述の「このデータが消えたら、あの仕事が成り立たない」的データが入っていたようです。わたしはそんなことは一切知らされていませんでした。電話によると、

私にデータが消えることがないか確認した際に、消えることはないと笑いながら言ったから、ちょっとでも消える可能性があるならバックアップを取ろうと思っていたが取らなかった。それをメモ1枚で勝手な判断によって消してしまうとは何事か。なぜ電話をしなかった(そりゃあ、そんな重要なデータが入っているなど知らされていないし、知る術もないから緊急性を要するものとは思わなかった)。職員として、それはどうなの。これは酷いんじゃないの。

だそうです。

私とすれば、私がA氏のPCを意図的に壊したわけではなく、普通の作業を行っている分にはほとんどデータが消える可能性はないため、ほとんど該当作業でデータが消えることがない事をこたえました。しかし、前述の通り、そのような重要なデータを1カ所にしか保存していなかったというのはA氏の落ち度と考えます。それこそ、A氏の言葉を借りれば、「職員としてどうなの。情報の管理体制がなってないんじゃない。酷いよ」というところです。電話もよこさなかったと言いますが、その時点で緊急性を要するものだと判断するに足る情報(消えてしまえば仕事が成り立たないようなデータをバックアップも取らずに格納していた)もありません。このような状態でどうやって電話するという結論を導き出すことができるのでしょうか。

むしろ、私がその日行いたかった作業をすべて中断してA氏のPCのシステム復旧に1日を費やし、ネットワークプリンタ、共有領域へのログイン、インターネットへの接続、アプリケーションの再インストールまで行った事に対し、感謝して欲しいくらいです。

A氏いわく、上司に電話し、場合によってはもっと上層部へ話をしてもらうことになるから。だそうです。ですが、わたしがこのことについてすべての責めを負うのは納得がいきません。むしろ責めを負うべきは日頃のメンテナンスを怠り、データのバックアップを行っていなかったA氏の方だと思うのです。

A氏は上司に連絡したと言います。本当に緊急性を要するものであれば、そのとき作業をしていた私にも招集がかかるでしょう。ですが、今日今までそのような連絡はありません。28日8:30の電話を含め、自宅に5本の電話がかかってきました。電話を取ってくれた母はその態度の悪さに1日中気分を害し、電話を代わってみれば受話器の向こうで外線ががんがん鳴っている・・・・・。この電話は、私が通院で留守電になるまで続いたようです。留守電には何も入っていませんでしたけど。

この日の夜から、落ち着いていた不眠の症状が復活しました。睡眠導入剤無しでは眠れません。下手をすると睡眠導入剤を入れても寝られません。

この件、私だけ責めを負うようなことになれば、それこそ納得はいきませんし、不本意です。A氏のことだ、すべて私になすりつけて終わらせようとするんだろうけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年12月23日 (土)

さよならナスタチウム

皆様こんにちは。

ここのところ、「冬っ」といった気温が続いています。耐寒性のない植物たちには辛い時期となりました。

以前、こぼれ種からナスタチウムが発芽したという話を載せたかなと思います。まだ小さなナスタチウム、あまり発芽後の成長が思わしくなかったのですが、ここのところの寒さでとうとう枯れてしまいました。発芽した時期もあまり良くなかったみたいですし。でも、一緒に植わっているガーベラは元気にしています。

私の居住地域は、比較的温暖な気候なのですが、それでもここのところの最高気温は1桁。霜こそ降りないものの、かなり朝晩と冷え込んできていました。何の保護もしていなかったので、きっと耐寒性のないナスタチウムは寒さに負けてしまったものと思います。

その他のハーブたちは、いたって元気です。バラはいつまでも緑のままでしたが、やっと落葉が始まりました。我が家の庭も、やっと本格的な冬支度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月22日 (金)

職場PCメンテ物語

とある関係部署から以下のようなメールが届きました。

「アンチウィルスソフトをウィルスバスター2007にアップデートせよ」

このメールが、今日1日PCの前に張り付く原因になるとは受信したときには思いませんでした・・・・・。

とりあえず、私は自宅ですでに使用してたため、あっさりアップデート。問題も発生せず。ウィルスバスターも性格が良くなったものです。以前は手動で旧バージョンを削除しないとエラーになっていたのに(^_^;)。このあとの手動検索も数件のクッキーが検出されたのみ。うん、よしよし。

そう、ここまではすばらしく快調でした。とりあえず、自分が入れたので、細かい手順と注意点をグループメールで送信。これで誰でも自分でできるだろ、画面の指示に従うだけだし。と思っていたのが甘かったのです!

上司からの2台分のバージョンアップ依頼を皮切りに、A氏からも依頼がやってくる始末。もちろんウィルスバスター2007へのアップデートはすんなり終了。このあとの手動検索で50分ほど喰われましたけど。その検索結果を見てげんなりしました。クッキーの検出は良いものの、ウィンドウズのセキュリティ警告が80件って・・・・・。一体どういうメンテをしていたのでしょうか。聞けば、1回もマイクロソフトアップデートを行っていない(マイクロソフトアップデートを知らなかった)とのこと・・・・・(滝汗)

もう、何も言うことはありません・・・・・。

アンチウィルスソフトだけでは対応できないため、仕方なくマイクロソフトアップデートへ。これもウィンドウズアップデートからアップデートされておらず、ここからの作業。とりあえずこのOSがらみの警告を解除するにはマイクロソフトアップデートでパッチを当てるしかありません。ウィルスバスター2007の検索結果を見たA氏なんぞはビビリまくっておりましたが、マイクロソフト社のOS使うんなら知っておいて欲しいぞ。

結局、マイクロソフトアップデートが完了したのは、それから4時間後でした。ぎりぎりで終業時間に間に合い、パッチを当てるくらいのメンテはやってくださいと言い置いて、とっとと帰ってきました。

忙しいというなら、お昼休みにやらせるなどいくらでも方法はあります。今回懇切丁寧に解説をしたので、もう「知らない」などと言う言い訳は通用しません。

上司を含め、A氏は以後、どこまで面倒を見きれるか?様子を見させていただきますよ?(うふふふ。あまのじゃく♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月20日 (水)

あづき

小豆ではありません。あづきです。

買ってしまいました。ニンテンドックス。柴犬のやつです!本物の柴犬を飼おうよーと家族に言ったら反対されたので・・・・・。

そして取説も見ずに初めて、選んだ黒柴に付けた名前が「あづき」。特に深い意味はありません。音の並びです。

それにしても、これ、良く犬の行動を観察して反映されてます。命のぬくもりがないだけで本物そっくりです。

たまにはこういうゲームも良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月16日 (土)

DSリコール

さてさて。今日は電話の前に1時間座っておりました。疲れましたよ・・・・・。

ニンテンドーDSの充電アダプターがリコールかかりましたね。私の頭の中ではゲーム機でリコールというのは非常に珍しいのではないかと思うのですが、皆さんはどうでしょう。

そのリコールですが、見事に私のも対象になってました。それでコールセンターに電話するために1時間電話の前に座っておったのですが、つながらないですね。こういうのは。PCのサポセンみたいです(使ったこと無いけど)。

で、肝心のリコールですが、運送業者が新しいものを届けてくるので、新しいものが入っていたものに古いもの(回収対象)を入れてそのまま運送業者に渡すように、ですって。記事によると部品の変形によって悪くすると発火するらしいのですが、わたしのは何ら異常なく使用できていたので、新聞を見たときは驚きでした。

何かあったら大変だ!ということでリコールなのでしょうが、リコールするにもずいぶんお金かかってそうです。小さいものですしね。これも、品質管理、危機管理といったところなのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年12月12日 (火)

サフラン咲きました

とうとうサフランが咲きました!・・・・・といっても、昨日の話なんですけどね。写真を撮ったのですが、カメラを替えたため、解像度が変わってしまい、かなり不慣れです;;

Saflan3_2

 

 

