« 買っちゃった♪ | トップページ | 11月になりましたねぇ »

2005年10月30日 (日)

シクラメンのその後

以前、シクラメンがむしり取られてしまったというエントリーを書きました(10月23日分「犯人はだれだ?」参照)。今回はその被害者(?)シクラメンの後日談であります。

むしり取られてしまったのはショックですが、こうなってしまったことを悔いてもしょうがりません。とりあえず、中途半端に残った花茎と葉柄をぎりぎりでつみ取り、様子を見ていました。茎の途中に生長点のないシクラメンの場合、先を切り取られた茎は、放っておけば枯れて行き、最悪の場合腐って株全体を痛めてしまいますからね。なんか、切り取られてしまった1株だけ、花がない分寂しく見えます。

そして、あれからほぼ1週間が経ちました。

ほぼすべての花をちぎられ、葉もかなりの枚数を切られてしまっていた株は、その生長点から新しい花芽と葉が顔を覗かせています。3株寄せ植えにしてあるうちの1株だけが被害を受けたため、1株だけ何となく寂しい感じがしていますが、植物の持つ生命力は大したものです。他の株と同じように咲きそろうには、まだまだ時間がかかるでしょう。ですが、回復の兆しが見え始めていることは、とても嬉しいことです。

私自身も、職場復帰してまだ1ヶ月が経過していません。ともすれば再燃の危険性をはらんでおります。あまり飛ばしすぎないように注意はしていますが、仕事を回して頂いているため、そうも言っていられないことがあります。ですが、このシクラメンのたくましさを見ると、命の強さを感じます。

シクラメンの花をむしり取っていった人を許すことはできませんが、むしり取られてもなお、回復して生きていこうとするシクラメンを見ると、癒されますね。

|
|

« 買っちゃった♪ | トップページ | 11月になりましたねぇ »

コメント

かえるさん、おはようございます!

シクラメン、新芽が出てきたとの事、良かったですね(^^)。
植物は強いですね、我が家のベランダにある花も
見た目枯れてたんで、捨てようか、どうしようか・・・としばらく置いておいたら、新芽出てきてました(拍手)。
私も、植物の強さ、分けて欲しいなぁと思います。

では、また!

投稿: かおちゃん | 2005年11月 1日 (火) 09時11分

さすがに、まだ新しい芽が成長しきっていないので、植木鉢全体のバランスが悪いですけど、徐々に復活しつつあります。
それと入れ替わりに、耐寒性多年草のハーブたち(常緑を除く)は、そろそろ枯れ始めています。でも、また来年の春には新しい芽が出てくるんですよね。
植物の生命力、そして自然の営みというのはすごいものです。人間も自然の一部なわけですが、私もシクラメンの力強さを分けてほしいですね。

投稿: かえる@管理人 | 2005年11月 2日 (水) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120100/6750246

この記事へのトラックバック一覧です: シクラメンのその後:

« 買っちゃった♪ | トップページ | 11月になりましたねぇ »