« ご機嫌損ねちゃった? | トップページ | 個人情報保護法。 »

2005年12月17日 (土)

おみやげは決明子

土日が連休で、弟が帰省中です。そしてなぜかお土産が葛根湯に決明子。いやぁ、完全に薬学に染まってますな・・・・・。

わたしは現在医師から処方されている薬との関係で葛根湯も飲めません。おまけに市販の風邪薬を飲んだことのない人間なので、葛根湯という物がどんな味がするのかよく分からなかったのです。それを、生薬の授業で調合したと言って、弟が葛根湯を持って帰ってきました。ずいぶん長い間、葛根湯は葛湯だと思いこんでいたというのは秘密ですが、葛根湯というのは処方名のことだそうです。いやあ、薬剤師(の卵)がいると便利で良いですな(ぉぃ

母親が弟の指示の下、煎じていたのですが、葛根湯って良い香りがしますね。弟曰く、桂皮の香りだそうです。わたしはなんだかシナモンのきいたアップルケーキのような香りだと思いましたよ。桂皮って平たく言うとシナモンですからね。薬にお味のコメントを乗せるのも何ですが、口当たりは桂皮の甘さでまろやか、喉ごしは苦いんだそうです。飲んだ母親の眉根に皺が寄ってました。感想は「やっぱり薬」だそうです。

そして私がもらった決明子。これは「けつめいし」と読みます。どっかのアーティストじゃないですよ?下剤作用がある生薬だそうです。お通じには困っていないので、活躍の場が無さそうですが、これも煎じて飲むそうです。

もらったときに、これが種だと聞いてつい「蒔いたら芽が出るかな」なんて言ってしまったおボケな姉です。ちなみに、決明子とは生薬名で、植物名ではありません。植物としての名前はエビスグサ。マメ科の1年草で、草丈がおよそ1m程になります。春に種を蒔き、秋に収穫をするそうです。日本では、江戸時代、現在の沖縄県で栽培が始まったのが最初だとか。

だけどこれ、見た目は種じゃなくて、チョコチップみたいに見えるんだよなー(^_^;)。来春、暖かくなったら蒔いてみようかな。

|
|

« ご機嫌損ねちゃった? | トップページ | 個人情報保護法。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/7660557

この記事へのトラックバック一覧です: おみやげは決明子:

« ご機嫌損ねちゃった? | トップページ | 個人情報保護法。 »