« カボチャの個体差 | トップページ | 鬱病の復職後 »

2006年5月25日 (木)

石の上にも三年というけれど

石の上にも三年。

日本語にはこんな諺がありますよね。まあ、大学を卒業して、さんざん苦戦したあげく、やっと決まった今の職場ですが、入社したときは、どんなに辛くても3年は頑張るぞと思ったものです。

結果、3年目が終わったある年、心が壊れると同時に体も壊れました。その間に現在の事務系の仕事への自分の適性というものへ、限りなく大きい疑いも持ちました。適性については今も疑っています。事務職の適性への疑いを持ちつつやってきたわけですが、心が壊れて病院へ通うようになり、今まで気になっていた分野の勉強がしたくなってしまいました。・・・・・ものが覚えられないって嘆くくせに(^_^;)

3年以上頑張ってきたけど、結局、職場でうまくいかない自分がいます。はぁ・・・・・。

|
|

« カボチャの個体差 | トップページ | 鬱病の復職後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/10236952

この記事へのトラックバック一覧です: 石の上にも三年というけれど:

« カボチャの個体差 | トップページ | 鬱病の復職後 »