« 流行? | トップページ | 鬱患者急増中? »

2006年8月19日 (土)

男性ほど医者に行かない?

つい最近の新聞で、とある記事が載っていました。精神科、および心療内科の受診の話です。

その記事によると、鬱病などの精神疾患の疑いを持ったときに、精神科および心療内科などの病院にかかる率は、男性がおよそ6%、女性は20%ちょっと。男性が精神科などにかからない理由として上がるのが、「ちょっと疲れているだけだ」「気合いで直す」などの理由が挙げられるそうです。

はっきり言ってもってのほかですね。

ある意味、おもしろい記事だとは思いますけど、現実問題、ほとんど男性社会な今、これでは困ります。何だかの精神疾患を抱える人は50%にも及ぶという統計もあります。「ちょっと疲れているだけだ」と思って受診しない人はともかくとして、「気合いで直す」などと思って受診しない人は特に。鬱病なんかの精神疾患は気合いでは治りませんよ、皆さん!そう言った考えが蔓延されては困ります。患者(もしくは元患者)さんの社会復帰を妨げたり、精神疾患に対する誤った知識を持ったり、正しく理解されないおそれがあると思うのですよ。

患者である同僚に「気合いで直せ」「心が弱いからだ」などと言っている人(思っている人)は特に、考えを改めてもらわなければいけません。まあ、一度、経験してみないと分からないのかも知れませんけど。

さて。心の健康のために(?)、これからフルートのレッスンに行ってこようっと♪

|
|

« 流行? | トップページ | 鬱患者急増中? »

コメント

6%…うわー少ないですねぇ。
でも確かに男性ってあまり見聞きしませんね。
根本的に女性の方が精神病の罹患率が高いからだと思っていました。

投稿: 焔夜 | 2006年8月19日 (土) 16時24分

焔夜さん、はじめまして。
確かに、女性の方が精神系疾患の罹患率は男性に比べてかなり高いのですが、この数字、記事によると罹患した人が母集団になっているので、驚きの低さですよね。
でも、逆にあまり男性のことを見聞きしないというのは、このような事情があったのかも知れませんね。

投稿: かえる@管理人 | 2006年8月19日 (土) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/11507778

この記事へのトラックバック一覧です: 男性ほど医者に行かない?:

« 流行? | トップページ | 鬱患者急増中? »