« お目覚め? | トップページ | 完全に客観的な歴史は存在するか? »

2006年2月28日 (火)

医学書3冊読んだ同僚の言葉

復職後、3月6日でまる5ヶ月が経とうとしております。とりあえず、職場の存続のかかった期間を(内容はともかくとして)乗り切ったこの頃ですが、落ち着いてきてみれば見えてくるのが、同じ職場で働く同僚のことでしょうか。

そのことを書く前に、私自身もかなりミスを連発したり、鳥頭全開だったりと、あまり他人のことを言えない状態で述べていることを、一言前置きしておきます。まあ、同僚と言っても、仕事でペアを組んでいる人ですけど・・・・・。

一緒に仕事をしていると、仕事でミスをしでかしながらも、その人について見えてくることもあります。おそらく、私も観察されているはずですね。仕事に関しては、できる方だと思います。が。

「何かいろいろ抱えすぎ?」

「結構自分が掟?」

「自分に対して強く出る人には弱い?」

「医学書を3冊読んだという割には乏しい医学系知識」

と言うように、マイナスな面も見えてくるわけでして。貼り付けておいたポストイットが同じだと言うだけで「戻したときには貼ってなかった」と言っててくる方です。

たしかに、仕事をしてる上で、「ごもっとも」と思えることを言うこともたくさんあります。でも、なんか、ぜーんぶふっかけられている気がするんですよね・・・・・。

まあ、とどめとしては、鬱病患者に対して「気合いで治せ」と平気で言ってくるのには驚きましたけど(>_<)。

その言葉を発するあなたは、『医学書3冊読んだ!』と言う言葉、よもや忘れてはおりませんわね?

|
|

« お目覚め? | トップページ | 完全に客観的な歴史は存在するか? »

コメント

とりあえず「気合で治せるなら医者はいらない」と言っておきましょう。私はインフルエンザで倒れたときに、医者の存在意義をしみじみ感じました。まったく何言ってんだか、って感じです。他人への配慮がなさすぎです!!!

投稿: ちょくさん | 2006年3月 3日 (金) 00時37分

毎度コメントありがとうございます。遅ればせながら、レスを・・・・・。ただ、目下鬱絶好調進撃中のため、支離滅裂とした言葉が並ぶかも知れません。
うちの職場、課員にその理解がないと言えば当然かも知れません。何せ、本来いるはずの産業医も有名無実と化していますし、メンタルヘルス講習会なんぞも、やっと重たいケツをあげたように開催される始末.....。
職場の中に頼れる人間がいないというのも悲しい事実。結局、体をこわしても仕事しろ!というのがうちの体質かも知れません。

投稿: かえる@管理人 | 2006年3月 6日 (月) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/8896369

この記事へのトラックバック一覧です: 医学書3冊読んだ同僚の言葉:

« お目覚め? | トップページ | 完全に客観的な歴史は存在するか? »