« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月28日 (日)

カボチャ1番花

Pampkin4

さて。ちょーっとピンぼけしておりますが、我が家のカボチャ、花が咲きました。まだ蔓も伸びていない個体ですけどね。3株植えたんですが、最近は個体差がはっきりと出ていて、一番東端のものは蔓が伸び始めているのですが、他の2株は全然です。その全然蔓が伸びない株のうちの1株が、花を咲かせました。真ん中の1株はあんまり元気がありません。

それはそうと、見ていただければ分かりますが、この花、雄花です。鼻の大きさは、およそ8cm位でしょうか。朝9時くらいまでが一番綺麗に咲いていました。夕方になるに従って閉じていくんですね、カボチャの花って。

カボチャは初めて植えたんですが、山吹色の綺麗な花です。この株はまだ蔓があまり伸びていないため、棚に誘引することができませんが、すでに次の雄花が待っています。

株の成長が楽しみですが、天候不順でお日様がなかなか出てくれません。頑張れ!カボチャ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月27日 (土)

鬱病の復職後

休職するにも、様々な原因があると思います。内科的疾患、外科的疾患、精神的疾患などなど・・・・・。内科的疾患と外科的疾患については、復職できる=完治ととってもおかしくないと思います。ですが、精神疾患、つまり、鬱病などの場合は、勝手が違います。

そのあたり、まだまだ認知されていないようですね。

鬱病の場合、復職=完治ではなく、復職=一応、職場に戻っての治療で大丈夫です、というくらいのものです。寛解に至っていない場合も多々あります。かくいう私も、まだ寛解には至っていません。それどころか、睡眠導入剤をもらわないと寝付けないとか、パニック発作で休まなきゃいけないほどになるとか、多々あります。

しかし、一般的にはまだまだ「復職=完治」という感覚があり、「復職してきたからには完治したのだろう」というように見られます。これは、鬱病患者にとっては非常に辛いところで、上司ですらそれに近い感覚の場合は、かなり辛い状況におかれます。ただでさえ、副作用と主症状に悩まされる毎日なのに・・・・・。

最近は、職場で、やる気がなくなるようなことが連発しています。

他の鬱病を患う人たちも、同じような苦しみを感じているのでしょうか。生きづらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月25日 (木)

石の上にも三年というけれど

石の上にも三年。

日本語にはこんな諺がありますよね。まあ、大学を卒業して、さんざん苦戦したあげく、やっと決まった今の職場ですが、入社したときは、どんなに辛くても3年は頑張るぞと思ったものです。

結果、3年目が終わったある年、心が壊れると同時に体も壊れました。その間に現在の事務系の仕事への自分の適性というものへ、限りなく大きい疑いも持ちました。適性については今も疑っています。事務職の適性への疑いを持ちつつやってきたわけですが、心が壊れて病院へ通うようになり、今まで気になっていた分野の勉強がしたくなってしまいました。・・・・・ものが覚えられないって嘆くくせに(^_^;)

3年以上頑張ってきたけど、結局、職場でうまくいかない自分がいます。はぁ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月21日 (日)

カボチャの個体差

最近、どうも日照不足の影響なのか、植物たちが元気がありません。

そんな中、久しぶりのお日様が顔を覗かせた昨日今日、急激に草木が茂った気がします。

それは良いとして。うちのカボチャ達、何とか根付いてくれたらしいのですが、なかなか大きくなってくれないと心配していました。やっとこさ生長を始めたらしいのですが、やっぱり、植物にも個体差があるんですね。3株同時期に植えたのに、それぞれ成長具合が違ってきてるんです。最初、一番元気だった株が何となく成長が遅かったり、特に変哲のない株だった子が一番勢いよく伸びていたり。

だけど、まだ蔓が伸びてきません。今週あたり、カボチャ達のために棚を作ろうと思ったのですが、蔓が伸びてきていないため、誘引することもできないので来週に延ばしました。来週、棚を作る頃には蔓が伸びてると良いなと思うこの頃でした。

カボチャ、あまり棚に仕立てたりしないけど、カボチャの棚って見ていて少し変わって楽しいかも、とか今から期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月20日 (土)

くぅぅぅぅ(T_T)

ぐぬうううう。

また、今日はフルートのレッスンに行けませんでした。なんか、ここ1ヶ月、ずっとレッスンを休んでしまっています。土休の時しか行けてないし。なんか、かなりがっかりです。老けなくなってたらどうしよう?なんていう不安がのしかかってきます。

思い切って時間変えられないか聞いてみようかな、行けないのにお月謝払うのって無駄だし・・・・・。せっかく習っているのに行けないなんてつまらないし。

趣味は仕事の次だとA氏に言われたけど、私にとっては重要な精神状態を保つための手段と化している今、止めるのもちょっと考え物です。趣味の領域を出てしまっているし。

今度、時間を変えられるか聞いてみようっと・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年5月14日 (日)

続・とある抗うつ剤のお話

みなさま、今朝の新聞、ご覧になりましたか?

5月11日のエントリーで書いた抗うつ剤のお話が載っておりました。非常に嫌な話しです。開発元のクラクソ・スミスグラインもまあやらかしてくれたなあ、という感じがします。同系統のブロザックが日本の厚生労働省から認可が下りないというところもとても、何かありそうな気がします。が、いつもこの手の話で迷惑するのは患者です。緑十字並のスキャンダルが隠れているなんて事、もう無いですよね・・・・・。そんなことがないことを祈りますけど。

もう一回書けば、この手の話で一番迷惑するのは、患者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月13日 (土)

1番花

Rosa_2 

これ、我が家のロサ・カニーナの花です。やっと咲いてくれました(^_^)v

セージも満開です。なんか、ロサ・カニーナの花はあまり薔薇らしくないです。どっちかというと、桜かリンゴかという感じです。色は、どっちかというと桜かなあ・・・・・。でも、サイズは花経が4cm位あるので、かなり大きいです。バックの葉っぱが濃い緑色なので、とても花が栄えて見えます。農薬を使っていないので、虫に葉っぱを食べられ放題ですが、しっかりと葉っぱが残っており、放置しても大丈夫かな?という感じです。これから本格的に花の時期になるので、楽しみですねー。初夏1季咲きなのがちょっと残念。

そうそう、今日は長らく仕事で行けなかったフルートのレッスン。1ヶ月吹いていないから、音が出なくなってたらどうしよう?!出ると良いなあ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月12日 (金)

なぜ?

さて。久しぶりの更新でございます。皆様いかがお過ごしでしょうか?

なんかしらん、職場でいろいろとあった1日になりました。こちとら、まだ導入剤を飲んで寝ているというのに(汗)。

いつも無視こいてくるY氏は都合の良いときだけ(?)絡んできて、訳の分からない「ご注意」を頂き大混乱しました。こら、いつも挨拶しても返さないくせに!まあ、この方、私が挨拶して返してもらえない状態が数ヶ月続いておりますので、本当であれば非常に失礼なのですが、私の方からもご挨拶は差し上げておりません。訳の分からない、無いことだらけの言いがかりばっかり付けてきますし・・・・・。

おまけに、犬猿の仲であった人と仲良しこよしが続いていて、はっきり言って気味が悪いです。事件はてんこ盛りだし。気にしていたら、精神がいくつあっても足りない気がしますよ、トホホ(T_T)。

やっぱり、お給料を頂いて働くって言うのは、少なからずとも大変なことがつきまといますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月11日 (木)

とある抗うつ剤のお話

とある抗うつ剤、といっても、日本ではSSIRで唯一保険適用される薬について、厚生労働省命令で添付文書の改訂が行われましたね。

読んでびっくりしました。ハルシオンの二の舞になりそうな重大な副作用が追加されておりました。その他の副作用をみて、さらに驚き。病気を治す手助けに飲んでいるのか、病気になるために飲んでいるのかよく分からない副作用がてんこ盛りです。マッチポンプも良いところです。ずらっと並ぶ副作用をみながら、心当たりのあるものをあげていくと、ざっと3分の1くらいは当てはまってしまいました。生化学検査の必要のあるものは、当然分からないので除いていますけど。

おまけに、肝臓で代謝されるのに、代謝するために必要な物質の効果を低下させるってどーいうことですかっ。

18歳未満ってなってましたけど、18歳未満とそれ以上の年齢、極端な話、18歳と20歳ではそうそう変わりがないはずです。これ、わたしは成人にも当てはまると思うんですよね・・・・・。厚生労働省は、どういう経緯でこれを認証したかは分かりませんけど、なんか、裏にとても大きな事が隠れていそうな気がします。取り越し苦労で終わることを願いますが。

この添付文章、読みたい方は厚生労働省の医薬品安全情報のなかにあります。サイトでも見ることができるので、薬が「何」か分かったら見てみるのもおもしろいかも知れません。病院でもらうときは、添付文書なんか付いてきませんからね。ただし、読むときには気合いを入れましょう。長いです、添付文章。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月 4日 (木)

セージの花

Sageflower

我が家には、植え付けてから丁度2年目に入るコモンセージの株があります。6号鉢に植わっているので、あまり大きな株ではありませんが。このセージ、昨年は花を付けてくれなかったんですよ。上の写真がそれなんですが、少々ピンぼけしております。

それが今年になって、花芽を付けてくれたんですね。春だというのに、妙に草丈が伸びないと思っていたら、なんと花芽が付いていました。ここのところの暖かさで、急激に花芽が伸び、昨日あたりからうっすらと藤色に色づいていました。その花芽が、今日、1輪、2輪と開花しました。まだ花穂にめいいっぱい咲いているという状態ではないですけど、結構綺麗です。薬用種のサルビアなんで、花は大きくないですけどね。

それにしても、今年はタイムに花芽が付かないなあ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年5月 3日 (水)

農的生活?

さて。3連休初日がやって参りました。以前からの計画どおり、園芸品店に遊びに行ってきましたよ(^_^)。

お店はすんごい混み混みでした。レジも長蛇の列。ストックヤードから品出ししたそばからどんどん無くなっていくという感じでしたねっ。そんな中、密かに探していた杏は手に入りませんでしたけど、山椒の盆栽なんてものを見つけたりで楽しかったです。人がいっぱいで大変でしたけど。

そして連れて帰ってきたのは、私がナスタチューム3株、一緒に行った母がスイートバジル3株、マリーゴールド3株、ブッシュバジル1株でしたー。スイートバジルは、しばらくしたら、各鉢に1本だけ残すように間引きをする予定。気温が意外と高かったので、帰宅してすぐに近くの日曜大工店に行って土を買い込み、植え付けまでしたら4時半を回ってました。おかげで疲れましたけど。元気に育ってくれると良いなと思います。

ところで、今回買ったナスタチューム、初めてだったんですが、意外と寄せ植えにすると綺麗ですな。お店で、カートいっぱいに買い込んでいる人を見ましたが、何となく納得。

そして初めてつながりのロサ・カニーナ。昨日、花芽が付いているのを確認しました。つい先日までは花芽の気配がなかったのに。意外と突然出てくるんですねえ(目にとまってなかっただけかも知れませんけど)。ちょっと、花が咲かないんではないかと心配だったので、一安心です。カボチャも元気ですよ~(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »