« サフランの芽 | トップページ | 腰が・・・・・ »

2006年11月15日 (水)

ある日の会話

どうでも良いですが、うちの職場には夏と冬の2つの時期に「日直」というものがあります。完全閉鎖期間はありますが、極力開けておくと言うことでしょう。今日、その日直を決めるため、調整資料として都合の悪い日に×を付けて出せという指示が回ってきたので、その通り出しました。ちなみに、年末は海外へ旅行が決まっていたため、申し訳ないと思いつつ年末には×を付けています。

これは、そのときの会話。

わたし:すいません、もうしわけないですが、これでお願いします。

A氏:(紙に書かれた×だけ見て)これはないんじゃないの!Y氏よりひどいよ。用事は何なの。

わたし:いや、3ヶ月前に旅行の予約を入れてしまったんです。(×だけ見ないで、ちゃんと読めよ。調整前の聞き取り調査で頭ごなしに言うかな)

A氏:そう言うのは仕事の日程が決まってから入れるモンじゃないの。仕事に来てるんでしょ。

わたし:(日直決めるのがいつも11月に入ってからなのに、海外旅行が1ヶ月前に取れるかよ!そもそも旅行なんぞ行くなって事か)そうです。

A氏:仕事って言うのはみんなで協力してやるもんでしょ。悪いと思わないの。

わたし:そりゃぁ、申し訳ないと思ってます。(最初に申し訳ないですがって言わなかったか?)・・・・・分かりました。キャンセル料かかりますが、キャンセルします。

A氏:もういい。このまま上司に報告するから。

わたし:(勝手に報告してください)

・・・・・・・

まあ、すごい剣幕でまくし立てられましたとも。こっちの言うことは一切聞いちゃいないし。きっと上司にはでっかい尾ひれがついた報告が行くことでしょう。A氏は頭ごなしにまくし立てはじめると相手の言うことは一切聞かない人で(まあ、普段からそう言う人ですが)、1つ言うと指数関数的に返ってくる小言が増えていくので、「黙して語らず」が最も賢いのです。

ここで、邪推を。

A氏の感覚だと、わたしなんかは全く仕事を抱えていない状態で(当然そんなことはありません)、定時に帰らせている上に、(通院とはいえ)1ヶ月に1回欠勤し、夏日直の時はA氏が私のせいで2回休日出勤をした(当然A氏は振り替え休日は取得している)ということが非常に気にくわない。対応は、パートさん以下の扱い。そんな奴が何か主張する権利はなく、日直日も「特に何も予定はないので、好きに設定してください」と言わなければならないのに、思いっきり主張したからおもしろくない。休みを取って旅行へ行くなどとんでもない。

というところでしょうかね。

もうね、A氏の頭蓋骨、ぶち消したいわ。

ちなみに、旅行へ行くと言い出したのは両親です。弟は下宿先から戻らないことが確定していたため、鬱症状の安定していない私を一人置いて行くには、最悪の事態が予想されるため避けたかったということがあったそうです。まあ、両親も、旅行から帰ってきたら娘が他界してました、なんて洒落にならないですからね。

ちなみに、帰り際、10月に異動になった人の悪口をその後任者に言っていました。・・・・・なんて恐ろしい会社なんだ(泣)。

|
|

« サフランの芽 | トップページ | 腰が・・・・・ »

コメント

お元気でしたか?心配してましたよ・・・・。
A氏、そんなんじゃ○○○はいつまでたっても来ないよ、って言ってあげたいですね。

投稿: ちょくさん | 2006年11月17日 (金) 02時00分

こんにちはー
以前カキコさせてもらったイフリートサーバーのタルですー
そういう時は、父方か母方の両親の所に行くと言えば良かったんだと思います
「Kaeru元気にやってるかい?無理するんじゃないよ」って
電話してくるから、おじいちゃんおばあちゃんに顔を見せに
行こうと思ってるんです。
とか言っちゃえば良かったんだと思いますよ
正直に答えて、損したりするかもな時はウソでも通しちゃえば
良いんだと思います。
ウソも方便って言いますしねー。

私も現在仕事のせいで鬱かどうか分かりませんが
不眠症で、精神科にかかっています。
多少なりとも、仕事での苦痛は共感できますが、
頭蓋骨を割ってやりたいは言いすぎかもですね。

深く考えすぎずに、楽に(ウソとかで切り抜けたりと)
やっていくのが一番良いと思います。
嫌な事があったときは、その事に対して怒ったり不安がる
より、楽しい事を考えて乗り切っちゃいましょうw
(妄想でもなんでもいいです、
 例えば、影の私はすっごい大きな会社の社長なんです!
 てめーみたいなちっぽけな人間見てると可哀想に思えて
 仕方がないですよ)
みたいに、上から人を見るってのも手かもしれません(謎

色々大変だとは思いますが、がんばってください

投稿: 通りすがりのタル | 2006年11月18日 (土) 11時17分

ご無沙汰しておりました。
お二方ともコメントありがとうございます。
わたしもこの記事を書いている際は、かなりぶち切れモードでしたので、過激な言葉が飛び交っていますが、その辺はお許しを。
ちなみに、このA氏については、いかなる理由があったとしても、必ず一言二言三言・・・・・返ってきます、それこそ「予定はないので自由に入れてください」でない限り。
なんかあると、家で栽培している植物に向かってぶつくさ言ってたりするので、他人が見たら奇妙な光景が展開されています。最近は諦めモードもかなり入っておりますよ。

追伸
そう言えば通りすがりのタルさんには最近会ってないですねえ。ログイン時間が合ったらこえかけてくりょ(>_<)

投稿: かえる@管理人 | 2006年11月18日 (土) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/12709545

この記事へのトラックバック一覧です: ある日の会話:

« サフランの芽 | トップページ | 腰が・・・・・ »