そして、これが朝の写真。前日まで何も出ていなかった芽の先から、にゅっと蕾が出ています。葉っぱが先だと思っていたのですが、どうやら花が先みたいです。

 

 

 

うう、ピンぼけが痛いです・・・・・。蕾の様子からすると、藤色みたいです。

Saflan4

 

そして、これが帰宅後の写真。ばっちり咲いていますね。特徴的な赤い3本の雌しべが花びらから溢れそうに伸びています。

 

 

こっちの写真の方が分かりやすいでしょうか。

 

Saflan5 サフランの雌しべは黄色から赤色を染める色素として使われますが、高いのも頷けます。

なんせ、1つの花から3本しか取れないのですから。 今や自然の恵みというのは贅沢なのでしょうか?

サフランはあと3個開花待ちの状態です。意外と綺麗な花で少々驚きましたが、来年はもっと球根が増えているかもです(>_<)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月 9日 (土)

干し柿

サカタのタネからゆうパックが届きました。中身は、以前通販で頼んだ「干し柿」です。干し柿とか干し芋って大好きなんですけど、当たり外れが大きいんですよね。我が家で食べるのは女衆だけですが・・・・・。

サカタのタネというと東証一部上場のナーセリーですが、草花の種や苗、樹木苗などの他に、「ヘルシー便」という薄いカタログがありまして、そちらで購入したんですね。今回のは干し柿・干し芋・梅干し・新巻鮭なんてものが載ってました。

肝心のお味はというと、これが美味しかったです。今まで食べた干し柿の中で一番美味しかったですね(いや、10個3150円してたし。)。ゆっくり味わって食べます!もう1箱頼んでも良いかなあ・・・・・。

それはそうと、風邪をひいてしまい、のどががらがらです。今日はフルートのレッスン日でしたが、鼻は詰まるはのどが痛いわでレッスンをお休みしてしまいました。呼吸器系をやられてしまうと、管楽器は辛いです。熱とかでなければいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月 4日 (月)

30℃?

さて、30℃とは何の温度でしょう?

答えは、うちの職場の暖房設定温度です。ちなみに夏の冷房設定温度は20℃ですよ!

最近はすっかり「ウォームビズ」「クールビズ」という言葉が定着しましたが、うちの職場はそんな言葉はどこ吹く風。はっきり言って、内外気温差で建物の中でも風邪をひきそうな温度設定です。

それはそうです。うちの男性陣はワイシャツとネクタイ姿で仕事してるんですから。上着着てないんですよ。上着で調整するという感覚がきっと無いのでしょう。おかげで女性陣は暑くて大変です。冬だというのに半袖で仕事してますよ(T_T)。

部屋からでないのであればともかく、他の部屋へ用事で行ったりすると、仕事場が常夏状態で気分が悪くなります。暖房設定を下げてもいつの間にか上がってるし。

皆様の職場はどうでしょうか。こんなアホな職場じゃないですよね。私個人の感覚としては、もう少し男性陣に「着るもので調節する」ことを覚えて欲しい・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月 3日 (日)

Wii?

ところで、昨日、任天堂の新作ゲーム機Wiiが発売になりましたね。もう買った方もいるのではないでしょうか。

わたしは全く買う気はなかったのですが、昨日、髪を切りにいったら近くの量販店で抽選券を求める行列ができており、そこで初めてこの日がWiiの発売日だと認識した管理人です。

このゲーム機、テニスやゴルフといったものが今の所あるようですが、いわゆる体全体で疑似体験するタイプのゲーム機なんでしょう。これでRPGとかやるには大変な気がします(RPG派なもので・・・・・)。

それにしても、これ、わたしは工学系は全くのド素人ですが、3次元加速度計でも積んでいるのでしょうか。そうなら、ゲーム機に3次元加速度計なんてものが乗る時代なんですねぇ(え?そんな珍しい事じゃないって?)。

追伸

ちなみに、私の症状はここの1週間ほどやばい状態になっております。誰か助けて~~~~~~~(泣)。更新がなかったのはそのせいだと思ってくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »